レビューを書く
家族
平均 72 点
最高 72 点
田舎のママカースト話
女性たちのドロドロした心理描写は面白く
ストーリーテリングの妙が終盤で炸裂
人間のブラックな感情が微細に表現された作品
湊さんの作品はやはり癖になります
湊作品らしく、想像力をかきたてられるストーリー。人間の本質に迫っているあたりも面白かった。・・・
amazon評価
最低
幻想的な雰囲気にひたりたい方には強くおススメです
ちょっと耽美で、ちょっとエロ
退廃的な遊郭内の話なのに、読み終わってすがすがしい
主人公の遊女が見る幻想的な世界観を楽しむ
これほどスケールの大きな話を書ける女性作家は珍しいのでは
かつて一大遊郭が栄えた、閉ざされた島。独自の文化が息づく島で、美貌の姉弟・白亜とスケキヨは互いのみを拠りどころに生きてきた。しかし、年頃になったふたりは離れ離れに売られてしまう。月日が流れ、島随一の遊
amazon評価
最高
これを読まずしてアーヴィングは語れない不滅の代表作
読後1週間は余韻にひたりました
夢中でむさぼり読める
複数の小説を一度に読んだみたいな中身の濃い作品
小説を読む楽しさをひさびさに思い出させてくれた
amazon評価
普通
最後は涙が止まらない
終盤は号泣しながら読んだ
少年の成長物語
主人公の前進していこうという勇気には感動する
人の「痛み」や「弱さ」が丁寧に描かれている
タイムカプセルに託した未来と、水没した村が封印した過去。時計の針を動かす、彼女の「嘘」。平凡な毎日を憂う逸夫は文化祭をきっかけに同級生の敦子と言葉を交わすようになる。タイムカプセルの手紙を取り替えたい
amazon評価
良い
自伝的小説
amazon評価
普通
涙がどんどん出て止まりませんでした
親になろうとしている人や学生に読んでほしい
これでもかというくらいの不幸が襲うストーリーは涙があふれてくる
家族や絆を深く考えさせられる
もう一度読み返したい作品
親子3人で平和に暮らす栗原家に突然かかってきた、いたずら電話。電話口の女の声は、「子どもを返してほしい」と告げた――。

子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者