レビューを書く
社会
amazon評価
普通
桐野さんが描くダークな世界観は癖になります
ほんとにこわい物語だった
こんな恐ろしい日本にはなってほしくない
これが現在私たちが生きているこの国のありようなのだと思った
桐野夏生の真骨頂の一冊
震災のため、原発四基がすべて爆発した! 警戒区域で発見された一人の少女「バラカ」。彼女がその後の世界を変えていく存在だったとは――。ありえたかもしれない日本で――世界で蠢く男と女、その愛と憎悪。想像を
amazon評価
良い
世界を代表する文学作品の金字塔
永遠に残したい素晴らしい作品
つらいときこの本は支えになってくれた
青年期の詰め込み教育を真っ向から反対している本
自殺者に死ぬ前に読ませたい
『少年の日の思い出』『車輪の下』など青春を描いた作家として知られる文豪ヘッセが、生死病苦をテーマにエッセイ、詩を綴る最晩年の作品集。老いにたどりついた者だけが知ることのできる、秘かな悦びと人生の煌めき