レビューを書く
青春
amazon評価
最高
アニメーション映画の小説版であり、新海誠監督本人が執筆
1ページでも物語に入ったら、もうページを捲る手がとまらない
秒速5センチメートルを彷彿とさせるラスト
青春の恋なんですけど、SFも加わって、不思議な青春の恋
新海誠の最高傑作
山深い町の女子高生・三葉が夢で見た、東京の男子高校生・瀧。2人の隔たりとつながりから生まれる「距離」のドラマを描く新海誠的ボーイミーツガール。2016年8月26日公開映画の、新海監督みずから執筆した原
amazon評価
良い
高校生の女の子たち4人の主人公、4つの短編で織りなした小説
十代ならではの自意識、劣等感、嫉妬、そして反省
純文学的な余韻を凄く感じる作品で買って損はない
物語のラスト、すべての登場人物をギュウと抱きしめたくなった
ずっと2人の日常をこのまま読み続けてたいと単純に思いました
オール讀物新人賞を受賞し、繊細な描写が各紙誌で絶賛された、注目の著者のデビュー作。「揺れ動く思春期の心理を見事に描いた秀作、というより力作だ」(篠田節子選考委員)と賞された受賞作「フォーゲットミー、ノ
amazon評価
良い
中高生の純粋な想い、友情や恋愛、夢といったものが描かれている
思わずニヤリとし、「わかるよ…」と、ホロリと涙
自分が中学生の頃に読んでいたら違った生活を送れたのかな
こんな本が読める今の中高生は幸せだ
辻村さんほど痛々しくも愛おしい10代を描ける人はいない
塚原(つかはら)マチは本好きで気弱な中学一年生。ある日、図書館で本をめくっていると一枚の便せんが落ちた。そこには『サクラチル』という文字が。一体誰がこれを? やがて始まった顔の見えない相手との便せん越
amazon評価
良い
京都を舞台に、大学生の怠惰でエキセントリックな日常
ここまでサスペンス性ゼロ、危機感まるで無し、超脱力系の小説は無い
いや〜すごいな。よく考えてあるし、計算されている
読み終えたときの爽快感はすごい
笑いたい人に絶対オススメ!!
私は冴えない大学3回生。バラ色のキャンパスライフを想像していたのに、現実はほど遠い。悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には無理な要求をされ、孤高の乙女・明石さんとは、なかなかお近づきになれ
amazon評価
普通
学園青春ミステリとはひと括りにできない、ブラックホールのような作品
ホラーじゃない、ホラーじゃなくて良かった・・・そう思える
まるで高校の教室にいるかのような感覚が私の頭の中に戻ってきました
小学生高学年、中学生、高校生は読んでください。思い出の一冊になる
謎とともに、話の筋と文章でゾーと来る恐怖
津村沙世子――とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今
amazon評価
良い
7人の少女のそれぞれの別れと旅立ちの物語
昔の思い出が蘇って「わかる、わかる」って感じ
18歳の少女の心の揺れや決意をよくまあこれだけ上手に描けるもんだ
描かれるのは高校生活の中で少女たちが出会った謎や秘密
青春、恋、進路、友情、さまざまな角度から悩める女子高校生の姿を描いた作品
今日、わたしは「さよなら」をする。図書館の優しい先生と、退学してしまった幼馴染と、生徒会の先輩と、部内公認の彼氏と、自分だけが知っていた歌声と、たった一人の友達と、そして、胸に詰まったままの、この想い
amazon評価
良い
あの甘く切ない青春時代を追体験させてくれます
読んだ後、10年若返った気がしました
30歳以上の方にお勧め
青春時代を懐かしみながら楽しんで読むことができる
宮本作品中「錦繍」と並ぶベスト作品
亡き父の借財を抱えた大学生、井領哲之。大阪にあるホテルでのアルバイトに勤(いそ)しむ彼の部屋には、釘で柱に打ちつけられても生きている蜥蜴(とかげ)の「キン」がいる──。可憐な恋人とともに、人生を真摯に
amazon評価
最低
彼の長編作のベスト・スリーに入る傑作と思う
非常に優れた推理小説で有り、サスペンスである、さらに青春ドラマ
ここまで伏線がきれいに回収された作品を見たことがありません
こんなに緊張して読んだミステリーは久しぶり
最後まで、完璧に面白い
15年前、自殺とされた女性教師の墜落死は実は殺人――。警視庁に入った一本のタレ込みで事件が息を吹き返す。当時、期末テスト奪取を計画した高校生3人が校舎内に忍び込んでいた。捜査陣が二つの事件の結び付きを
amazon評価
普通
辻村深月の作品でも3本指に入るくらい好き
「あ、言いたかった、こんな気持ち」といろんな箇所で共感
次々と映像が描ける。映画の中にいるような感覚でした
青春したくなります
モヤモヤ、ドロドロした時にお勧め
大学二年の春。清水あやめには自信があった。世界を見るには感性という武器がいる。自分にはそれがある。最初の課題で描いた燃えるような桜並木も自分以上に表現できる学生はいないと思っていた。彼の作品を見るまで
amazon評価
最低
面白くてやがて哀しき傑作青春恋愛ミステリー
14歳だけに許される衝撃の冒険小説
間違いなく傑作
東野圭吾の「秘密」のような風味
清清しくも心揺れるストーリー
中2の夏の終わり、転校生の「僕」は不思議な少女と出会った。誰よりも美しい彼女は、なぜか「キヨコ」と呼ばれてクラス中から無視されている。「僕」はキヨコの存在が気になり、あとを尾行するが……。少年時代のひ
amazon評価
普通
この本の立ち位置は「子どもでもわかるドラッカー」だ
この本結構泣けます
高校生でも読めるドラッカー本として最高傑作の1冊
これを読んで同僚とお酒を飲んだら会社批判が止まらない
この本の特徴は抜群なわかりやすさ
累計270万部の大ベストセラー! 敏腕マネージャーと野球部の仲間が甲子園を目指して奮闘する青春小説。高校野球の女子マネージャーのみなみちゃんは、マネージャーの仕事のためにドラッカーの『マネジメント』を
amazon評価
最高
中原みすずは実行犯だったと思いました
一人の少女の淡く忘れえぬ初恋の物語
これほど切ない物語は知りません
ラストの喪失感が半端じゃない
走り続けてふと我にかえったとき読みたい一冊
愛に見放されていた高校時代、みすずが安らげるのは、新宿の薄暗いジャズ喫茶だけだった。そこには仲間たちがいる。亮、テツ、タケシ、ヤス、ユカ。そして彼らと少し距離をおく、岸という東大生。ある日、みすずは岸
amazon評価
普通
この本を読む事は思春期の通過儀礼だと思う
弱者的な立場の10代が精神安定を得ることのできる貴重な本
一度読んでしまうと心の奥深くに残って一生消えない
十代のうちに一回は読んでみてほしい
凄まじい作品
さあ、ホールデンの声に耳を澄ませてください。 村上春樹の新しい訳でお届けする 新世代の『ライ麦畑でつかまえて』 J.D.サリンジャーの不朽の青春文学『ライ麦畑でつかまえて』が、村上春樹の新しい訳を得て
amazon評価
最低
青春小説のセオリーをぶっこわした青春小説
書き出しの一行で引き込まれた
十代特有の脱力感を見事に描いている
友人の手紙を受け取るように読める
学生時代ひねくれ少女だった方にお勧め
第130回芥川賞受賞作品。高校に入ったばかりの“にな川”と“ハツ”はクラスの余り者同士。やがてハツは、あるアイドルに夢中の蜷川の存在が気になってゆく……いびつな友情? それとも臆病な恋!? 不器用さゆ
平均 63 点
最高 63 点
歴史小説であり家族小説でありミステリーでもある青春小説
ハードボイルド青春小説の金字塔となる
流を読んだあとに他の小説を読むと物足りなく思う
1970代後半の台湾を舞台にした青春小説
日本語で書かれた台湾ものとしては、間違いなく突出した小説
同じ時代でも日本と台湾、生まれた場所が違うだけで考えることが全然違う。正直平和な日本生まれの僕らにはわかりずらい部分も。・・・