レビューを書く
学校
amazon評価
最高
アニメーション映画の小説版であり、新海誠監督本人が執筆
1ページでも物語に入ったら、もうページを捲る手がとまらない
秒速5センチメートルを彷彿とさせるラスト
青春の恋なんですけど、SFも加わって、不思議な青春の恋
新海誠の最高傑作
山深い町の女子高生・三葉が夢で見た、東京の男子高校生・瀧。2人の隔たりとつながりから生まれる「距離」のドラマを描く新海誠的ボーイミーツガール。2016年8月26日公開映画の、新海監督みずから執筆した原
amazon評価
良い
高校生の女の子たち4人の主人公、4つの短編で織りなした小説
十代ならではの自意識、劣等感、嫉妬、そして反省
純文学的な余韻を凄く感じる作品で買って損はない
物語のラスト、すべての登場人物をギュウと抱きしめたくなった
ずっと2人の日常をこのまま読み続けてたいと単純に思いました
オール讀物新人賞を受賞し、繊細な描写が各紙誌で絶賛された、注目の著者のデビュー作。「揺れ動く思春期の心理を見事に描いた秀作、というより力作だ」(篠田節子選考委員)と賞された受賞作「フォーゲットミー、ノ
amazon評価
普通
「時をかける少女」の作者が書いたライトノベル
ラノベ界広しといえど、こんな怪作にはなかなか出会えない
こんなイカれた小説は彼にしか書けないだろう
悪ふざけ甚だしい。誠に素晴らしい
現代の若者へ、筒井体験を贈る
ウニの生殖の研究をする超絶美少女・ビアンカ北町。彼女の放課後(オーバースタディ)は、ちょっと危険な生物学の実験研究にのめりこむ、生物研究部員。そんな彼女の前に突然、「未来人」が現れて--!
amazon評価
良い
中高生の純粋な想い、友情や恋愛、夢といったものが描かれている
思わずニヤリとし、「わかるよ…」と、ホロリと涙
自分が中学生の頃に読んでいたら違った生活を送れたのかな
こんな本が読める今の中高生は幸せだ
辻村さんほど痛々しくも愛おしい10代を描ける人はいない
塚原(つかはら)マチは本好きで気弱な中学一年生。ある日、図書館で本をめくっていると一枚の便せんが落ちた。そこには『サクラチル』という文字が。一体誰がこれを? やがて始まった顔の見えない相手との便せん越
amazon評価
良い
京都を舞台に、大学生の怠惰でエキセントリックな日常
ここまでサスペンス性ゼロ、危機感まるで無し、超脱力系の小説は無い
いや〜すごいな。よく考えてあるし、計算されている
読み終えたときの爽快感はすごい
笑いたい人に絶対オススメ!!
私は冴えない大学3回生。バラ色のキャンパスライフを想像していたのに、現実はほど遠い。悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には無理な要求をされ、孤高の乙女・明石さんとは、なかなかお近づきになれ
amazon評価
普通
学園青春ミステリとはひと括りにできない、ブラックホールのような作品
ホラーじゃない、ホラーじゃなくて良かった・・・そう思える
まるで高校の教室にいるかのような感覚が私の頭の中に戻ってきました
小学生高学年、中学生、高校生は読んでください。思い出の一冊になる
謎とともに、話の筋と文章でゾーと来る恐怖
津村沙世子――とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今
amazon評価
良い
7人の少女のそれぞれの別れと旅立ちの物語
昔の思い出が蘇って「わかる、わかる」って感じ
18歳の少女の心の揺れや決意をよくまあこれだけ上手に描けるもんだ
描かれるのは高校生活の中で少女たちが出会った謎や秘密
青春、恋、進路、友情、さまざまな角度から悩める女子高校生の姿を描いた作品
今日、わたしは「さよなら」をする。図書館の優しい先生と、退学してしまった幼馴染と、生徒会の先輩と、部内公認の彼氏と、自分だけが知っていた歌声と、たった一人の友達と、そして、胸に詰まったままの、この想い
amazon評価
最低
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のような美しく幻想的な物語
不思議の国のアリスとは別世界の不思議の国
覗いた夜の学校では見知らぬこども達が授業を受けていて
御伽話みたいにぎゅっと中味が詰まっている嬉しさはたまりません
全部読みきってしまうのが勿体無くて次の日にとっておいた
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。<
amazon評価
普通
この本を読む事は思春期の通過儀礼だと思う
弱者的な立場の10代が精神安定を得ることのできる貴重な本
一度読んでしまうと心の奥深くに残って一生消えない
十代のうちに一回は読んでみてほしい
凄まじい作品
さあ、ホールデンの声に耳を澄ませてください。 村上春樹の新しい訳でお届けする 新世代の『ライ麦畑でつかまえて』 J.D.サリンジャーの不朽の青春文学『ライ麦畑でつかまえて』が、村上春樹の新しい訳を得て