レビューを書く
コメディー・ユーモア
amazon評価
最低
そうそうたる文学作品をここまで面白く料理するなんて
名作たちをカバー・リミックスした爆笑のリメイク
走れメロスなんかめちゃくちゃな話で面白くなってます
文学嫌いの人にこそ読んで欲しい!
これが教科書に載っていたら寝なかったのに
あの名作が京都の街によみがえる!?「真の友情」を示すため、古都を全力で「逃走」する21世紀の大学生メロス(「走れメロス」)。恋人の助言で書いた小説で一躍人気作家となった男の悲哀(「桜の森の満開の下」)
amazon評価
良い
よく出たなあこの本。いやあドイツすげーわ
"我が総統"が恋しくなるのはきっと私だけではあるまい
ヒトラーが魅力的に見えてしまう危険な風刺小説
アドルフ・ヒトラーによる三冊目の「我が闘争」
こんなに面白い小説は久しぶり
2011年8月にヒトラーが突然ベルリンで目覚める。彼は自殺したことを覚えていない。まわりの人間は彼のことをヒトラーそっくりの芸人だと思い込み、彼の発言すべてを強烈なブラックジョークだと解釈する。勘違い
平均 94 点
最高 94 点
現代人の心の狂いを指摘してくれる
自分の心が重病になる前に気づけるかも
とにかく、面白い
読後、なんだか心が軽くなる
この癒しを多くの方に体験してほしい
ドクター伊良部シリーズとにかく最高!・・・
amazon評価
最低
三島由紀夫を初めて読む方にお勧め
三島的ハードボイルドワンダーランド
少しだけ三島の自殺の意味が汲み取れると思う
三島由紀夫のイメージが変わった
気楽に三島の世界を楽しめるお得な一冊
目覚めたのは病院だった、まだ生きていた。必要とも思えない命、これを売ろうと新聞広告に出したところ...。危険な目にあううちに、ふいに恐怖の念におそわれた。死にたくない―。三島の考える命とは。