レビューを書く
インタビュー
amazon評価
最高
宇多田ヒカルが唯一の読者として想定された稀有なノンフィクション
当時発表を見合わせた作品が30年の時を経て追悼の意を込めて発表された
藤圭子が28歳のときのインタビュー
藤圭子について、今まで持っていたイメージが一変した
最初から最後まで、すべてが会話のみ
流星のように消え去った藤圭子の「真実」を描く奇跡のノンフィクション。