レビューを書く
エッセイ
amazon評価
最高
まったく興味がなかったはずのバスに、なぜか無性に乗りたくなる
バスに乗って楽しむエッセイ
バスに乗りたくなりますよ
不思議で心地のよいエッセイ
何と大らかなこの乗り物 都バス、関東バス、京王バス、東急バス、西武バス、小田急バス、国際興業バス、めぐりん、あかいくつ、はとバスのピアニシモⅡ、千葉交通の高速バス、西鉄バスなどなど・・・。
平均 44 点
最高 44 点
必要以上に追いかけることへの警鐘
いつも自分の生き方を振り返るチャンスをもらっています
作者独自の人生哲学が一貫して感じられる内容
別れ、悲しみ、それぞれのテーマに対してブレない人生観
この第5巻で号泣しました
小説ほど面白くない。正直どうでもいい本。。。・・・
amazon評価
普通
ほんわかとして、きゅっとして、涙もこぼれ
里親に興味のある方はご一読をお勧め
不妊治療や里親制度について分かりやすく読めた
気付いたら涙が溢れていました
子供が欲しくなる、育てたくなる、良い本
そうか!その手があったか! 子どもがほしい・・・。 6年間で600万円、不妊治療のどん底で見つけた希望の光。 里親研修を受け、待望の赤ちゃんを預かった著者(40代・男)が瑞々しくも正直に綴る
amazon評価
最低
一気に彼女の大ファンになりました
この人のセンスってすごい
壇蜜さんのことがますます好きになってしまった
この壇蜜日記を読んで、一変!
今すぐ購入しなければと決意させるくらい面白い
オリジナル文庫!! 賞味期限切れのソースで運試し。新聞を読んでいると、つい求人欄に目がいってしまう。ショックなことがあると、食事もせずにひたすら眠り、たまたま入ったコンビニで肌着類の品揃えが充実してい
amazon評価
最低