レビューを書く
人生
平均 80 点
最高 88 点
芥川賞史上最高レベルに面白い
なぜ芥川賞なのに面白い
あまりにストレートすぎて人間の真(芯)に迫りすぎていて薦めにくい
この本は普通の人には理解できないかもしれません
こういう大人社会で他人と比較されて苦悩する話が好きです
・・・
amazon評価
良い
阪神淡路大震災にまつわる短編集
「蜂蜜パイ」に関しては、筆者にとっても最高傑作のひとつ
村上春樹の最高傑作ではないかと思っています
村上春樹世界観が全て詰まっている
村上春樹先生の本をむさぼるように読み始めるきっかけとなった
1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめ
平均 75 点
最高 75 点
昭和の時代の女性の生き方を描く
角田光代さんの反戦記
本書は彼女の最高傑作ではあるまいか
女性に読んでいただきたい
家族における自分の存在感、生き方をじっくりと再考したい方にお薦め
じっくりと読んでほしい本
ひとりの女性の人生を通して、自分の人生、幸福、不幸とは一体何なのかを語りかけている。「笹の舟で海をわたる」まさにこの言葉・・・
amazon評価
普通
読んでみて驚き。まるで田中角栄氏本人が語っているような文章
石原慎太郎による小説という形式を借りた田中角栄論
面白いことこの上ない。グイグイ読んだ。圧巻は毛沢東との会談シーン
角栄氏の一生を知る上で、お勧めの一冊
田中さんの事が大嫌いだったはずの石原さんがかいた
高等小学校卒という学歴ながら『日本列島改造論』を引っ提げて総理大臣に就任。比類なき決断力と実行力で大計の日中国交正常化を実現し、関越自動車道や上越新幹線を整備、生涯に30以上の議員立法を成立させるなど
平均 44 点
最高 44 点
必要以上に追いかけることへの警鐘
いつも自分の生き方を振り返るチャンスをもらっています
作者独自の人生哲学が一貫して感じられる内容
別れ、悲しみ、それぞれのテーマに対してブレない人生観
この第5巻で号泣しました
小説ほど面白くない。正直どうでもいい本。。。・・・
amazon評価
良い
あの甘く切ない青春時代を追体験させてくれます
読んだ後、10年若返った気がしました
30歳以上の方にお勧め
青春時代を懐かしみながら楽しんで読むことができる
宮本作品中「錦繍」と並ぶベスト作品
亡き父の借財を抱えた大学生、井領哲之。大阪にあるホテルでのアルバイトに勤(いそ)しむ彼の部屋には、釘で柱に打ちつけられても生きている蜥蜴(とかげ)の「キン」がいる──。可憐な恋人とともに、人生を真摯に
amazon評価
普通
辻村深月の作品でも3本指に入るくらい好き
「あ、言いたかった、こんな気持ち」といろんな箇所で共感
次々と映像が描ける。映画の中にいるような感覚でした
青春したくなります
モヤモヤ、ドロドロした時にお勧め
大学二年の春。清水あやめには自信があった。世界を見るには感性という武器がいる。自分にはそれがある。最初の課題で描いた燃えるような桜並木も自分以上に表現できる学生はいないと思っていた。彼の作品を見るまで
amazon評価
最低
間違いなくアメリカ文学史に残る名作であろう
The Great Gatsbyに匹敵する名作
平凡な人生でも頑張ろう・精一杯生きようと思わせる
小説ってこんなにおそろしく美しく力強いものなのかと圧倒
物語の魅力にまず驚き、巻末の文章でさらに心揺さぶられる
これはただ、ひとりの男が大学に進んで教師になる物語にすぎない。 しかし、これほど魅力にあふれた作品は誰も読んだことがないだろう。 ──トム・ハンクス 半世紀前に刊行された小説が、いま、世界中
amazon評価
最低
女性を観る眼と語る筆がやさしい
史実を研究して作品にする作者の情熱に感銘
タイムスリップしたかのようでそのまま余韻に浸りたい
読み物としても当時の資料としても素晴らしい
読み応えあって泣きました
井上ひさしが十年をかけて紡いだ、感動の遺作! 江戸時代、女たちが不幸な結婚から逃れるための「駆け込み寺」であった鎌倉の東慶寺。その門前に建つ御用宿の居候で、戯作者志望の青年の目を通し、救いを求めて寺に
平均 77 点
最高 77 点
いうなれば世界一穏やかな自殺
少年の頃の夏を想うと不思議な幸福感に包まれる
人生に迷ったことのある人に読んでもらいたい
心があたたまる感動話
一番好きな本
自分の寿命を売るという、現実にはなかなか考えられないストーリーだが、読んでいくうちにどんどん物語に引き込まれた。・・・
amazon評価
最高
これを読まずしてアーヴィングは語れない不滅の代表作
読後1週間は余韻にひたりました
夢中でむさぼり読める
複数の小説を一度に読んだみたいな中身の濃い作品
小説を読む楽しさをひさびさに思い出させてくれた
amazon評価
最高
NEWSの加藤シゲアキ君が描くバラエティに富んだ短編集
本当にアイドルが書いたの!?
アイドルが書いたものとは到底思えない完成度
え?これ本当に加藤くんが書いたの?!
本を読むのが苦手な人でも読みやすい
「何でこんなに、面白いんだ。言葉が持っている本物の孤独の力が心に染み渡る。」 園子温氏絶賛! 生きづらさを抱えた人々の痛みと希望を描く、NEWS・加藤シゲアキ初の短編集。
amazon評価
良い
読み終わりたくなかった
出だしの文章が秀逸で一気読み
伊坂さんと言えばラストのどんでん返し
終わったあとに読み返したくなる
映画のラストシーンの様なエンディングにニヤリ
当たり屋、強請りはお手のもの。あくどい仕事で生計を立てる岡田と溝口。ある日、岡田が先輩の溝口に足を洗いたいと打ち明けたところ、条件として“適当な携帯電話の相手と友達になること”を提示される。デタラメな
amazon評価
普通
この本を読む事は思春期の通過儀礼だと思う
弱者的な立場の10代が精神安定を得ることのできる貴重な本
一度読んでしまうと心の奥深くに残って一生消えない
十代のうちに一回は読んでみてほしい
凄まじい作品
さあ、ホールデンの声に耳を澄ませてください。 村上春樹の新しい訳でお届けする 新世代の『ライ麦畑でつかまえて』 J.D.サリンジャーの不朽の青春文学『ライ麦畑でつかまえて』が、村上春樹の新しい訳を得て
amazon評価
良い
世界を代表する文学作品の金字塔
永遠に残したい素晴らしい作品
つらいときこの本は支えになってくれた
青年期の詰め込み教育を真っ向から反対している本
自殺者に死ぬ前に読ませたい
ひたむきな自然児であるだけに傷つきやすい少年ハンスは、周囲の人々の期待にこたえようとひたすら勉強にうちこみ、神学校の入学試験に通った。だが、そこでの生活は少年の心を踏みにじる規則ずくめなものだった。少
amazon評価
良い
号泣しました
涙があふれて読めなかった
大切なことを教えてくれる
子供のころに出会いたかった
社会人になるまえに読んでおいて欲しい1冊
西の魔女が死んだ (新潮文庫) [文庫] [Aug 01, 2001] 香歩, 梨木
amazon評価
最低
これはまさに「ノルウェイの森」の続編である
私の中の村上春樹の作品としてはBEST3に入ります
「死ぬことだけを考えて生きていた」の冒頭で即買いを決めた
この作品はまさに村上春樹作品
一気に読んで蔵書印を押して丁寧に机に置いた
多崎つくる、鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。
何の理由も告げられずに――