レビューを書く
お仕事
平均 80 点
最高 88 点
芥川賞史上最高レベルに面白い
なぜ芥川賞なのに面白い
あまりにストレートすぎて人間の真(芯)に迫りすぎていて薦めにくい
この本は普通の人には理解できないかもしれません
こういう大人社会で他人と比較されて苦悩する話が好きです
・・・
amazon評価
普通
音楽小説
宮下さんの本でこれが断トツで良かった
ひとりでも多くの方々に読んでもらいたい
読み終わった後に力がみなぎってくる
温かい何かで満たされたような気持ちになった
★★2016年本屋大賞 大賞受賞作★★

ゆるされている。世界と調和している。
それがどんなに素晴らしいことか。
言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになれば
amazon評価
最低
ありえない設定であるが物語の面白さは卓越している
発想が突飛で読み出したらとまらない
世代や性別を問わず楽しめる
経済小説の面と人の内面に迫る小説との両面を持っている
描写がわかりやすく頭の中に映像が浮かぶ
握る男 (角川文庫) [文庫] [Mar 25, 2015] 原 宏一