レビューを書く
女性
平均 75 点
最高 75 点
昭和の時代の女性の生き方を描く
角田光代さんの反戦記
本書は彼女の最高傑作ではあるまいか
女性に読んでいただきたい
家族における自分の存在感、生き方をじっくりと再考したい方にお薦め
じっくりと読んでほしい本
ひとりの女性の人生を通して、自分の人生、幸福、不幸とは一体何なのかを語りかけている。「笹の舟で海をわたる」まさにこの言葉・・・
amazon評価
最高
綿矢りさの蹴りたい背中にも通ずるさりげない表現が素晴らしい
本当にAV女優さんが書いたのかと思うくらいの表現力や文章力
AV女優という職業に偏見を持っている方に読んでもらいたい
現役AV女優である紗倉さんならではの「生々しさ」
女性の方々に手にとって読んでもらいたい
元AV女優の母親を憎む少女。家族に内緒で活動を続ける人気AV女優。男に誘われ上京したススキノの女。夫が所持するAVを見て応募した妻――。四人の女優を巡る連作短編小説。
amazon評価
悪い
リアルな夫婦感などがうまく文章や描写で突かれていてよかった
独特の世界観はあった
日常で普通に受容していることに潜む毒を抉り出す
読みやすさに私は驚いてしまった
「読まされている感」のない自然な感動を作り出せる作家は稀有
「ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた。」――結婚4年の専業主婦を主人公に、他人同士が一つになる「夫婦」という形式の魔力と違和を、軽妙なユーモアと毒を込めて描く表題作ほか、
amazon評価
最低
女性を観る眼と語る筆がやさしい
史実を研究して作品にする作者の情熱に感銘
タイムスリップしたかのようでそのまま余韻に浸りたい
読み物としても当時の資料としても素晴らしい
読み応えあって泣きました
井上ひさしが十年をかけて紡いだ、感動の遺作! 江戸時代、女たちが不幸な結婚から逃れるための「駆け込み寺」であった鎌倉の東慶寺。その門前に建つ御用宿の居候で、戯作者志望の青年の目を通し、救いを求めて寺に
平均 80 点
最高 80 点
せつない
どんでん返し
猟奇殺人
母親
最後の最後まで面白かったです。・・・
amazon評価
最低
堕ちていく女たち。その様子がもうイタくてイタくてそして哀しくて
女性の岐路における決断を扱った良い作品
ふとしたきっかけで、犯罪に巻き込まれる女性たち
三十代以下の女性には共感すべき部分が多いのでは
地方都市に生きる女性たちの、ささやかな夢と日常
望むことは、罪ですか? 誰もが顔見知りの小さな町で盗みを繰り返す友達のお母さん、結婚をせっつく田舎体質にうんざりしている女の周囲で続くボヤ、出会い系サイトで知り合ったDV男との逃避行──。普通の町に生