レビューを書く
親子
amazon評価
普通
ほんわかとして、きゅっとして、涙もこぼれ
里親に興味のある方はご一読をお勧め
不妊治療や里親制度について分かりやすく読めた
気付いたら涙が溢れていました
子供が欲しくなる、育てたくなる、良い本
そうか!その手があったか! 子どもがほしい・・・。 6年間で600万円、不妊治療のどん底で見つけた希望の光。 里親研修を受け、待望の赤ちゃんを預かった著者(40代・男)が瑞々しくも正直に綴る
amazon評価
良い
自伝的小説
amazon評価
普通
amazon評価
普通
涙がどんどん出て止まりませんでした
親になろうとしている人や学生に読んでほしい
これでもかというくらいの不幸が襲うストーリーは涙があふれてくる
家族や絆を深く考えさせられる
もう一度読み返したい作品
号泣必至、 直木賞作家の到達してた圧倒的な境地! 「子どもを、返してほしいんです」 親子三人で穏やかに暮らす栗原家に、ある朝かかってきた一本の電話。 電話口の女が口にした「片倉ひかり」は、