レビューを書く
死・自殺
amazon評価
普通
「セカチュウ」よりも断然悲しい
ぼろぼろ泣いてしまった
号泣したい人にぜひとも読んでほしい
人にすすめたいと久しぶりに思わせてくれた
読むたびに涙を流す回数が増えた
精緻にしてキュート、清冽で伸びやか。野間文芸新人賞作家が放つ恋愛長編!

実家で飼っていた愛犬・ブックが死にそうだ、という連絡を受けた僕は、彼女から「バイクで帰ってあげなよ」といわ
amazon評価
最低
三島由紀夫を初めて読む方にお勧め
三島的ハードボイルドワンダーランド
少しだけ三島の自殺の意味が汲み取れると思う
三島由紀夫のイメージが変わった
気楽に三島の世界を楽しめるお得な一冊
目覚めたのは病院だった、まだ生きていた。必要とも思えない命、これを売ろうと新聞広告に出したところ...。危険な目にあううちに、ふいに恐怖の念におそわれた。死にたくない―。三島の考える命とは。
amazon評価
良い
今までの中で一番大切な読書体験となった
こんなに本に影響されて動揺したのは初
ここまで心の底を揺さぶられたのは初めて
著者は天才だと思ってしまった
私にとって大切な一冊になりました
施設で育った刑務官の「僕」は、夫婦を刺殺した二十歳の未決囚・山井を担当している。一週間後に迫る控訴期限が切れれば死刑が確定するが、山井はまだ語らない何かを隠している―。どこか自分に似た山井と接する中で
amazon評価
最低
友人をなくしたばかりなので胸に沁みた。おいおい泣いた
大切な人を亡くした人にぜひ読んでほしい
家事をしている時に何度も思い返してぼろ泣きしました
あまりの愛おしさに本をなでて、抱きしめた
本当につらいことがあり読んだら心が楽になりました
平均 81 点
最高 81 点
読み終わってからしばらく動けなかった
読み終えて「完敗だ」とつぶやいていた
愛しい小説である。どうしようもなく
濃くて複雑な余韻が長引いて次の本に手をつけられない
最近読んだものの中でダントツに面白かった
映画化されたのを機に読んでみた。読み終えると「永い言い訳」というタイトルがまさにふさわしいと感じた。身近な人の死というテ・・・