レビューを書く
恋愛・愛
amazon評価
最低
甘く、哀しい恋愛小説
こんな風に妻を愛したかった。こんなふうに妻に愛されたかった
読み終えた後 私の全身を鳥肌が包んだ。凄いのだ
胸を抉られるような痛みと苦しさと愛に号泣しました
ただ圧倒されました。有川史上、最高傑作!