レビューを書く
思わず買ってしまった

東山 彰良
平均 63 点
最高 63 点
歴史小説であり家族小説でありミステリーでもある青春小説
ハードボイルド青春小説の金字塔となる
流を読んだあとに他の小説を読むと物足りなく思う
1970代後半の台湾を舞台にした青春小説
日本語で書かれた台湾ものとしては、間違いなく突出した小説
思わず買ってしまった
台湾生まれ、日本育ち。 超弩級の才能が、はじめて己の血を解き放つ! 青春は、謎と輝きに満ちている── 二十年に一度の傑作! とんでもない商売敵を選んでしまった。 北方謙三氏(選考委員)
平均 75 点
最高 82 点
考えさせられる本
どこが面白いのか説明できないけど、面白い
思わず買ってしまった
昔の自分を思い出す
賛否両論が渦巻いた「なんとなくクリスタル」から33年後のお話。今回の主人公は著者その人。デビュー本で時の人となり、タレン・・・
平均 75 点
最高 81 点
昔の自分を思い出す
思わず買ってしまった
人生観がひっくり返る
価値観を大きく変えられた
生涯忘れられない本
33年後のなんとなくクリスタルが読みたくなってその前に33年ぶりに再読。当時読んだときには中学生だったので、本文と併記さ・・・