レビューを書く
吉川英治文学新人賞 受賞・ノミネート作品
amazon評価
最低
ミステリィとしても、ドラえもんファンの方も満足できる
『ドラえもん』の道具が章タイトルにつけられている
“ドラえもん”についても改めて考えさせられました
儚い残酷さと感動を秘めた異色のミステリー
怖くて二度目が読めない
クライマックスにおける藤子世界観との共鳴等々、細やかな愛情を持って構築された作品。 これは傑作だと思います。 ──瀬名秀明 高校二年生・理帆子の“少し不思議”な物語がはじまる!