Warning: file_get_contents(http://www.amazon.co.jp/%E6%82%AA%E3%81%84%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%8C%E3%80%81%E6%9D%A5%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%9B%B8%E5%BA%97%E5%8D%98%E8%A1%8C%E6%9C%AC-%E8%8A%A6%E6%B2%A2-%E5%A4%AE-ebook/dp/B00EVQ00FY%3FSubscriptionId%3DAKIAIKDVKBSMBJUACPQQ%26tag%3Ds0368-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00EVQ00FY): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 悪いものが、来ませんように (芦沢 央)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
悪いものが、来ませんように
芦沢 央
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
あらすじ・内容紹介
子供にめぐまれず悶々とした日々を送る紗英、子育て中の奈津子。誰よりも気の合う二人を襲った事件とは──。『罪の余白』で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞、気鋭の第2作!
帯情報
最後まで読んだら、絶対もう一度読み返したくなる!
このトリックには、身につまされる人も多いのでは?
──貫井徳郎(小説家)

女2人の、異常なまでの密着、歪な運命。気鋭の新人が放つ心理サスペンス!
amazonでの読者の感想
・心理サスペンス
amazonでの読者の評価
普通
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
天使の傷痕
西村 京太郎
ミステリー・推理・サスペンス
武蔵野の雑木林でデート中の男女が殺人事件に遭遇。瀕死の被害者は「テン」と呟いて息を引き取った。意味不明の「テン」とは何を指すのか。デート中、事件を直接目撃した田島は、新聞記者らしい関心から周辺を洗う。
夕暮れ密室
村崎 友
ミステリー・学校
文化祭当日、バレー部マネージャーの女子生徒が、セミナーハウスのシャワールームで遺体となって発見された--!? 斬新な密室トリックと多感な高校生男女の切ない想いを描いた傑作学園ミステリ。
向日葵の咲かない夏
道尾 秀介
ミステリー・ファンタジー・ホラー・怪談
夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるも
最後の逃亡者
熊谷 独
ミステリー・ハードボイルド
ことば汁
小池 昌代
女性・生活・人生
モノクロームの日常から、あやしく甘い耽溺の森へ。恋多き詩人に三十年以上仕えてきた女、孤独なカーテン職人が依頼をうけた屋敷の不気味なパーティー、魅入られた者たちがケモノになる瞬間……短篇の名手が誘う六つ
恋忘れ草
北原 亞以子
歴史・時代・女性
熟れてゆく夏
藤堂 志津子
女性・性愛・官能
夏。北海道。瀟洒なリゾート・ホテル。共通の“女主人”を、それぞれの思いで待ち受ける、美しく不安な若い男女。ときに反発しあい、ときには狎れあいながら、たゆたゆと待つ日々が過ぎてゆく。女主人の望みはいった
あの家に暮らす四人の女
三浦 しをん
女性・生活
謎の老人の活躍としくじり。ストーカー男の闖入。いつしか重なりあう、生者と死者の声―古びた洋館に住む女四人の日常は、今日も豊かでかしましい。谷崎潤一郎メモリアル特別小説作品。ざんねんな女たちの、現代版『
ユリイカ―EUREKA
青山 真治
家族・事件
バスジャック事件で人質となった運転手の沢井は、乗客の兄妹直樹・梢と共に助かるが、心に深い傷を負う。彼は街から失踪し、兄妹も母の家出、父の自殺後心を閉ざし二人だけの世界に引きこもってしまう。二年後、街に戻っ
サウスバウンド
奥田 英朗
家族・親子
父は国家権力が大嫌い。どうやらその筋では有名な元過激派で、学校なんて行くなと言ったり、担任の先生にからんだり、とにかくムチャクチャだ。そんな父が突然、沖縄・西表島(いりおもてじま)に移住すると言い出し、そ
イントゥルーダー
高嶋 哲夫
ミステリー・家族
キッチン
よしもとばなな
家族・恋愛・愛
私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う――。同居していた祖母を亡くし途方に暮れていた桜井みかげは、田辺家の台所を見て居候を決めた。友人の雄一、その母親のえり子さん(元は父親)との奇妙な生活が始まった
この著者の他の本
悪いものが、来ませんように
よしもとばなな
ミステリー・女性・家族
子供にめぐまれず悶々とした日々を送る紗英、子育て中の奈津子。誰よりも気の合う二人を襲った事件とは──。『罪の余白』で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞、気鋭の第2作!
罪の余白
よしもとばなな
親子・死・自殺
高校のベランダから転落した加奈の死を、父親の安藤は受け止められずにいた。娘はなぜ死んだのか。自分を責める日々を送る安藤の前に現れた、加奈のクラスメートの協力で、娘の悩みを知った安藤は。
平均点ランキング