レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
白樫の樹の下で
青山 文平
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
江戸幕府が開かれて180年たった、天明期、最下級の御家人で小普請組の3人の幼馴染が活躍。当時は竹刀剣法花盛りの中で、彼らはいまだ木刀を使う古風な道場に通っている。ある日、江戸城内で田沼意知を切った刀を手にしたことから物語が動き始める。いまだ人を斬ったことがない貧乏御家人が刀を抜くとき、なにかが起こる……。傑作時代ミステリー。第18回(2011年)松本清張賞受賞作。
amazonでの読者の感想
・剣劇時代モノ
amazonでの読者の評価
普通
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ベルカ、吠えないのか?
古川 日出男
動物・歴史・時代
一絃の琴
宮尾 登美子
歴史・時代・音楽
直木賞受賞作。土佐藩の上士の娘・苗は、祖母・袖の嗜みであった一絃琴を5歳の時に初めて聴き、その深い音色に魅せられた。運命の師有伯と死別した後、結婚生活で一度は封印したものの、夫の理解を得て市橋塾を始め
漂砂のうたう
木内 昇
歴史・時代・人生
【第144回直木賞受賞作】御一新から10年。武士という身分を失い、根津遊郭の美仙楼で客引きとなった定九郎。自分の行く先が見えず、空虚な中、日々をやり過ごす。苦界に身をおきながら、凛とした佇まいを崩さな
とっぴんぱらりの風太郎
万城目 学
歴史・時代・戦争
透明カメレオン
道尾 秀介
ミステリー・家族
冴えない容姿と“特殊”な声を持つラジオのパーソナリティの恭太郎はある雨の日、行きつけのバーで奇妙な女の子に出会う。ひょんなことから彼女の企てた殺害計画に参加することになる恭太郎だったが――。
ある少女にまつわる殺人の告白
佐藤 青南
ミステリー・事件・子供
第9回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞作品。長崎県南児童相談所の所長が語る、ある少女をめぐる忌まわしい事件。10年前にいったい何が起きたのか―。小学校教師や小児科医、家族らの証言が当時の状況を明
三月は深き紅の淵を
恩田 陸
ミステリー・本・読書
鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に2泊3日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、10年以上探しても見つからない稀覯本(きこうぼん)
慟哭
貫井 徳郎
ミステリー・警察・事件
痛ましい幼女誘拐事件の続発。難航する捜査。その責めを負って冷徹な捜査一課長も窮地に立たされた。若手キャリアの課長をめぐる警察内部の不協和音,マスコミによる私生活追及。この緊迫した状況下で,新しい展開は
ロック・オブ・モーゼス
花村 萬月
音楽・青春
「わたしはこのギターから全てを教わった――」いつも俯きながら生きてきた。音楽がわたしに光を与えてくれた。熱情、誇り、挫折、成長――青春の全てがここにある。心を掻き鳴らす、珠玉のロックンロール小説。朝倉桜は
偉大なる、しゅららぼん
万城目 学
SF・青春
高校入学を機に、琵琶湖畔の街・石走にある日出本家にやって来た日出涼介。本家の跡継ぎとしてお城の本丸御殿に住まう淡十郎の“ナチュラルボーン殿様”な言動にふりまわされる日々が始まった。実は、日出家は琵琶湖から
狭小邸宅
新庄 耕
お仕事・青春
【第36回すばる文学賞受賞作】学歴も経験も関係ない。すべての評価はどれだけ家を売ったかだけ。大学を卒業して松尾が入社したのは不動産会社。そこは、きついノルマとプレッシャー、過酷な歩合給、挨拶がわりの暴力が

東山 彰良
青春・海外・外国
この著者の他の本
鬼はもとより
東山 彰良
歴史・時代・人間
白樫の樹の下で
東山 彰良
歴史・時代・ミステリー・青春
江戸幕府が開かれて180年たった、天明期、最下級の御家人で小普請組の3人の幼馴染が活躍。当時は竹刀剣法花盛りの中で、彼らはいまだ木刀を使う古風な道場に通っている。ある日、江戸城内で田沼意知を切った刀を
平均点ランキング