レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
十角館の殺人
綾辻 行人
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!
1987年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。(講談社文庫)
ウィキペディアであらすじを見る
帯情報
ミステリ史上に残る大トリック!

"たった1行"が世界を変える

孤島・角島で大学ミステリ研の7人を襲う恐怖


習慣文春臨時増刊
『東西ミステリーベスト100』日本編
史上第8位

本格ミステリ、不朽の名作
初めて読むなら、この本!
amazonでの読者の感想
・名作
amazonでの読者の評価
普通
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
闇に香る嘘
下村 敦史
ミステリー・家族
叫びと祈り
梓崎 優
推理・ミステリー
砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦、ロシアの修道院で勃発した列聖を巡る悲劇……ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。選考委員を驚嘆させた第5回
最後のトリック
深水 黎一郎
ミステリー・推理
「読者が犯人」というミステリー界最後の不可能トリックのアイディアを、二億円で買ってほしい―スランプ中の作家のもとに、香坂誠一なる人物から届いた謎の手紙。不信感を拭えない作家に男は、これは「命と引き換え
子盗(と)り
海月 ルイ
ミステリー・女性
京都の旧家に嫁いだ榊原美津子は、子供に恵まれずに十数年。本家の跡取りの出産を期待される重圧に耐えかね、妊娠していると言ってしまった美津子は、産院から新生児を連れ去ろうとして看護師・潤子に見咎められる。
福家警部補の追及
大倉 崇裕
推理・警察
手加減しない名刑事、今日も徹夜で捜査する。福家警部補シリーズ第4弾!狩秋人は未踏峰チャムガランガへの挑戦を控え、準備に余念がない。勇名を馳せた登山家の父・義之がついに制覇できなかった山である。義之は息
花の下にて春死なむ
北森 鴻
ミステリー・探偵・推理
第52回日本推理作家協会賞、短編および連作短編集部門受賞作。謎の先に人生の悲哀が横たわる傑作ミステリー集。年老いた俳人・片岡草魚が、自分の部屋でひっそりと死んだ。その窓辺に咲いた季節はずれの桜が、さら
放課後
東野 圭吾
ミステリー・推理・青春
放課後 (講談社文庫) [文庫] [Jul 07, 1988] 東野 圭吾
黒い白鳥 鬼貫警部シリーズ
鮎川 哲也
ミステリー・推理・警察
第13回日本探偵作家クラブ賞受賞作6月2日早暁、久喜駅近くの線路沿いで男の射殺屍体が発見された。列車の屋根に乗ってそこまで運ばれた男は、労使抗争に揺れる東和紡績の西ノ幡豪輔社長と判明。敗色濃厚な組合側
この著者の他の本
十角館の殺人
鮎川 哲也
ミステリー・推理
十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読
暗闇の囁き
鮎川 哲也
ミステリー・推理・ホラー・怪談
黒髪を切られ変死した女性家庭教師。そして従兄とその母親も眼球と爪を奪われて死んだ。謎めいたほどに美しい兄弟のまわりに次々と起こる奇怪な死。遠い記憶の闇のなかから湧き上がってくる“囁き”が呼び醒ますもの
Another
鮎川 哲也
ホラー・怪談・ミステリー
夜見山北中学三年三組に転校してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。同級生で不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、謎はいっそう深まるばか
平均点ランキング