レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
緋の天空
葉室 麟
集英社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
闇を払う光となれ。

父・藤原不比等の願いが込められたその名を胸に、一人の少女が歩み出す。
朝廷の権力争い、相次ぐ災害や疫病・・・。
混迷を乗り越え、夫・聖武天皇を支えて国と民を照らす大仏の建立を目指す。

光明皇后、その生涯が鮮やかに蘇る渾身の歴史長編。
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
86
最高
86
最低
86
合計レビュー
1人
男性1人 平均86点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
86点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
23点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
18点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
5点 ★★★★★
もっと早く出会いたかった
考えさせられる本
先を読まずにいられない
奈良時代が舞台の歴史小説ということで最初は抵抗があったが読んでいてすっかり引き込まれた。今とは違い女性天皇が多く国を支えた時代。この作者の各登場人物はいつも生き方がすがすがしく読み終わって心地よい気持ちにさせてくれます。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
狼奉行
高橋 義夫
歴史・時代・人生
殿さま狸
簑輪 諒
歴史・時代・戦争
信じるのではなく、賭けろ! 信じるだけなら元手はタダだが、タダで結果は変えられない。天下分け目の関ヶ原において番狂わせで西軍になってしまった男は、愛する国を守るため、己と息子の命を元手に一世一代の賭け
漂砂のうたう
木内 昇
歴史・時代・人生
風の軍師 黒田官兵衛
葉室 麟
歴史・時代・戦争
あす吹く風は、どこからどこへ。黒田官兵衛、ジョアン、細川ガラシャ、織田秀信――伴天連追放令下、「かなわぬ夢」と「かなえてはならない夢」のはざまで生きた人々の思い。『風渡る』に続く葉室麟の「官兵衛」。(
笹の舟で海をわたる
角田 光代
人生・女性・歴史・時代
『本の雑誌』が選ぶ 2014年ベスト10(ノンジャンル)の第1位 獲得! ! 終戦から10年、主人公・左織(さおり)は22歳の時、銀座で女に声をかけられる。風美子(ふみこ)と名乗る女は、左織と疎開先が
まひる野
渡辺 淳一
女性・恋愛・愛
初めての許されぬ恋に揺れ動く多紀の心。大学医学部の教授という社会的地位をも顧みず多紀に傾いてゆく柚木。二人が初めて津和野に旅行したその途中、こんどは弟の隆彦が内ゲバの報復を受けたことを知らされる。植物
れんげ荘
群 ようこ
女性・生活
白いしるし
西 加奈子
恋愛・愛・女性
失恋ばかりの、私の体。私は彼のことが、本当に、好きだった。32歳。気づいたら、恋に落ちていた。軽い気持ちだった、知らなかった、奪えると思った。なのに、彼と関係を持ってから、私は笑えなくなった。恋は終わ
真田三代
火坂 雅志
歴史・時代・戦争・人物伝
歴史小説の旗手が描く、真田一族の決定版!六文銭の旗印のもと戦国乱世を駆け抜けた真田一族は、古くから戦国武勇伝の白眉として人々を魅了している。山あいの小土豪から台頭し戦国時代を彩った真田家とは何者だったのか
緋の天空
葉室 麟
歴史・時代・女性・人物伝
天才
石原 慎太郎
人物伝・経済・政治・人生
高等小学校卒という学歴ながら『日本列島改造論』を引っ提げて総理大臣に就任。比類なき決断力と実行力で大計の日中国交正常化を実現し、関越自動車道や上越新幹線を整備、生涯に30以上の議員立法を成立させるなど、激
世界収集家
イリヤ・トロヤノフ
冒険・人物伝・旅行
やがて入り江が見えた。両手が水をすくうように、膨らんだ帆が空気をすくった。すでに鼻がかいでいたものが、目に見えてきた。最初はチョウジ油をすりこんだ望遠鏡を通して――大英帝国の軍人、リチャード・フランシス・
この著者の他の本
風の軍師 黒田官兵衛
イリヤ・トロヤノフ
歴史・時代・戦争
あす吹く風は、どこからどこへ。黒田官兵衛、ジョアン、細川ガラシャ、織田秀信――伴天連追放令下、「かなわぬ夢」と「かなえてはならない夢」のはざまで生きた人々の思い。『風渡る』に続く葉室麟の「官兵衛」。(
秋月記
イリヤ・トロヤノフ
歴史・時代・人生
緋の天空
イリヤ・トロヤノフ
歴史・時代・女性・人物伝
蜩ノ記
イリヤ・トロヤノフ
歴史・時代・家族
平均点ランキング