レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
緋の天空
葉室 麟
集英社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
闇を払う光となれ。

父・藤原不比等の願いが込められたその名を胸に、一人の少女が歩み出す。
朝廷の権力争い、相次ぐ災害や疫病・・・。
混迷を乗り越え、夫・聖武天皇を支えて国と民を照らす大仏の建立を目指す。

光明皇后、その生涯が鮮やかに蘇る渾身の歴史長編。
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
86
最高
86
最低
86
合計レビュー
1人
男性1人 平均86点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
86点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
23点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
18点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
5点 ★★★★★
もっと早く出会いたかった
考えさせられる本
先を読まずにいられない
奈良時代が舞台の歴史小説ということで最初は抵抗があったが読んでいてすっかり引き込まれた。今とは違い女性天皇が多く国を支えた時代。この作者の各登場人物はいつも生き方がすがすがしく読み終わって心地よい気持ちにさせてくれます。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
風の軍師 黒田官兵衛
葉室 麟
歴史・時代・戦争
あす吹く風は、どこからどこへ。黒田官兵衛、ジョアン、細川ガラシャ、織田秀信――伴天連追放令下、「かなわぬ夢」と「かなえてはならない夢」のはざまで生きた人々の思い。『風渡る』に続く葉室麟の「官兵衛」。(
曽呂利!
谷津 矢車
歴史・時代・戦国時代・人物
堺の町で、秀吉を愚弄した落首が見つかった。調べたところ、職人長屋に暮らす鞘師の曽呂利新左衛門という男の仕業だった。捕えられて討ち首になるはずが、持ち前の才覚で死罪を逃れたどころか、口八丁手八丁で秀吉に
沈黙
遠藤 周作
歴史・時代・宗教・サスペンス
島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制の厳しい日本に潜入したポルトガル人司祭ロドリゴは、日本人信徒たちに加えられる残忍な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、ついに背教の淵に立たされる…
光圀伝 電子特別版 (上)
冲方 丁
歴史・時代・その他
対岸の彼女
角田 光代
女性・友情・友達
いじめで群馬に転校してきた女子高生のアオちんは、ナナコと親友になった。専業主婦の小夜子はベンチャー企業の女社長・葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始める。立場が違ってもわかりあえる、どこかに
聖母
秋吉 理香子
ミステリー・女性・犯罪
東京都藍出市で、幼稚園児の遺体が発見された。被害者は死後に性的暴行を加えられていた。事件のニュースを見た主婦・保奈美は、大切なひとり娘も狙われるのでは、と恐怖を覚える。警察は懸命に捜査を続けるが、犯人
夕映えの道―よき隣人の日記
ドリス・レッシング
女性・人生
恋忘れ草
北原 亞以子
歴史・時代・女性
天才
石原 慎太郎
人物伝・経済・政治・人生
高等小学校卒という学歴ながら『日本列島改造論』を引っ提げて総理大臣に就任。比類なき決断力と実行力で大計の日中国交正常化を実現し、関越自動車道や上越新幹線を整備、生涯に30以上の議員立法を成立させるなど、激
世界収集家
イリヤ・トロヤノフ
冒険・人物伝・旅行
やがて入り江が見えた。両手が水をすくうように、膨らんだ帆が空気をすくった。すでに鼻がかいでいたものが、目に見えてきた。最初はチョウジ油をすりこんだ望遠鏡を通して――大英帝国の軍人、リチャード・フランシス・
女教皇ヨハンナ
ドナ・W.クロス
歴史・時代・人物伝・伝説
ヴァチカン最大のタブーに迫る歴史エンタテインメント 歴史から抹殺された伝説の女性。 教皇庁はいまだその実在を否定している
真田三代
火坂 雅志
歴史・時代・戦争・人物伝
歴史小説の旗手が描く、真田一族の決定版!六文銭の旗印のもと戦国乱世を駆け抜けた真田一族は、古くから戦国武勇伝の白眉として人々を魅了している。山あいの小土豪から台頭し戦国時代を彩った真田家とは何者だったのか
この著者の他の本
風の軍師 黒田官兵衛
火坂 雅志
歴史・時代・戦争
あす吹く風は、どこからどこへ。黒田官兵衛、ジョアン、細川ガラシャ、織田秀信――伴天連追放令下、「かなわぬ夢」と「かなえてはならない夢」のはざまで生きた人々の思い。『風渡る』に続く葉室麟の「官兵衛」。(
柚子の花咲く
火坂 雅志
歴史・時代・人生
少年時代に梶与五郎の薫陶を受けた筒井恭平は、与五郎が隣藩で殺害された事実を知り、真実を突き止めるため鵜ノ島藩に潜入するが――。人を愛すること、人が成長するということなど、人間にとって大事なものを教えて
秋月記
火坂 雅志
歴史・時代・人生
蜩ノ記
火坂 雅志
歴史・時代・家族
平均点ランキング