Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 インデックス (誉田 哲也)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
インデックス
誉田 哲也
光文社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
ウィキペディアであらすじを見る
帯情報
姫川玲子、捜査一課復帰へ

続発する事件、終わらない捜査。
所轄でも全力疾走する玲子から、目が離せない。

全読者待望、2年ぶりのシリーズ最新刊
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
68
最高
75
最低
61
合計レビュー
2人
男性2人 平均68点
おすすめ
1
おすすめしない
0
奥河
40代
男性
会社員
神様ゲーム
麻耶 雄嵩
71点
総理の夫
原田 マハ
80点
銀翼のイカロス
池井戸 潤
85点
この闇と光
服部 まゆみ
62点
インデックス
誉田 哲也
61点
61点
★★★★★★★★★★
総合評価
12点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
19点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
2点 ★★★★★
読後感
6点 / 15点
読後の影響度
2点 ★★★★★
読後のあと味
2点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
2点 ★★★★★
本の仕様
12点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
映画化希望
「ストロベリー ナイト」の知識なしで読んだので、なんのこっちゃ?と戸惑う場面が多かった。短編ですのでそこは、切り離して読むことができたが、本来はストロベリーナイトからの続きで読むと続編としてもっと楽しむことができたであろう!
テレビドラマを視聴してないので主人公がどんなスタイルでどんな雰囲気の女性なのかを想像しながら読書する楽しみがありました。本屋のカフェの話は短編としてもとても面白かったです。
Uncle S
50代
男性
自営業
75点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
21点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
10点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
先を読まずにいられない
この著者にハマった
良い意味で裏切られた
誉田哲也氏のファンとして,久々の姫川シリーズにワクワクした。
今回は短編集。
映像化されたストロベリーナイトなど派手でえぐいストーリーが得意と思っていた筆者が2年間の休み後に書いた本書。事件は軽いモノであったり、既出のこぼれ話であったりするが、人間模様しっかり書き込まれていて「姫川ファン」には楽しめる内容になっていると思う。スピード感で一気呵成に読み進む以前のモノとは違うが悪くない。あいかわらずの姫川スタイルは健在だし、もと姫川班のメンバーも顔を見せ始め,今後シリーズが続くことを予感させてくれる。次回作は,派手でえぐいモノを期待している。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
私が殺した少女
原 尞
サスペンス・ハードボイルド
まるで拾った宝くじが当たったように不運な一日は、一本の電話ではじまった。私立探偵の沢崎は依頼人からの電話を受け、目白の邸宅へと愛車を走らせた。だが、そこで彼は自分が思いもかけぬ誘拐事件に巻き込まれてい
憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパーク11
石田 衣良
現代・ハードボイルド
マコトに、Gボーイズにまた会える!第10作『PRIDE』で第1シーズンを終えた「池袋ウエストゲートパーク」シリーズが三年半ぶりに再稼働。池袋の果物屋兼トラブルシューター、マコトが戻ってきました。今作で
よみがえる百舌(百舌シリーズ)
逢坂 剛
ハードボイルド・警察
元刑事が殺された。後頭部を千枚通しで一突き。伝説の暗殺者、百舌の手口だ。闇の彼方から百舌が帰還したのか? それとも、警察の汚濁に基づくあの事件を知っている者が始末されていくのか? いまわしい記憶に怯え
無間人形 新宿鮫4
大沢 在昌
ハードボイルド・警察
毒猿 新宿鮫2~新装版~
大沢 在昌
ハードボイルド・警察
凄腕の殺し屋・毒猿(ドウユアン)が新宿に潜入。彼を裏切った台湾マフィアのボス・葉(イエー)が標的だ。孤独な毒猿に心惹かれた奈美は、その復讐劇に呑み込まれていく……。台湾の敏腕刑事・郭(グオ)とともに、
ソウルケイジ 警部補 姫川玲子
誉田 哲也
サスペンス・警察
多摩川土手に放置された車両から、血塗(ちまみ)れの左手首が発見された! 近くの工務店のガレージが血の海になっており、手首は工務店の主人のものと判明。死体なき殺人事件として捜査が開始された。遺体はどこに
死のドレスを花婿に
ピエール・ルメートル
サスペンス・警察
『その女アレックス』の原点となる恐怖のイヤミス狂気に駆られて逃亡するソフィー。聡明だった彼女はなぜ全てを失ったのか。悪夢の果てに明らかになる戦慄の悪意とは。驚愕の傑作。
帰郷 刑事・鳴沢了 鳴沢シリーズ
堂場 瞬一
警察・ミステリー
話があるんです――父の葬儀の翌日、一人の若者が訪ねてきた。新潟県警鬼の一課長と呼ばれた父にとって唯一の未解決案件を再捜査しろというのだ。奇しくも時効は葬儀の当日であった。遺品の備忘録に綴られる捜査への
この著者の他の本
ブルーマーダー
堂場 瞬一
警察・ハードボイルド
池袋の繁華街。雑居ビルの空き室で、全身20カ所近くを骨折した暴力団組長の死体が見つかった。さらに半グレ集団のOBと不良中国人が同じ手口で殺害される。池袋署の刑事・姫川玲子は、裏社会を恐怖で支配する怪物
あなたが愛した記憶
堂場 瞬一
ホラー・怪談・サスペンス・恋愛・愛
拉致監禁。両手親指切断。暴行、そして扼殺。あまりに残虐な連続OL殺人事件が世間を賑わせていたとき、ひとりの女子高生が俺の前に現れた。「私、たぶん犯人知ってる」。そうだとしたら何? 私をどうするの? 私
インビジブルレイン 警部補 姫川玲子
堂場 瞬一
警察・サスペンス
姫川(ひめかわ)班が捜査に加わったチンピラ殺人事件。暴力団同士の抗争も視野に入れて捜査が進む中、「犯人(ホシ)は柳井健斗(やないけんと)」というタレ込みが入る。ところが、上層部から奇妙な指示が下った。
インデックス
堂場 瞬一
ハードボイルド・警察
平均点ランキング