レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
あなたの明かりが消えること
柴崎 竜人
小学館
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
「大の大人が泣きながら読んだ。
何度も涙を拭い、思わず顔を覆うときもありつつ、それでも最後まで一気に読み切った。」

きっとあなたの心の中にも"奇跡"が起きます。
最高の家族小説ができました!
amazonでの読者の感想
・人間ドラマ
・家族愛
・泣ける
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
79
最高
79
最低
79
合計レビュー
1人
女性1人 平均79点
おすすめ
1
おすすめしない
0
79点
★★★★★★★★★★
総合評価
18点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
11点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
23点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
時間を忘れて一気読み
映画化希望
ほろりと涙が出る
とても温かい気持ちになる作品でした。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
朝が来る
辻村 深月
家族・親子・ミステリー
親子3人で平和に暮らす栗原家に突然かかってきた、いたずら電話。電話口の女の声は、「子どもを返してほしい」と告げた――。子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者の葛藤と人生を丹念に描い
春にして君を離れ
アガサ・クリスティー
サスペンス・家族
優しい夫、よき子供に恵まれ、女は理想の家庭を築き上げたことに満ち足りていた。が、娘の病気見舞いを終えてバクダードからイギリスへ帰る途中で出会った友人との会話から、それまでの親子関係、夫婦の愛情に疑問を
ヒア・カムズ・ザ・サン
有川 浩
不思議・恋愛・愛・家族
編集者の古川真也は特殊な能力を持つ。手に触れた物に残る記憶が見えるのだ。ある日、同僚のカオルが20年ぶりに父親と再会することに。彼は米国で脚本家として成功したはずだが、真也が見た真実は。確かな愛情を描
闇に香る嘘
下村 敦史
ミステリー・家族
死後
芥川 竜之介
夫婦・死・自殺
大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の後期の短編小説。初出は「改造」[1925(大正14)年]。単行本未収録であり、「芥川龍之介全集」第12巻に収録された。不眠気味の「僕」が妻の傍らで夫婦の
切羽へ
井上 荒野
恋愛・愛・夫婦
その日のまえに
重松 清
死・自殺・夫婦・家族
余命の告知を受けた妻と、新婚時代のアパートを訪ねる僕たち…「その日のまえに」。妻の最期を、二人の息子とともに見届ける「その日」。妻が亡くなった病院の看護師さんから、ある日、お目にかかりたい、と連絡がき
陽だまりの彼女
越谷 オサム
恋愛・愛・夫婦
マリアビートル
伊坂 幸太郎
サスペンス・群像劇
酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。物騒な奴らを乗せた東北新幹線は疾走する! 『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。
阪急電車
有川 浩
人間・群像劇
阪急電車
白をつなぐ
まはら 三桃
スポーツ・群像劇
難関中学の入試問題出題に好まれている作者と主題
終わらない歌
宮下 奈都
青春・音楽・群像劇
声楽を志して音大に進学した御木元玲は、自分の歌に価値を見いだせなくて、もがいている。ミュージカル女優をめざす原千夏は、なかなかオーディションに受からない。惑い悩む二十歳のふたりは、突然訪れた「若手公演」の
この著者の他の本
あなたの明かりが消えること
宮下 奈都
家族・夫婦・群像劇
平均点ランキング