Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 ふたり姉妹 (瀧羽 麻子)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
ふたり姉妹
瀧羽 麻子
祥伝社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
「うさぎパン」の著者が贈る、人生の夏休みの門語。

わたしにはこの暮らしが合っていると思っていた──。

都会で働く上昇志向の姉と田舎で結婚間近のマイペースな妹。
生活を交換した二人が最後に選ぶ道は?
amazonでの読者の感想
・家族小説
・あたたかくなる
amazonでの読者の評価
悪い
良本生活での感想・レビュー
平均
75
最高
75
最低
75
合計レビュー
1人
女性1人 平均75点
おすすめ
1
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
75点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
23点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
8点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
1点 ★★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
時間を忘れて一気読み
心が温かくなる
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
手紙
東野 圭吾
兄弟・姉妹・犯罪
   本格推理から学園ミステリー、パロディー小説や絵本など、さまざまな作風で読者を魅了しつづける著者が、本書でテーマに据えたのは、犯罪加害者の家族。犯罪が、被害者や加害者だけではなく、その家族にまで及
ふたり姉妹
瀧羽 麻子
兄弟・姉妹・家族・生活
間宮兄弟
江國 香織
恋愛・愛・兄弟・姉妹・人生
だって間宮兄弟を見てごらんよ。 いまだに一緒に遊んでるじゃん。 "そもそも範疇外、ありえない"男たちをめぐる、恋愛小説
春、戻る
瀬尾 まいこ
結婚・兄弟・姉妹・人生
結婚を控えたある日、私の前に兄と名乗る謎の青年が現れた。明らかに年下の「お兄さん」は、私の結婚にあれこれ口出しを始めて……。その正体と目的は? 人生で一番大切なことを教えてくれる、ハートフルウェディン
水の柩
道尾 秀介
少年・少女・家族・人間
タイムカプセルに託した未来と、水没した村が封印した過去。時計の針を動かす、彼女の「嘘」。平凡な毎日を憂う逸夫は文化祭をきっかけに同級生の敦子と言葉を交わすようになる。タイムカプセルの手紙を取り替えたい
午前三時のルースター
垣根 涼介
ミステリー・家族
ブッデンブローク家の人びと
トーマス・マン
家族・人生
「ある家族の没落」という副題が示すようにドイツの一ブルジョア家庭の変遷を四代にわたって描く。初代当主は一八世紀啓蒙思想に鍛えられた実業家である。代を追うにつれこの家庭を、精神的・芸術的なものが支配し、
スクラップ・アンド・ビルド
羽田 圭介
家族・人生
「早う死にたか」毎日のようにぼやく祖父の願いをかなえてあげようと、ともに暮らす孫の健斗は、ある計画を思いつく。日々の筋トレ、転職活動。肉体も生活も再構築中の青年の心の内は、衰えゆく生の隣で次第に変化し
れんげ荘
群 ようこ
女性・生活
電気サーカス
唐辺 葉介
生活・人間
まだ高速デジタル回線も24時間接続も普及しておらず、皆が電話回線とテレホーダイを使ってインターネットに接続していた時代。個人サイトで自己表現を試みる若者達がいた――。
パンとスープとネコ日和
群 ようこ
生活・動物
石の裏にも三年 キミコのダンゴ虫的日常
北大路 公子
生活・エッセイ
この著者の他の本
ふたり姉妹
北大路 公子
兄弟・姉妹・家族・生活
平均点ランキング