レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
仮往生伝試文
古井 由吉
河出書房新社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
虚と実、死と生、夢と現の境界を果てしなく越境し、文学の無限の可能性を尽した畢生の傑作。
帯情報
今昔の生と死を往還し文学の無限なる深みへ臨む

説話が伝える僧俗の往生
現代の日常に潜む死──
時間を、生と死を果てしなく超越し
小説の可能性を尽した畢生の大作

驚嘆すべき小説である。
ひとはこの小説を反復せざるを得ない。
吉井由吉は現存する世界最大の作家だ。
佐々木中
amazonでの読者の評価
良い
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ジェネレーションX―加速された文化のための物語たち
ダグラス・クープランド
青春・人生
街の人生
岸 政彦
人間・人生
晴天の迷いクジラ
窪 美澄
人生・死・自殺
受け月
伊集院 静
人生・人間
罪の余白
芦沢 央
親子・死・自殺
模倣の殺意
中町 信
ミステリー・死・自殺・事件
七月七日の午後七時、新進作家、坂井正夫が青酸カリによる服毒死を遂げた。遺書はなかったが、世を儚んでの自殺として処理された。坂井に編集雑務を頼んでいた医学書系の出版社に勤める中田秋子は、彼の部屋で偶然行
何もかも憂鬱な夜に
中村 文則
犯罪・死・自殺・法律
施設で育った刑務官の「僕」は、夫婦を刺殺した二十歳の未決囚・山井を担当している。一週間後に迫る控訴期限が切れれば死刑が確定するが、山井はまだ語らない何かを隠している―。どこか自分に似た山井と接する中で
明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち
山田 詠美
家族・恋愛・愛・死・自殺
ひとつの家族となるべく、東京郊外の一軒家に移り住んだ二組の親子。澄生と真澄の兄妹に創太が弟として加わり、さらにその後、千絵が生まれる。それは、幸せな人生作りの、完璧な再出発かと思われた。しかし、落雷と
この著者の他の本
仮往生伝試文
山田 詠美
人生・死・自殺
虚と実、死と生、夢と現の境界を果てしなく越境し、文学の無限の可能性を尽した畢生の傑作。
平均点ランキング