レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
仮往生伝試文
古井 由吉
河出書房新社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
虚と実、死と生、夢と現の境界を果てしなく越境し、文学の無限の可能性を尽した畢生の傑作。
帯情報
今昔の生と死を往還し文学の無限なる深みへ臨む

説話が伝える僧俗の往生
現代の日常に潜む死──
時間を、生と死を果てしなく超越し
小説の可能性を尽した畢生の大作

驚嘆すべき小説である。
ひとはこの小説を反復せざるを得ない。
吉井由吉は現存する世界最大の作家だ。
佐々木中
amazonでの読者の評価
良い
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
その日東京駅五時二十五分発
西川 美和
戦争・人生
手紙屋 蛍雪篇〜私の受験勉強を変えた十通の手紙〜
喜多川 泰
人生・不思議
「何のために勉強するんだろう?」「何のために大学に行くんだろう?」だれでも一度はそんなふうに思ったことがあるのではないでしょうか?この本の主人公「和花」は、部活と友だち付き合いに明け暮れる高校2年生。
かもめのジョナサン
リチャード・バック
人生・人間
飛行機事故で九死に一生を得た作者が新たに加えた最終章によって、今すべての秘密が説き明かされる。〈飛ぶ〉とは何か、生きる証とは何か、救済とは何か? 五木寛之による四十年ぶりの全面改訳と解説を得て、ここに
爪と目
藤野 可織
家族・人生
晴天の迷いクジラ
窪 美澄
人生・死・自殺
やっと気づいた。ただ「死ぬなよ」って、それだけ言えばよかったんだ――。心療内科の薬が手放せない青年、倒産しそうなデザイン会社の孤独な女社長、親の過干渉に苦しむ引きこもり少女。壊れかけた三人が転がるよう
仮往生伝試文
古井 由吉
人生・死・自殺
虚と実、死と生、夢と現の境界を果てしなく越境し、文学の無限の可能性を尽した畢生の傑作。
枯木灘
中上 健次
家族・人生・死・自殺
紀州・熊野の貧しい路地に、兄や姉とは父が異なる私生児として生まれた土方の秋幸。悪行の噂絶えぬ父・龍造への憎悪とも憧憬ともつかぬ激情が、閉ざされた土地の血の呪縛の中で煮えたぎる。愛と痛みが暴力的に交錯し
永い言い訳
西川 美和
家族・人生・死・自殺
この著者の他の本
仮往生伝試文
西川 美和
人生・死・自殺
虚と実、死と生、夢と現の境界を果てしなく越境し、文学の無限の可能性を尽した畢生の傑作。
平均点ランキング