レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
仮往生伝試文
古井 由吉
河出書房新社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
虚と実、死と生、夢と現の境界を果てしなく越境し、文学の無限の可能性を尽した畢生の傑作。
帯情報
今昔の生と死を往還し文学の無限なる深みへ臨む

説話が伝える僧俗の往生
現代の日常に潜む死──
時間を、生と死を果てしなく超越し
小説の可能性を尽した畢生の大作

驚嘆すべき小説である。
ひとはこの小説を反復せざるを得ない。
吉井由吉は現存する世界最大の作家だ。
佐々木中
amazonでの読者の評価
良い
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
笹の舟で海をわたる
角田 光代
人生・女性・歴史・時代
『本の雑誌』が選ぶ 2014年ベスト10(ノンジャンル)の第1位 獲得! ! 終戦から10年、主人公・左織(さおり)は22歳の時、銀座で女に声をかけられる。風美子(ふみこ)と名乗る女は、左織と疎開先が
LIFE
松波 太郎
人生・家族
アフターダーク
村上 春樹
人生・人間
一見して書き込み等はありません。表紙にキズがあります。
演歌の虫
山口 洋子
人間・人生
演歌歌手を育てて世に出すことに情熱を燃やすレコード会社のディレクターの夢と挫折を、冷めているようで暖かい女性作詞家の眼で描く「演歌の虫」、毎日美しく髪を結っては旦那が訪ねて来るのを待ち続ける老芸妓の心
模倣の殺意
中町 信
ミステリー・死・自殺・事件
七月七日の午後七時、新進作家、坂井正夫が青酸カリによる服毒死を遂げた。遺書はなかったが、世を儚んでの自殺として処理された。坂井に編集雑務を頼んでいた医学書系の出版社に勤める中田秋子は、彼の部屋で偶然行
殺人出産
村田 沙耶香
社会・死・自殺
「産み人」となり、10人産めば、1人殺してもいい──。そんな「殺人出産制度」が認められた世界では、「産み人」は命を作る尊い存在として崇められていた。育子の職場でも、またひとり「産み人」となり、人々の賞
人質の朗読会
小川 洋子
人間・死・自殺・人生
遠く隔絶された場所から、彼らの声は届いた――紙をめくる音、咳払い、慎み深い拍手で朗読会が始まる。祈りにも似たその行為に耳を澄ませるのは、人質たちと見張り役の犯人、そして……。人生のささやかな一場面が鮮
いまひとたびの
志水 辰夫
人間・死・自殺・恋愛・愛
泣いた泣いた泣かされた・・・ ただ一直線に愛と死を謳いあげる 究極の9短編 死を意識した途端、生はより輝いて見える。 数々の絶賛を浴びた、志水辰夫初の短編集。
この著者の他の本
仮往生伝試文
志水 辰夫
人生・死・自殺
虚と実、死と生、夢と現の境界を果てしなく越境し、文学の無限の可能性を尽した畢生の傑作。
平均点ランキング