レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
仮往生伝試文
古井 由吉
河出書房新社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
虚と実、死と生、夢と現の境界を果てしなく越境し、文学の無限の可能性を尽した畢生の傑作。
帯情報
今昔の生と死を往還し文学の無限なる深みへ臨む

説話が伝える僧俗の往生
現代の日常に潜む死──
時間を、生と死を果てしなく超越し
小説の可能性を尽した畢生の大作

驚嘆すべき小説である。
ひとはこの小説を反復せざるを得ない。
吉井由吉は現存する世界最大の作家だ。
佐々木中
amazonでの読者の評価
良い
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
バタフライ
平山 瑞穂
群像劇・人生・ドラマ
尾岸七海(13)は母の再婚相手に身体を求められていた。「この男を本当に殺したい」。島薗元治(74)は妻に先立たれ、時間を持て余している。「若い奴は全くなってない」。永淵亨(32)はネットカフェで暮らし
青い種子は太陽のなかにある
寺山 修司
人生・事件
33年後のなんとなくクリスタル
田中 康夫
人間・人生
梟の城
司馬 遼太郎
歴史・時代・人生
リセット・ボタン
伊藤 たかみ
恋愛・愛・死・自殺
何もかも憂鬱な夜に
中村 文則
犯罪・死・自殺・法律
施設で育った刑務官の「僕」は、夫婦を刺殺した二十歳の未決囚・山井を担当している。一週間後に迫る控訴期限が切れれば死刑が確定するが、山井はまだ語らない何かを隠している―。どこか自分に似た山井と接する中で
少女
湊 かなえ
少年・少女・ミステリー・死・自殺
親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら、死を悟ることが
晴天の迷いクジラ
窪 美澄
人生・死・自殺
この著者の他の本
deleディーリー
窪 美澄
アニバーサリー
窪 美澄
親子・女性
七十代にして現役、マタニティスイミング教師の晶子。家族愛から遠ざかって育ち、望まぬ子を宿したカメラマンの真菜。全く違う人生が震災の夜に交差したなら、それは二人の記念日になる。食べる、働く、育てる、生き
レベル7
窪 美澄
ミステリー・不思議
レベル7とは何か? 謎が謎を呼ぶ 緊迫の4日間 どんでん返しの連続が怒涛の如く読者を襲う。 サスペンスの最高峰! 腕に「Level7」と書き込まれ、記憶を失って目
和解
窪 美澄
親子・家族
平均点ランキング