レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
羊と鋼の森
宮下 奈都
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
★★2016年本屋大賞 大賞受賞作★★

ゆるされている。世界と調和している。
それがどんなに素晴らしいことか。
言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。

「才能があるから生きていくんじゃない。そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。(本文より)」

ピアノの調律に魅せられた一人の青年。
彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。
amazonでの読者の感想
・音楽小説
・宮下さんの本でこれが断トツで良かった
・ひとりでも多くの方々に読んでもらいたい
・読み終わった後に力がみなぎってくる
・温かい何かで満たされたような気持ちになった
・日常から離れ無音の読書の快感を与えてくれた
・畳み掛けるラストの疾走感には脱帽
・文章が柔らかで、さわやかな読後感
・物語表現の豊かさは他に類を見ない
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
77
最高
77
最低
77
合計レビュー
1人
女性1人 平均77点
おすすめ
1
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
77点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
11点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
20点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
4点 ★★★★
続編を読みたい
心が温かくなる
とにかく美しい文章に圧倒された。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー
山田 詠美
恋愛・愛・音楽
シューマンの指
奥泉 光
ミステリー・音楽
音大のピアノ科を目指していた私は、後輩の天才ピアニスト永嶺修人が語るシューマンの音楽に傾倒していく。浪人が決まった春休みの夜、高校の音楽室で修人が演奏する「幻想曲」を偶然耳にした直後、プールで女子高生
漂泊者のアリア
古川 薫
人間・音楽
ハイ・ランド、ハード・レイン
岡部 辰彦
青春・音楽
昭和57年夏。たまたま幼い少女に傘を差し伸べたことで、長崎大水害の豪雨の赤い河の中を歩くはめになったパンクスの少年は後々に心を蝕む悲劇に見舞われる。自分の善行が仇となった最悪の不幸に心を潰され闇に佇み
下町ロケット
池井戸 潤
企業・会社・お仕事・宇宙
セブン・デイズ
町田 哲也
お仕事・企業・会社
木下勇介の勤めるトマト証券が、業界大手の朝日証券に買収される。その記事が各新聞を賑わせた朝、勇介の第二子が誕生する。妻のいない一週間、長男の世話をしなければならない勇介の、想像を絶する苦闘の日々が始ま
王妃の館 上
浅田 次郎
コメディー・ユーモア・お仕事
シリウスの道
藤原 伊織
お仕事・ミステリー
脅迫状には25年前の秘密が書かれていた!広告代理店に勤める辰村には、25年前から隠し続ける、友との秘密があった。それが今……。広告業界を舞台に展開する長篇ミステリー
この著者の他の本
君の膵臓をたべたい
藤原 伊織
青春・病気
ある日、高校生の僕は病院で1冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書か
任天堂ノスタルジー 横井軍平とその時代
藤原 伊織
人物伝・自伝・伝記・企業・会社
カリスマ経営者・山内博の右腕として、「ゲーム&ウオッチ」「ゲームボーイ」など黎明期の任天堂のほとんどのヒット作を生み出した伝説の天才開発者・横井軍平の生涯を描く。斬新な発想の陰にあった苦悩とは?※本書
ロック・オブ・モーゼス
藤原 伊織
音楽・青春
「わたしはこのギターから全てを教わった――」いつも俯きながら生きてきた。音楽がわたしに光を与えてくれた。熱情、誇り、挫折、成長――青春の全てがここにある。心を掻き鳴らす、珠玉のロックンロール小説。朝倉
切羽へ
藤原 伊織
恋愛・愛・夫婦
平均点ランキング