レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
白ゆき姫殺人事件
湊 かなえ
集英社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。人々への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報道は過熱する一方。匿名という名の皮をかぶった悪意と集団心理。噂話の矛先は一体誰に刃を向けるのか。傑作長編ミステリー。
amazonでの読者の感想
・IT・インターネット
・猟奇殺人
amazonでの読者の評価
悪い
良本生活での感想・レビュー
平均
79
最高
82
最低
76
合計レビュー
2人
女性2人 平均79点
おすすめ
2
おすすめしない
0
糸井
30代
女性
会社員
白ゆき姫殺人事件
湊 かなえ
82点
億男
川村 元気
67点
ギフテッド
山田 宗樹
87点
本日は大安なり
辻村 深月
69点
82点
★★★★★★★★★★
総合評価
16点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
25点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
4点 ★★★★
先を読まずにいられない
完全に騙された
女性必見
美人社員の黒焦げ遺体の発見から、フリー記者が事件の真相を追及するため、調査を始める。事実なのか噂なのか、人々の嫉妬や悪意など様々な感情に惑わされず、真相を暴くことができるのか。今では日常の一部となったSNSの無責任さや怖さを感じ、また、女性同士のリアルな人間関係の恐い部分を見ました。
76点
★★★★★★★★★★
総合評価
18点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
10点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
23点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
2点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
16点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
ノンフィクションのようなリアルがある
これまで読んだことのないストーリー展開で、とても引き込まれた。ひとりの人物が、複数の者の視点で180°違って描かれるので、どれが本物の主人公の姿なのか、最後までわからなかった。もし自分が事件関係者であったならば、果たして正しく語れるのか、考えさせられた。週刊誌の記事になった時の驚くほどの湾曲した仕上がりに、マス・メディアの怖さ、ネットの恐ろしさを感じる作品だった。おもしろかったです。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
四つの終止符
西村 京太郎
ミステリー・推理・サスペンス
下町のおもちゃ工場で働く晋一は耳の不自由な青年だった。ある日、心臓病で寝たきりの母が怪死する。栄養剤から砒素が検出されたとき、容疑は晋一に集中した。すべてが不利な中で彼は無実を叫びつつ憤死する。そして
模倣の殺意
中町 信
ミステリー・死・自殺・事件
七月七日の午後七時、新進作家、坂井正夫が青酸カリによる服毒死を遂げた。遺書はなかったが、世を儚んでの自殺として処理された。坂井に編集雑務を頼んでいた医学書系の出版社に勤める中田秋子は、彼の部屋で偶然行
叫びと祈り
梓崎 優
推理・ミステリー
砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦、ロシアの修道院で勃発した列聖を巡る悲劇……ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。選考委員を驚嘆させた第5回
十角館の殺人
綾辻 行人
ミステリー・推理
十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読
陽気なギャングは三つ数えろ
伊坂 幸太郎
コメディー・ユーモア・サスペンス
陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋
死のドレスを花婿に
ピエール・ルメートル
サスペンス・警察
『その女アレックス』の原点となる恐怖のイヤミス狂気に駆られて逃亡するソフィー。聡明だった彼女はなぜ全てを失ったのか。悪夢の果てに明らかになる戦慄の悪意とは。驚愕の傑作。
槐(エンジュ)
月村 了衛
サスペンス・ハードボイルド
春にして君を離れ
アガサ・クリスティー
サスペンス・家族
優しい夫、よき子供に恵まれ、女は理想の家庭を築き上げたことに満ち足りていた。が、娘の病気見舞いを終えてバクダードからイギリスへ帰る途中で出会った友人との会話から、それまでの親子関係、夫婦の愛情に疑問を
この著者の他の本
物語のおわり
アガサ・クリスティー
人生・群像劇
あなたなら、どんな結末にしますか? 「未完の物語」を手にしたとき、新たなる人生の歯車が動き出す。 湊かなえが描く、新境地!
贖罪
アガサ・クリスティー
ミステリー・少年・少女
取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつ
サファイア
アガサ・クリスティー
人間・女性
Nのために
アガサ・クリスティー
ミステリー・恋愛・愛
平均点ランキング