レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
なんとなく、クリスタル
田中 康夫
新潮社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

一九八〇年東京。大学に通うかたわらモデルを続ける由利。なに不自由ない豊かな生活、でも未来は少しだけ不透明。彼女の目から日本社会の豊かさとその終焉を予見した、永遠の名作。
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
75
最高
81
最低
70
合計レビュー
2人
男性2人 平均75点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
81点
★★★★★★★★★★
総合評価
16点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
21点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
15点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
人生観がひっくり返る
価値観を大きく変えられた
生涯忘れられない本
33年後のなんとなくクリスタルが読みたくなってその前に33年ぶりに再読。当時読んだときには中学生だったので、本文と併記されていた本文以上の情報量の注釈で理解できたのが松山千春(地方ブームに乗って全国を駆け回り・・・六本木に事務所を構える)とビリージョエル(ニューヨークの松山千春)位?
ただそれこそ「なんとなく」このまま大学生になりたいなぁとかやっぱり東京って凄いなぁって、合わせてみた映画とAOR満載のサントラに大した知見もないのに凄くあこがれたのを思い出す。久々に読んでみたら、容姿にも経済的にも恵まれた女子大生たちがなんとなく気に行ったことを、気に入った場所で気に入った相手と自由気ままに生きているって感じの中身なのだが、その後迎えるバブルの萌芽期のニッポンのただ漠然と未来は今よりきっといいはずって高揚感があって、いま振り返るといい時代だったんだなぁって、できたら今の若者にもこんな高揚感があったらニッポンは良くなるのかもって、あり得ない想像をしてしまいました。
Uncle S
50代
男性
自営業
70点
★★★★★★★★★★
総合評価
15点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
9点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
21点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
13点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
昔の自分を思い出す
思わず買ってしまった
著者とほぼ同年代で、80年に読みカタログ的な影響を受けた
私自身、当時,流行語にもなったクリスタル世代ではあるが
まるで実感はなかったし、その定義すらわからないのだが…
今回、読み直してみてもクリスタル族とは何か良くわからない

しかし、あらためて画期的な一冊であったと思う
解説の高橋源一郎氏は賞めすぎかと思うがww
たしかに、解説だけでも読めてしまう充実度がある
小説としては、心に何も残らないが、知識だけは充分に得ることが出来る

30年前の、ある種類の若者達は今でも存在する
若者のライフスタイルの変化はあるようでないのかもしれない
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
モーターサイクル・ダイアリーズ
エルネスト・チェ ゲバラ
ロード・旅・青春
二十三歳の医学生エルネストは、親友アルベルトと共に中古のバイクに乗って南米大陸縦断の旅に出る。金も泊まるあてもなく、喘ぐバイクでアンデスを超え、船倉に隠れて密航し、いかだでアマゾン川を下る。様々な出会
鴨川ホルモー
万城目 学
青春・恋愛・愛
このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。このごろ都にはやるもの
青春デンデケデケデケ
芦原 すなお
音楽・青春
初恋
中原 みすず
事件・青春・恋愛・愛
最高の男たちによる最高権力者への挑戦―それが「三億円事件」だった!犯行に関わった人物が31年後に明かした完全犯罪の全貌!衝撃のノンフィクション・ノベル。
明日の子供たち
有川 浩
子供・社会
車輪の下
ヘルマン・ヘッセ
少年・少女・人生・社会
誇りと喜びにあふれて首都の神学校に入学したハンスがそこで見出したものは、詰めこみ主義の教育と規則ずくめの寄宿舎生活であり、多感で反抗的な友人の放校であった。疲れ果てて父の家に戻った彼は機械工として再び
孤愁の岸
杉本 苑子
歴史・時代・社会
文庫。中古です。並程度。カバースレ有。小口微シミ有。商品カバーとイメージ画像とに相違がある場合がございます。稀に書き込み、傷み等がある場合がございますのでご了承下さい。過度に状態を気にされる方および中
遠い国からの殺人者
笹倉 明
犯罪・社会
「男の人が倒れている」110番通報の女の声には妙ななまりがあった──。マンションで死んでいたのは大学を中退した無職の若い男。姿をくらましたのは同居していた外国人ストリップ・ダンサー。彼女の身に一体何が
この著者の他の本
なんとなく、クリスタル
笹倉 明
青春・社会
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。一九八〇年東京。
33年後のなんとなくクリスタル
笹倉 明
人間・人生
1980年代に大学生だった彼女たちは、いま50代になった。日本社会の“黄昏”を予見した空前のベストセラーから33年。「豊かな時代」を過ごした彼女たちは今、何を思い、どう生きているのか?
平均点ランキング