レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
なんとなく、クリスタル
田中 康夫
新潮社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
75
最高
81
最低
70
合計レビュー
2人
男性2人 平均75点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
81点
★★★★★★★★★★
総合評価
16点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
21点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
15点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
人生観がひっくり返る
価値観を大きく変えられた
生涯忘れられない本
33年後のなんとなくクリスタルが読みたくなってその前に33年ぶりに再読。当時読んだときには中学生だったので、本文と併記されていた本文以上の情報量の注釈で理解できたのが松山千春(地方ブームに乗って全国を駆け回り・・・六本木に事務所を構える)とビリージョエル(ニューヨークの松山千春)位?
ただそれこそ「なんとなく」このまま大学生になりたいなぁとかやっぱり東京って凄いなぁって、合わせてみた映画とAOR満載のサントラに大した知見もないのに凄くあこがれたのを思い出す。久々に読んでみたら、容姿にも経済的にも恵まれた女子大生たちがなんとなく気に行ったことを、気に入った場所で気に入った相手と自由気ままに生きているって感じの中身なのだが、その後迎えるバブルの萌芽期のニッポンのただ漠然と未来は今よりきっといいはずって高揚感があって、いま振り返るといい時代だったんだなぁって、できたら今の若者にもこんな高揚感があったらニッポンは良くなるのかもって、あり得ない想像をしてしまいました。
Uncle S
50代
男性
自営業
70点
★★★★★★★★★★
総合評価
15点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
9点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
21点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
13点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
昔の自分を思い出す
思わず買ってしまった
著者とほぼ同年代で、80年に読みカタログ的な影響を受けた
私自身、当時,流行語にもなったクリスタル世代ではあるが
まるで実感はなかったし、その定義すらわからないのだが…
今回、読み直してみてもクリスタル族とは何か良くわからない

しかし、あらためて画期的な一冊であったと思う
解説の高橋源一郎氏は賞めすぎかと思うがww
たしかに、解説だけでも読めてしまう充実度がある
小説としては、心に何も残らないが、知識だけは充分に得ることが出来る

30年前の、ある種類の若者達は今でも存在する
若者のライフスタイルの変化はあるようでないのかもしれない
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
青春ロボット
佐久本 庸介
SF・青春
中学生のなかに紛れ込んだ、人間そっくりの「ロボット」手崎零(てざき・れい)は人間を幸せにするために、常に最適な行動をとっていた。だが、ある出来事により自身がロボットだと周りに気づかれ、友人たちとの関係
星に願いを、月に祈りを
中村 航
青春・恋愛・愛・不思議
「100回泣くこと」作者の新たなる代表作!小学生のアキオ、大介、麻里は、夏の学童キャンプで、夜、ホタルを見るため、宿を抜け出し、川に向かう。ようやく川にたどり着いた3人は、偶然ラジオから流れる謎の深夜
風が強く吹いている
三浦 しをん
青春・スポーツ
君だったのか、俺が探していたのは。走れ、「速く」ではなく「強く」。目指すは箱根駅伝――!! 走るために生まれながら、走ることから見放されかけていた清瀬と蔵原。2人は無謀にも陸上とは無縁だった8人と「箱
終点のあの子
柚木 麻子
青春・学校・少年・少女
オール讀物新人賞を受賞し、繊細な描写が各紙誌で絶賛された、注目の著者のデビュー作。「揺れ動く思春期の心理を見事に描いた秀作、というより力作だ」(篠田節子選考委員)と賞された受賞作「フォーゲットミー、ノ
神の手(上)
久坂部 羊
社会・医療
21歳の末期がん患者・古林章太郎の激痛を取り除くため外科医の白川は最後の手段として安楽死を選んだ。だが章太郎の母・康代はそれを告発した。殺人か過失致死か。状況は限りなく不利だったが謎の圧力で白川は不起
64(ロクヨン)
横山 秀夫
警察・社会
北斗 ある殺人者の回心
石田 衣良
人生・社会
【第8回中央公論文芸賞受賞作】両親から激しい虐待を受けて育った少年、北斗。誰にも愛されず、愛することも知らない彼は、高校生の時、父親の死をきっかけに里親の綾子に引き取られ、人生で初めて安らぎを得る。し
娼年
石田 衣良
恋愛・愛・社会
恋愛にも大学生活にも退屈し、うつろな毎日を過ごしていたリョウ、二十歳。だが、バイト先のバーにあらわれた、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香から誘われ、とまどいながらも「娼夫」の仕事をはじめる。や
この著者の他の本
なんとなく、クリスタル
石田 衣良
青春・社会
33年後のなんとなくクリスタル
石田 衣良
人間・人生
平均点ランキング