レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち
山田 詠美
幻冬舎
ジャンル
あらすじ・内容紹介
ひとつの家族となるべく、東京郊外の一軒家に移り住んだ二組の親子。それは幸せな人生作りの、完璧な再出発かと思われた。しかし、落雷とともに訪れた長男の死をきっかけに、母がアルコール依存症となり、一家の姿は激変する。「人生よ、私を楽しませてくれてありがとう」。絶望から再生した温かい家族たちが語りだす、喪失から始まる愛惜の物語。
帯情報
誰もが、誰かの、かけがえのない大切な人。

失ったものは、家族の一員であると同時に、幸福を留めるための重要なねじだった──。
amazonでの読者の感想
・泣ける
・家族小説
・親しい人の死
amazonでの読者の評価
最高
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
共喰い
田中 慎弥
性愛・官能・家族
一つ年上の幼馴染、千種と付き合う十七歳の遠馬は、父と父の女の琴子と暮らしていた。セックスのときに琴子を殴る父と自分は違うと、自らに言い聞かせる遠馬だったが、やがて内から沸きあがる衝動に戸惑いつつも、次
ブッデンブローク家の人びと
トーマス・マン
家族・人生
「ある家族の没落」という副題が示すようにドイツの一ブルジョア家庭の変遷を四代にわたって描く。初代当主は一八世紀啓蒙思想に鍛えられた実業家である。代を追うにつれこの家庭を、精神的・芸術的なものが支配し、
家族写真
荻原 浩
家族・人生
ちっちゃい赤ん坊だった準子が嫁に行くんだぞ――男手一つで育てた娘を嫁がせる「結婚しようよ」。あの主人公が同年代の54歳と知って愕然とする「磯野波平を探して」。もはや見ないふりできない肥満解消のため家族
起終点駅(ターミナル)
桜木 紫乃
現代・家族
直木賞作家桜木紫乃作品、初の映画化原作!「かたちないもの」笹野真理子は函館の神父・角田吾朗から「竹原基樹の納骨式に出席してほしい」という手紙を受け取る。「海鳥の行方」道報新聞釧路支社の新人記者・山岸里

小池 真理子
恋愛・愛・性愛・官能
〔直木賞受賞作〕連合赤軍が浅間山荘事件を起こし、日本国中を震撼させた一九七二年冬。当時学生だった矢野布美子は、大学助教授の片瀬信太郎と妻の雛子の優雅で奔放な魅力に心奪われ、かれら二人との倒錯した恋にの
箱入り息子の恋
市井 昌秀
恋愛・愛・結婚
天雫健太郎は、自宅と職場である市役所をただ行き来する生活を送っている35歳。息子の将来を案じた両親は、代理見合いに参加し、今井家の一人娘・奈穂子とお見合いするチャンスを掴む。奈穂子にひと目ぼれした健太
さようなら、ギャングたち
高橋 源一郎
恋愛・愛・不思議
詩人の「わたし」と恋人の「S・B(ソング・ブック)」と猫の「ヘンリー4世」が営む超現実的な愛の生活を独創的な文体で描く。発表時、吉本隆明が「現在までのところポップ文学の最高の作品だと思う。村上春樹があ
小さいおうち
中島 京子
恋愛・愛・女性
昭和6年、若く美しい時子奥様との出会いが長年の奉公のなかでも特に忘れがたい日々の始まりだった。女中という職業に誇りをもち、思い出をノートに綴る老女、タキ。モダンな風物や戦争に向かう世相をよそに続く穏や
死後
芥川 竜之介
夫婦・死・自殺
大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の後期の短編小説。初出は「改造」[1925(大正14)年]。単行本未収録であり、「芥川龍之介全集」第12巻に収録された。不眠気味の「僕」が妻の傍らで夫婦の因縁
悼む人
天童 荒太
死・自殺・人間
全国を放浪し、死者を悼む旅を続ける坂築静人。彼を巡り、夫を殺した女、 人間不信の雑誌記者、末期癌の母らのドラマが繰り広げられる
殺人出産
村田 沙耶香
社会・死・自殺
「産み人」となり、10人産めば、1人殺してもいい──。そんな「殺人出産制度」が認められた世界では、「産み人」は命を作る尊い存在として崇められていた。育子の職場でも、またひとり「産み人」となり、人々の賞賛を
カシオペアの丘で
重松 清
人生・病気・死・自殺
この著者の他の本
明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち
重松 清
家族・恋愛・愛・死・自殺
ひとつの家族となるべく、東京郊外の一軒家に移り住んだ二組の親子。それは幸せな人生作りの、完璧な再出発かと思われた。しかし、落雷とともに訪れた長男の死をきっかけに、母がアルコール依存症となり、一家の姿は
ぼくは勉強ができない
重松 清
青春・学校
不朽の青春小説が今再び!勉強はできないが女にはモテる――高校生・時田秀美に女は皆ときめき、男は皆あこがれた。著者書き下ろしメッセージも収録。
蝶々の纏足
重松 清
少年・少女・青春・友情・友達
少女たちは悩み苦しむ。 思春期の蛹を破って蝶へ変身するために。
ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー
重松 清
恋愛・愛・音楽
初恋も、喧嘩別れも、死に別れも、そして旅立ちの日も、暖かく心に蘇らせるソウル・ミュージックが響く連作恋愛小説。大センセーションを巻き起こした直木賞受賞作にして、著者の代表作。
平均点ランキング