レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
象と耳鳴り
恩田 陸
祥伝社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
「あたくし、象を見ると耳鳴りがするんです」退職判事関根多佳雄が博物館の帰りに立ち寄った喫茶店。カウンターで見知らぬ上品な老婦人が語り始めたのは、少女時代に英国で遭遇した、象による奇怪な殺人事件だった。だが婦人が去ったのち、多佳雄はその昔話の嘘を看破した。蝶ネクタイの店主が呟く彼女の真実。そしてこのささやかな挿話には、さらに意外な結末が待ち受けていた...。(表題作)ねじれた記憶、謎の中の謎、目眩く仕掛け、そして意表を衝く論理!ミステリ界注目の才能が紡ぎだした傑作本格推理コレクション。
帯情報
パズラー作品集としての『像と耳鳴り』の成果は、ほとんど奇蹟的である。

これほどの高レベルの作品集は、あるいは恩田本人の力をもってしても生涯に二冊以上は編めないのではないか、と危ぶんでしまうほどに。──西澤保彦(解説より)


幻惑と恍惚の本格推理コレクション!


ミステリ界の"奇蹟"の一冊

法月倫太郎氏脱帽、西澤保彦氏驚倒

なにげないテーマに潜む謎を、鮮やかな手さばきで解き明かす論理の芳醇なる結晶。
amazonでの読者の感想
・安楽椅子探偵
・日常の謎・日常ミステリー
amazonでの読者の評価
最高
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
猿丸幻視行
井沢 元彦
ミステリー・歴史・時代・推理
奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞くときぞ秋は悲しき――百人一首にも登場する伝説の歌人、猿丸大夫が詠んだ歌に秘められた謎。そして“いろは歌”に隠された1000年の暗号とは? 友人の不可解な死に遭遇した、後
のぞきめ
三津田 信三
ミステリー・ホラー・怪談
禁じられた廃村に紛れ込み恐怖の体験をしたあげく、次々怪異に襲われる若者たち。そこは「弔い村」の異名をもち「のぞきめ」という化物の伝承が残る、曰くつきの村だった──。ミステリとホラーの絶妙な融合!
第三の時効
横山 秀夫
ミステリー・警察
イントゥルーダー
高嶋 哲夫
ミステリー・家族
憎悪の化石 鬼貫警部事件簿4
鮎川 哲也
ミステリー・警察・推理
熱海の旅館で湯田真壁(ゆだまかべ)なる男が殺された。所持品から特定の人物を脅喝していた疑惑が浮上、湯田に恨みを持つ者を絞り込む捜査陣だが、疑いのある人物にはすべてアリバイが成立していた。捜査は行き詰ま
四つの終止符
西村 京太郎
ミステリー・推理・サスペンス
下町のおもちゃ工場で働く晋一は耳の不自由な青年だった。ある日、心臓病で寝たきりの母が怪死する。栄養剤から砒素が検出されたとき、容疑は晋一に集中した。すべてが不利な中で彼は無実を叫びつつ憤死する。そして
さよならの手口
若竹 七海
ミステリー・推理
長野殺人事件 浅見光彦シリーズ
内田 康夫
サスペンス・推理
品川区役所で働く直子は、税金の督促で訪ねた男から、彼女が長野県出身者なのを理由に書類を渡される。一カ月後、その男・岡根は長野県内で遺体で発見された。周囲に怪しい男も出現し、不安に怯えた直子は夫の友人・
この著者の他の本
象と耳鳴り
内田 康夫
ミステリー・推理
「あたくし、象を見ると耳鳴りがするんです」退職判事関根多佳雄が博物館の帰りに立ち寄った喫茶店。カウンターで見知らぬ上品な老婦人が語り始めたのは、少女時代に英国で遭遇した、象による奇怪な殺人事件だった。
六番目の小夜子
内田 康夫
ミステリー・学校・青春
津村沙世子――とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今
三月は深き紅の淵を
内田 康夫
ミステリー・本・読書
鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に2泊3日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、10年以上探しても見つからない稀覯本(きこうぼん)
ネバーランド
内田 康夫
青春・学校
平均点ランキング