レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
聖母
秋吉 理香子
双葉社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
東京都藍出市で、幼稚園児の遺体が発見された。被害者は死後に性的暴行を加えられていた。事件のニュースを見た主婦・保奈美は、大切なひとり娘も狙われるのでは、と恐怖を覚える。警察は懸命に捜査を続けるが、犯人は一向に捕まらない。娘を守るため、母がとった行動とは。『暗黒女子』の著者が放つ驚愕の長編ミステリー!
帯情報
ラスト20ページ、世界は一変する。

『暗黒女子』の著者が放つ
驚愕の長編サスペンス・ミステリー!

幼稚園児が遺体で見つかった。
猟奇的な手口に町は震撼する。
そのとき、母は──。

「この子を、娘を、守ってみせる。そのためなら何でもする」
amazonでの読者の感想
・せつない
・どんでん返し
・猟奇殺人
・母親
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
80
最高
80
最低
80
合計レビュー
1人
女性1人 平均80点
おすすめ
1
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
80点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
11点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
24点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
時間を忘れて一気読み
最後の最後まで面白かったです。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
亜愛一郎の狼狽
泡坂 妻夫
ミステリー・推理・探偵
雲や虫など奇妙な写真を専門に撮影する青年カメラマン亜愛一郎は、長身で端麗な顔立ちにもかかわらず、運動神経はまるでなく、グズでドジなブラウン神父型のキャラクターである。ところがいったん事件に遭遇すると、
13階段
高野 和明
法律・ミステリー
13階段 (講談社文庫) [文庫] [Aug 10, 2004] 高野 和明
殺人鬼フジコの衝動
真梨 幸子
ミステリー・ホラー・怪談・犯罪
一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして、新たな人生を歩み始めた十歳の少女。だが、彼女の人生はいつしか狂い始めた。またひとり、彼女は人を殺す。何が少女を伝説の殺人鬼・フジコにしてしまったのか? あとが
鍵の掛かった男
有栖川 有栖
ミステリー・推理
2015年、1月、大阪市中之島の古き良きプチホテル「銀星ホテル」で一人の男・梨田稔(69)が死んだ。警察は自殺による縊死(いし=首くくり)と断定。ところが、梨田が自殺したと納得できない一人の人間がいた
緋の天空
葉室 麟
歴史・時代・女性・人物伝
最低。
紗倉 まな
女性・人間・性
元AV女優の母親を憎む少女。家族に内緒で活動を続ける人気AV女優。男に誘われ上京したススキノの女。夫が所持するAVを見て応募した妻――。四人の女優を巡る連作短編小説。
霧 ウラル
桜木 紫乃
女性・経済・政治・ヤクザ
国境の街・北海道根室。有力者の娘・珠生が恋に落ちたのは、北の海の汚れ仕事を牛耳る相羽組の組長だった。
笹の舟で海をわたる
角田 光代
人生・女性・歴史・時代
『本の雑誌』が選ぶ 2014年ベスト10(ノンジャンル)の第1位 獲得! ! 終戦から10年、主人公・左織(さおり)は22歳の時、銀座で女に声をかけられる。風美子(ふみこ)と名乗る女は、左織と疎開先が
掏摸 (スリ)
中村 文則
ハードボイルド・犯罪
東京を仕事場にする天才スリ師。ある日、彼は「最悪」の男と再会する。男の名は木崎、かつて仕事をともにした闇社会に生きる男。木崎は彼に、こう囁いた。「これから三つの仕事をこなせ。失敗すれば、お前を殺す。逃げれ
白夜行
東野 圭吾
犯罪・ミステリー
公開処刑人 森のくまさん
堀内 公太郎
ミステリー・犯罪
虚ろな十字架
東野 圭吾
ミステリー・犯罪
別れた妻が殺された。もし、あのとき離婚していなければ、私はまた遺族になるところだった。東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、深い思索に裏付けられた予想もつかない展開。私たちはまた、答えの出ない問いに立ち尽
この著者の他の本
聖母
東野 圭吾
ミステリー・女性・犯罪
東京都藍出市で、幼稚園児の遺体が発見された。被害者は死後に性的暴行を加えられていた。事件のニュースを見た主婦・保奈美は、大切なひとり娘も狙われるのでは、と恐怖を覚える。警察は懸命に捜査を続けるが、犯人
暗黒女子
東野 圭吾
自殺予定日
東野 圭吾
絶対正義
東野 圭吾
平均点ランキング