レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
大放言
百田 尚樹
新潮社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
大マスコミ、バカな若者、無能な政治家、偽善の言論・・・

炎上覚悟。
amazonでの読者の感想
・痛快
・言いたい放題
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
80
最高
80
最低
80
合計レビュー
1人
男性1人 平均80点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
80点
★★★★★★★★★★
総合評価
21点 / 25点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
役立ち度
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
印象
17点 / 20点
読みやすさ
5点 ★★★★★
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
内容
15点 / 20点
考えさせられる度
5点 ★★★★★
即効性
4点 ★★★★
生き方への影響度
3点 ★★★★★
結論の納得度
3点 ★★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
考えさせられる本
一石を投じる本
これまでの価値観を揺さぶる
すべてが中庸、マスコミに作らてた論調こそ正論でそれを鵜呑みにする、そんな風潮の世の中こういう極端な問題提起も面白いと思った。作者の個人が好きか嫌いかだけで判断しないで読んでみてもよいと思う。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
なぜ時代劇は滅びるのか
春日 太一
映画・ドラマ・思想・評論
『水戸黄門』も終了し、もはや瀕死の時代劇。衰退の原因は「つまらなくなったから」に他ならない。「自然体」しか演じられない役者、「いい脇役・悪役」の不在、マンネリを打破できない監督、説明ばかりの脚本、朝ド
国家の攻防/興亡 領土、紛争、戦争のインテリジェンス
佐藤 優
思想・評論・武器
聞き出す力
吉田 豪
自己啓発・思想・評論
現代屈指のインタビュアーが、これまで接した著名人とのエピソードを通じて明かす、相手からいかに話を引き出すかのテクニック! AKB48に長渕剛、古舘伊知郎から森善朗元首相まで……と、ジャンルを問わない多
いま生きる「資本論」
佐藤 優
経済・思想・評論
私たちの社会はどんなカラクリで動いているのか。自分の立っている場所はどこなのか。それさえ分れば、無駄な努力をせず楽しい人生を送ることも可能だ。アベノミクス、ビットコイン、佐村河内騒動、など現在のトピッ
この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた
ルイス・ダートネル
社会・ノンフィクション・科学
文明が滅びたあと、どう生き残るのか?穀物の栽培や鉄の精錬、医薬品の作り方など、文明再建の方法から、身の回りのさまざまな科学技術について知り、「科学とは何か?」を考える!
資本主義の終焉、その先の世界
水野 和夫
経済・社会・国
「より速く、より遠くに、より合理的に」という近代の行動原理で展開してきた資本主義がいま、限界を迎えている。グローバリゼーションの進展によりフロンティアは消失し、先進各国は低成長時代に入った。もはや資本
大人の迷子たち
岩崎 俊一
思想・評論・社会
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
社会・日本・思想・評論
成長社会に戻ることのないいま、私たちは、そろそろ価値観を転換しなければならないのではないか。あたらしい「この国のかたち」を模索し、私たち日本人のあり方を考察した、これからの日本論!/絶賛の声、続々! 
この著者の他の本
ミノタウロス
平田オリザ
歴史・時代・人間・海外・外国
帝政ロシア崩壊直後の、ウクライナ地方、ミハイロフカ。成り上がり地主の小倅(こせがれ)、ヴァシリ・ペトローヴィチは、人を殺して故郷を蹴り出て、同じような流れ者たちと悪の限りを尽くしながら狂奔する。発表さ
リセット・ボタン
平田オリザ
恋愛・愛・死・自殺
弥勒
平田オリザ
経済・政治・戦争・海外・外国
ヒマラヤの小国・パスキムは、独自の仏教美術に彩られた美しい王国だ。新聞社社員・永岡英彰は、政変で国交を断絶したパスキムに単身で潜入を試みるが、そこで目にしたものは虐殺された僧侶たちの姿だった。そして永
天使の柩
平田オリザ
恋愛・愛・現代