Warning: file_get_contents(https://www.amazon.co.jp/%E9%8D%B5%E3%81%AE%E6%8E%9B%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E7%94%B7-%E5%B9%BB%E5%86%AC%E8%88%8E%E5%8D%98%E8%A1%8C%E6%9C%AC-%E6%9C%89%E6%A0%96%E5%B7%9D%E6%9C%89%E6%A0%96-ebook/dp/B017932R3S?SubscriptionId=AKIAIKDVKBSMBJUACPQQ&tag=s0368-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B017932R3S): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 鍵の掛かった男 (有栖川 有栖)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
鍵の掛かった男
有栖川 有栖
幻冬舎
ジャンル
あらすじ・内容紹介
2015年、1月、大阪市中之島の古き良きプチホテル「銀星ホテル」で一人の男・梨田稔(69)が死んだ。警察は自殺による縊死(いし=首くくり)と断定。ところが、梨田が自殺したと納得できない一人の人間がいた。同ホテルを大阪での定宿にしている大御所女流作家の影浦浪子である。梨田は、5年ほど銀星ホテルのスイートルームに住み続け、ホテルの支配人をはじめとする従業員や常連客からも愛され、しかも2億円以上の預金があった。梨田が自殺するはずない(=他殺なのではないか)と影浦は直観し、その死の謎の解明を、同業者であるミステリ作家の有栖川有栖と、その友人で犯罪社会学者の大学准教授・火村英生に依頼した。火村が大学の入学試験ですぐに行動できないために、まずは有栖川有栖の単独調査となった。が、梨田はまったく身寄りがない上に、これまでの来歴にかんする手がかりがほとんどなく、どんな人物像を描けばいいのか、まったく闇の中で、その人生は「鍵の掛かった男」としか言いようのないものだった。生前の梨田を知る者たちが認識していた梨田とは誰だったのか? 結局、自殺したのか、他殺だったのか。他殺だとすれば誰が犯人なのか? 有栖川有栖の地道な調査で少しずつ過去が明らかになり、そこへ入学試験業務を終えた火村も調査に加わり、思いもしない結末が関係者全員を待ち受けていた。
帯情報
密室よりも冷たく堅く閉じた、孤独な男の壮絶な過去とは?

<火村英生シリーズ>13年ぶりの書き下ろし!

人間の謎を、人生の真実で射抜いた、傑作長編ミステリ。
amazonでの読者の感想
・本格推理
・殺人事件
・骨のある本格ミステリであり非常にロジカル
・この小説って一種の旅情ミステリ
・先を知りたくなり飽きさせない文章
・皮を一枚ずつ剥いでいくようなミステリーの王道
amazonでの読者の評価
良い
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ユリゴコロ
沼田 まほかる
ミステリー・恋愛・愛
ある一家で見つかった「ユリゴコロ」と題されたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。この一家の過去にいったい何があったのか? 絶望的な暗黒の世界から一転、深い愛へと辿り着くラストま
柔らかな頬〈上〉
桐野 夏生
ミステリー・親子
マイ国家
星 新一
コメディー・ユーモア・ミステリー・国
マイホームを“マイ国家”として独立宣言した男がいた。訪れた銀行外勤係は、不法侵入・スパイ容疑で、たちまち逮捕。犯罪か? 狂気か?――世間の常識や通念を、新鮮奇抜な発想でくつがえし、一見平和な文明社会に
陰摩羅鬼の瑕(1)
京極 夏彦
ミステリー・推理
「花嫁が死ぬんですよ、呪いで」謎の洋館「鳥の城」の主、「伯爵」こと由良昂允は、四度も妻を婚礼の夜に失っていた。五人目の花嫁の命を守るべく、探偵・榎木津礼二郎と、小説家・関口巽は、昂允の依頼を受け、白樺
メイン・ディッシュ
北森 鴻
ミステリー・料理・推理
小劇団「紅神楽」を主宰する女優・紅林ユリエの恋人で同居人のミケさんは料理の達人にして名探偵。どんなに難しい事件でも、とびきりの料理を作りながら、見事に解決してくれる。でも、そんなミケさん自身にも、誰に
花の下にて春死なむ
北森 鴻
ミステリー・探偵・推理
第52回日本推理作家協会賞、短編および連作短編集部門受賞作。謎の先に人生の悲哀が横たわる傑作ミステリー集。年老いた俳人・片岡草魚が、自分の部屋でひっそりと死んだ。その窓辺に咲いた季節はずれの桜が、さら
さよならの手口
若竹 七海
ミステリー・推理
白い兎が逃げる
有栖川 有栖
ミステリー・推理
ストーカー行為に悩む劇団の看板女優・清水伶奈。彼女を変質者から引き離す計画は成功したはずだった。ところが、ストーカーが兎小屋の裏で死体となって発見される。追いかけていたはずの彼が―。鉄道に絡むトリック
この著者の他の本
暗い宿
有栖川 有栖
ミステリー・不思議
犯人当てゲーム〈トロピカル・ミステリー・ナイト〉に参加するため、南の島のリゾートホテルを訪れた臨床犯罪学者・火村英生と推理作家・有栖川有栖。バカンス気分で、のんびり過ごしていた2人だったが、訳ありげな
作家小説
有栖川 有栖
ミステリー・その他
ベストセラーを生産するための機械にとりつかれた作家。締切二日前に一行も書けず、くだらないアイデアばかりが浮かんで悶絶する作家。出身地のサイン会で、次々とおかしな客に見舞われる作家。この他、笑う作家、怒
白い兎が逃げる
有栖川 有栖
ミステリー・推理
ストーカー行為に悩む劇団の看板女優・清水伶奈。彼女を変質者から引き離す計画は成功したはずだった。ところが、ストーカーが兎小屋の裏で死体となって発見される。追いかけていたはずの彼が―。鉄道に絡むトリック
鍵の掛かった男
有栖川 有栖
ミステリー・推理
2015年、1月、大阪市中之島の古き良きプチホテル「銀星ホテル」で一人の男・梨田稔(69)が死んだ。警察は自殺による縊死(いし=首くくり)と断定。ところが、梨田が自殺したと納得できない一人の人間がいた
平均点ランキング