レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
33年後のなんとなくクリスタル
田中 康夫
河出書房新社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
1980年代に大学生だった彼女たちは、いま50代になった。日本社会の“黄昏”を予見した空前のベストセラーから33年。「豊かな時代」を過ごした彼女たちは今、何を思い、どう生きているのか?
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
75
最高
82
最低
68
合計レビュー
2人
男性2人 平均75点
おすすめ
2
おすすめしない
0
Uncle S
50代
男性
自営業
68点
★★★★★★★★★★
総合評価
13点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
11点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
21点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
10点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
13点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
昔の自分を思い出す
考えさせられる本
賛否両論が渦巻いた「なんとなくクリスタル」から33年後のお話。
今回の主人公は著者その人。
デビュー本で時の人となり、タレントとしても人気者になった著者は長野県知事へと転身し、さらには国政へ進出した。知事時代の大胆な改革や政治手法は小説同様、斬新で,これも賛否両論あったが存在感を示していた。しかし、国政進出後は手腕を発揮したとは言いがたい状態で2012年の選挙で落選した。その様な人生を振り返り、「なんとなくクリスタル」で主人公のモデルになった女性やその当時の人間関係の,再構築を軸に話は進んでいく。完全に私小説なので、政治家時代の実績や,理解されなかった事実に解説などを加えて,自らの過去を立証している。同年代としては、充分に理解も共感も出来るが、何かを学んだり、悟ったりする小説ではない。注釈がふんだんに入るスタイルも33年前と同じだが,こちらはインパクトに欠けていた。やはり、「なんとなくクリスタル」には及ばないが、最後の数ページに書かれている、彼の考えには共感できた。
読む方は、「なんとなくクリスタル」を再読されてから読むことをお奨めする。
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
82点
★★★★★★★★★★
総合評価
18点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
23点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
考えさせられる本
どこが面白いのか説明できないけど、面白い
思わず買ってしまった
33年前のなんとなくクリスタル(元クリ)の時代の日本の高揚感からバブルを経て、金融資本主義の今に至る33年の日本はこの「33年後のなんとなくクリスタル」の「前に向かってるとばかり思っていたら、後ろだったり横だったり、別の方向に進んでいたのに気付いてしまった。そんな居心地の悪さかな。」の1文に象徴されているんだと思った。元クリから主人公は筆者であるヤッシーに変わって、元クリの主人公の由利たちと再会する物語。懐かしさとともに、それぞれ33年の人生を全然違う環境で生きているのだが、ベースはなんとなく自由に生きていた学生時代。そんな主人公たちにはやっぱり今も憧れる。
40代50代なんて当時から考えたら、もう人生終盤で考えることも達観できるのかなぁて思っていたが、その年代になってもなまじ社会の一部を知ってしまったことで、さらに悩みが深く大きく、もがいているのは結局同じ。
これからも主人公同様「同じ場所に立ち止まっているようにしか見えなくても身の丈で生きていく」ってことなんでしょうか?このあと33年後は生きていないと思うので、10年後くらいでまた主人公たちに会ってみたいです。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
村上 春樹
人間・人生
多崎つくる、鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。何の理由も告げられずに――。死の淵を一
海を見ていたジョニー
五木 寛之
音楽・人間
少年は姉と二人、海辺の町でピアノのあるバーを経営していた。少年の楽しみは閉店後に、海岸で出会った黒人兵・ジョニーと、ベース弾きの健ちゃんの三人で、ジャズを演奏することだった。が、何ヶ月かして、ジョニー
漂泊者のアリア
古川 薫
人間・音楽
失われた町
三崎 亜記
不思議・人間
ある日、突然にひとつの町から住人が消失した――三十年ごとに起きるといわれる、町の「消失」。不可解なこの現象は、悲しみを察知してさらにその範囲を広げていく。そのため、人々は悲しむことを禁じられ、失われた
ぶどうのなみだ
三島 有紀子
人生・料理
億男
川村 元気
お金・人生
「お金と幸せの答えを教えてあげよう」宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。浮かれる間もなく不安に襲われた一男は「お金と幸せの答え」を求めて大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねる。だがそ
映画篇
金城 一紀
人間・人生
横道世之介
吉田 修一
青春・人生
楽しい。涙があふれる。2009年度最高の傑作感動長編!「王様のブランチ」「朝日新聞」ほか多数メディアで激賞。横道世之介。長崎の港町生まれ。その由来は『好色一代男』と思い切ってはみたものの、限りなく埼玉
この著者の他の本
なんとなく、クリスタル
吉田 修一
青春・社会
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。一九八〇年東京。
33年後のなんとなくクリスタル
吉田 修一
人間・人生
1980年代に大学生だった彼女たちは、いま50代になった。日本社会の“黄昏”を予見した空前のベストセラーから33年。「豊かな時代」を過ごした彼女たちは今、何を思い、どう生きているのか?
平均点ランキング