レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
終わらない歌
宮下 奈都
実業之日本社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
声楽を志して音大に進学した御木元玲は、自分の歌に価値を見いだせなくて、もがいている。ミュージカル女優をめざす原千夏は、なかなかオーディションに受からない。惑い悩む二十歳のふたりは、突然訪れた「若手公演」の舞台でどんな歌声を響かせるのか。名作『よろこびの歌』の三年後を描き、宮下小説ワールド屈指の熱量を放つ青春群像劇、待望の文庫化! 解説を執筆したキャラメルボックスの成井豊氏も「凄い作家に出会ってしまった」と大絶賛。本書を読み終えたあなたは、奮い立たずにはいられない! 解説/成井豊
帯情報
覚えている?

希望の調べ。
歌うよろこび。
それは、どこまでもつながっていく。
明日へ、もっと、ずっと先へ──

今、あのときの未来だよ

傑作『よろこびの歌』から3年。
いま、新たな名作が誕生した!


「凄い作家に出会ってしまった」
成井豊氏激賞!(劇作家・演出家/演劇集団キャラメルボックス代表)

読み終えたあなたは奮い立たずにいられない。
amazonでの読者の感想
・泣ける
・若者の成長
amazonでの読者の評価
最高
良本生活での感想・レビュー
平均
72
最高
72
最低
72
合計レビュー
1人
男性1人 平均72点
おすすめ
0
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
72点
★★★★★★★★★★
総合評価
13点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
22点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
良い読後感を味わえる
ほろりと涙が出る
読みながら登場人物たちを思わず応援したくなった気持ちがいい本。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ルパンの消息
横山 秀夫
ミステリー・サスペンス・青春
15年前、自殺とされた女性教師の墜落死は実は殺人――。警視庁に入った一本のタレ込みで事件が息を吹き返す。当時、期末テスト奪取を計画した高校生3人が校舎内に忍び込んでいた。捜査陣が二つの事件の結び付きを
走ル
羽田 圭介
青春・ロード・旅
なんとなく、クリスタル
田中 康夫
青春・社会
よろこびの歌
宮下 奈都
青春・音楽・少年・少女
著名なヴァイオリニストの娘で、声楽を志す御木元玲は、音大附属高校の受験に失敗、新設女子高の普通科に進む。挫折感から同級生との交わりを拒み、母親へのコンプレックスからも抜け出せない玲。しかし、校内合唱コ
ロック・オブ・モーゼス
花村 萬月
音楽・青春
「わたしはこのギターから全てを教わった――」いつも俯きながら生きてきた。音楽がわたしに光を与えてくれた。熱情、誇り、挫折、成長――青春の全てがここにある。心を掻き鳴らす、珠玉のロックンロール小説。朝倉
ハイ・ランド、ハード・レイン
岡部 辰彦
青春・音楽
昭和57年夏。たまたま幼い少女に傘を差し伸べたことで、長崎大水害の豪雨の赤い河の中を歩くはめになったパンクスの少年は後々に心を蝕む悲劇に見舞われる。自分の善行が仇となった最悪の不幸に心を潰され闇に佇み
船に乗れ! Ⅰ
藤谷 治
青春・音楽
羊と鋼の森
宮下 奈都
音楽・お仕事
★★2016年本屋大賞 大賞受賞作★★ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。「才能があるから生きていくんじゃない。そん
マリアビートル
伊坂 幸太郎
サスペンス・群像劇
酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。物騒な奴らを乗せた東北新幹線は疾走する! 『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。
白をつなぐ
まはら 三桃
スポーツ・群像劇
難関中学の入試問題出題に好まれている作者と主題
あなたの明かりが消えること
柴崎 竜人
家族・夫婦・群像劇
バタフライ
平山 瑞穂
群像劇・人生・ドラマ
尾岸七海(13)は母の再婚相手に身体を求められていた。「この男を本当に殺したい」。島薗元治(74)は妻に先立たれ、時間を持て余している。「若い奴は全くなってない」。永淵亨(32)はネットカフェで暮らし、所
この著者の他の本
終わらない歌
平山 瑞穂
青春・音楽・群像劇
声楽を志して音大に進学した御木元玲は、自分の歌に価値を見いだせなくて、もがいている。ミュージカル女優をめざす原千夏は、なかなかオーディションに受からない。惑い悩む二十歳のふたりは、突然訪れた「若手公演
よろこびの歌
平山 瑞穂
青春・音楽・少年・少女
著名なヴァイオリニストの娘で、声楽を志す御木元玲は、音大附属高校の受験に失敗、新設女子高の普通科に進む。挫折感から同級生との交わりを拒み、母親へのコンプレックスからも抜け出せない玲。しかし、校内合唱コ
羊と鋼の森
平山 瑞穂
音楽・お仕事
★★2016年本屋大賞 大賞受賞作★★ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。「才能があるから生きていくんじゃない。そん
誰かが足りない
平山 瑞穂
人生・人間
平均点ランキング