Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 九年前の祈り (小野 正嗣)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
九年前の祈り
小野 正嗣
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
普通
受賞歴
芥川賞受賞
良本生活での感想・レビュー
平均
52
最高
52
最低
52
合計レビュー
1人
男性1人 平均52点
おすすめ
0
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
52点
★★★★★★★★★★
総合評価
10点 / 20点
満足度
2点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
2点 ★★★★★
文章力
8点 / 15点
スピード感
2点 ★★★★★
読みやすさ
2点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
16点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
2点 ★★★★★
結末の納得度
2点 ★★★★★
読後感
7点 / 15点
読後の影響度
2点 ★★★★★
読後のあと味
2点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
11点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
2点 ★★★★★
思わず買ってしまった
ほろりと涙が出る
表題の「九年前の祈りの」他、微妙にリンクする4つの中編・短編による作品。芥川賞受賞ということで読んでみましたが、正直なところ、描写がくどすぎて何度も読み直さないと何を書いているか分からない部分が多く、ストーリーに入っていく事が難しかった。
国際結婚後、離婚、障害を抱えた息子と故郷に戻ってきたシングルマザーが主人公で、地元で同じように発達障害を抱えた息子を持つ女性の過去の姿、想いに、今の自分を重ね合わせてその祈る気持ちを理解していくってことなんでしょうが主人公「さなえ」を中心にもっと深く描いても良かったのでは、他の短編の登場人物の部分が中途半端に感じました。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
流星の絆
東野 圭吾
ミステリー・家族
「流星の絆 」 著者  東野圭吾  発行者 野間佐和子   発行所 ㈱ 講談社  2008年3月5日 第1刷 2008年10月14日 第13刷 価格1700円+(税)
きみはいい子
中脇 初枝
家族・親子
時の渚
笹本 稜平
家族・ミステリー
さくら
西 加奈子
家族・人生
太陽・惑星
上田 岳弘
現代・ファンタジー
アフリカの赤ちゃん工場、新宿のデリヘル、パリの蚤の市、インドの湖畔。地球上の様々な出来事が交錯し、飽くなき欲望の果て不老不死を実現した人類が、考えうるすべての経験をし尽くしたとき、太陽による錬金術が完
鉄の骨
池井戸 潤
企業・会社・現代
中堅ゼネコン一松組の若手、富島平太が異動した先は、「談合課」と揶揄される、大口公共事業の受注部署だった。今度の地下鉄工事を取らないと、ウチが傾くぞ――たしかな技術力を武器に、真正面から入札に挑もうとす
七つの会議
池井戸 潤
現代・企業・会社
トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不
モダン
原田 マハ
芸術・美術・現代
ニューヨークの中心、マンハッタンに存在し、1920年代から「ザ・モダン」と呼ばれたモダンアートの殿堂。それが「MoMA」ニューヨーク近代美術館。近現代美術、工業デザインなどを収集し、20世紀以降の美術
この著者の他の本
獅子渡り鼻
原田 マハ
家族・恋愛・愛
小さな入り江と低い山並みに挟まれた土地に十歳の尊は連れて来られた。言葉が話せず体も動かせない兄と尊を、都会の狭い部屋に残していなくなった母があれほど嫌っていた田舎。豊かな自然と大人たち、霊的なるものに
九年前の祈り
原田 マハ
家族・現代
平均点ランキング