レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
イン・ザ・プール
奥田 英朗
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
悩める人よ、伊良部総合病院神経科へ
「いらっしゃーい」

こいつ、本当に医者か!?

直木賞受賞作『空中ブランコ』につながるトンデモ精神科医・伊良部デビュー作


伊良部は、患者のために自分を演じる人物。
強烈なキャラだけど、やりがいのある役だった。
──阿部寛さん・テレビドラマで伊良部を主演
amazonでの読者の感想
・現代人の心の狂いを指摘してくれる
・自分の心が重病になる前に気づけるかも
・とにかく、面白い
・読後、なんだか心が軽くなる
・この癒しを多くの方に体験してほしい
amazonでの読者の評価
良い
メディアミックス
ドラマ化
良本生活での感想・レビュー
平均
94
最高
94
最低
94
合計レビュー
1人
男性1人 平均94点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
94点
★★★★★★★★★
総合評価
20点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
27点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
19点 / 20点
表紙
5点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
5点 ★★★★★
声を出して笑ってしまった
この著者の代表作
面白すぎて我慢できない
ドクター伊良部シリーズとにかく最高!
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
どろにやいと
戌井 昭人
冒険・医療
神の手(上)
久坂部 羊
社会・医療
21歳の末期がん患者・古林章太郎の激痛を取り除くため外科医の白川は最後の手段として安楽死を選んだ。だが章太郎の母・康代はそれを告発した。殺人か過失致死か。状況は限りなく不利だったが謎の圧力で白川は不起
ロスト・ケア
葉真中 顕
現代・医療
ハーモニー
伊藤 計劃
SF・医療
〈ベストセラー『虐殺器官』の著者による“最後”のオリジナル作品〉これは、“人類”の最終局面に立ち会ったふたりの女性の物語——急逝した著者がユートピアの臨界点を活写した日本SF大賞受賞作※本文中にHTM
夏の災厄
篠田 節子
パニック・病気
プリズム
百田 尚樹
恋愛・愛・病気
君の膵臓をたべたい
住野 よる
青春・病気
ある日、高校生の僕は病院で1冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書か
アルジャーノンに花束を
ダニエル キイス
病気・人間・SF
32歳で幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイは、ある日、ネズミのアルジャーノンと同じ画期的な脳外科手術を受ければ頭がよくなると告げられる。手術を受けたチャーリイは、超天才に変貌していくが……人生の
帰って来たヒトラー
ティムール・ヴェルメシュ
SF・コメディー・ユーモア・タイムトラベル
2011年8月にヒトラーが突然ベルリンで目覚める。彼は自殺したことを覚えていない。まわりの人間は彼のことをヒトラーそっくりの芸人だと思い込み、彼の発言すべてを強烈なブラックジョークだと解釈する。勘違いが勘
オロロ畑でつかまえて ユニバーサル広告社シリーズ
荻原 浩
企業・会社・コメディー・ユーモア
【第10回小説すばる新人賞受賞作】人口わずか三百人。主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ、オロロ豆。超過疎化にあえぐ日本の秘境・大牛郡牛穴村が、村の起死回生を賭けて立ち上がった! ところが手を組んだ相手は倒
デブを捨てに
平山 夢明
コメディー・ユーモア・人間
新釈 走れメロス 他四篇
森見 登美彦
コメディー・ユーモア・文学・古典
あの名作が京都の街によみがえる!?「真の友情」を示すため、古都を全力で「逃走」する21世紀の大学生メロス(「走れメロス」)。恋人の助言で書いた小説で一躍人気作家となった男の悲哀(「桜の森の満開の下」)…馬
この著者の他の本
田舎でロックンロール
森見 登美彦
エッセイ・青春
ウランバーナの森
森見 登美彦
人生・幽霊・化け物
イン・ザ・プール
森見 登美彦
医療・病気・コメディー・ユーモア
我が家のヒミツ
森見 登美彦
家族・人生
家の中には秘密(ドラマ)がいっぱい どこにでもいる普通の家族の、ささやかで愛おしい物語6編
平均点ランキング