レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
イン・ザ・プール
奥田 英朗
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
体調不良のはずが水泳中毒に、ケータイがないと冷や汗がでる、勃起して、ずーっとそのまま直らない。藁をもつかむ思いで訪れた神経科で患者たちを待っていたのは──とてつもなくヘンな医者だった! カバと見まごう巨体を揺らし、度外れた好奇心で患者の私生活に踏み込み、やりたい放題。でもなぜか病は快方へ……? 続篇『空中ブランコ』で直木賞受賞、現代世相の病理をコミカルかつ軽妙な筆致で描き出す。精神科医・伊良部の突出した存在感が笑いを招く!
帯情報
悩める人よ、伊良部総合病院神経科へ
「いらっしゃーい」

こいつ、本当に医者か!?

直木賞受賞作『空中ブランコ』につながるトンデモ精神科医・伊良部デビュー作


伊良部は、患者のために自分を演じる人物。
強烈なキャラだけど、やりがいのある役だった。
──阿部寛さん・テレビドラマで伊良部を主演
amazonでの読者の感想
・現代人の心の狂いを指摘してくれる
・自分の心が重病になる前に気づけるかも
・とにかく、面白い
・読後、なんだか心が軽くなる
・この癒しを多くの方に体験してほしい
amazonでの読者の評価
良い
メディアミックス
ドラマ化
良本生活での感想・レビュー
平均
94
最高
94
最低
94
合計レビュー
1人
男性1人 平均94点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
94点
★★★★★★★★★
総合評価
20点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
27点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
19点 / 20点
表紙
5点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
5点 ★★★★★
声を出して笑ってしまった
この著者の代表作
面白すぎて我慢できない
ドクター伊良部シリーズとにかく最高!
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
神様のカルテ
夏川 草介
医療・人生
2011年8月27日、全国東宝系にて映画公開!第十回 小学館 文庫小説賞受賞、2010年本屋大賞 第2位。神の手を持つ医者はいなくても、この病院では奇蹟が起きる。栗原一止(いちと)は信州にある「24時
カレイドスコープの箱庭
海堂 尊
ミステリー・医療
エクソダス症候群
宮内 悠介
医療・宇宙
驚異の新鋭が放つ、初の書下し長編舞台は火星開拓地、テーマは精神医療史。 すべての精神疾患が管理下に置かれた近未来、それでも人々は死を求めた――10棟からなるその病院は、火星の丘の斜面に、カバラの“生命
心室細動
結城 五郎
ミステリー・医療
カシオペアの丘で
重松 清
人生・病気・死・自殺
長いお別れ
中島 京子
家族・病気
帰り道は忘れても、難読漢字はすらすらわかる。妻の名前を言えなくても、顔を見れば、安心しきった顔をする――。東家の大黒柱、東昇平はかつて区立中学の校長や公立図書館の館長をつとめたが、十年ほど前から認知症
夏の災厄
篠田 節子
パニック・病気
どこにでもあるような町にミクロの災いは舞い降りた。熱にうなされ痙攣を起こしながら倒れていく人々。後手にまわる行政の対応。現代生活のもろさを20年も前に予言していた、警鐘を鳴らす書!
イン・ザ・プール
奥田 英朗
医療・病気・コメディー・ユーモア
体調不良のはずが水泳中毒に、ケータイがないと冷や汗がでる、勃起して、ずーっとそのまま直らない。藁をもつかむ思いで訪れた神経科で患者たちを待っていたのは──とてつもなくヘンな医者だった! カバと見まごう
ナリン殿下への回想
橘 外男
コメディー・ユーモア・戦争
まんしゅう家の憂鬱
まんしゅう きつこ
エッセイ・コメディー・ユーモア
父と弟の決闘? オムツ倶楽部の面接? 脚フェチ撮影会? 「お母さん超はずかしいよ」 ──まんしゅうきつこ母 大人気ブログ「まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど」ついに書籍化!
すっぽん心中
戌井 昭人
コメディー・ユーモア・冒険
変化を求めず、目の前で起こることをやり過ごすのが人生だと思っていた休職中の田野と痛い目に遭いつづけながら、あっけらかんとしているモモ。不忍池で出会った二人は霞ヶ浦にむかう(「すっぽん心中」)。スイッチの入
陽気なギャングは三つ数えろ
伊坂 幸太郎
コメディー・ユーモア・サスペンス
陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴
この著者の他の本
ウランバーナの森
伊坂 幸太郎
人生・幽霊・化け物
噂の女
伊坂 幸太郎
女性・世にも奇妙な物語
ナオミとカナコ
伊坂 幸太郎
サスペンス・犯罪
サウスバウンド
伊坂 幸太郎
家族・親子
父は国家権力が大嫌い。どうやらその筋では有名な元過激派で、学校なんて行くなと言ったり、担任の先生にからんだり、とにかくムチャクチャだ。そんな父が突然、沖縄・西表島(いりおもてじま)に移住すると言い出し
平均点ランキング