レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
車輪の下
ヘルマン・ヘッセ
新潮社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
誇りと喜びにあふれて首都の神学校に入学したハンスがそこで見出したものは、詰めこみ主義の教育と規則ずくめの寄宿舎生活であり、多感で反抗的な友人の放校であった。疲れ果てて父の家に戻った彼は機械工として再び人生を始めようとするが...。重い「車輪の下」にあえなく傷つく少年の魂を描くヘッセ(1877‐1962)の永遠の青春小説。
ウィキペディアであらすじを見る
amazonでの読者の感想
・世界を代表する文学作品の金字塔
・永遠に残したい素晴らしい作品
・つらいときこの本は支えになってくれた
・青年期の詰め込み教育を真っ向から反対している本
・自殺者に死ぬ前に読ませたい
・無理をしてつらかったりする人に読んでもらいたい
・若者よりも大人が読む方がグッとくる本
・人生は他人のためのじゃないことを感じさせてくれた
・涙が止まりませんでした
・思春期の子供たちへお勧めしたい
・世界を代表する文学作品の金字塔
・永遠に残したい素晴らしい作品
・つらいときこの本は支えになってくれた
・青年期の詰め込み教育を真っ向から反対している本
・自殺者に死ぬ前に読ませたい
・無理をしてつらかったりする人に読んでもらいたい
・若者よりも大人が読む方がグッとくる本
・人生は他人のためのじゃないことを感じさせてくれた
・涙が止まりませんでした
・思春期の子供たちへお勧めしたい
amazonでの読者の評価
良い
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
蹴りたい背中
綿矢 りさ
青春・少年・少女
第130回芥川賞受賞作品。高校に入ったばかりの“にな川”と“ハツ”はクラスの余り者同士。やがてハツは、あるアイドルに夢中の蜷川の存在が気になってゆく……いびつな友情? それとも臆病な恋!? 不器用さゆ
星を撃ち落とす
友桐 夏
ミステリー・青春・少年・少女
「嘘をついていたのはあなた? それとも私?」多感な少女たちの心を描く青春ミステリ。世界に憧れる有騎、いつも一緒の鮎子と茉歩。三人の女子高生の友情は問題児の美雲と関わったことで変化していく。四人の間に緊
芽むしり仔撃ち
大江 健三郎
社会・少年・少女
絶望的な"閉ざされた"状況にあって、疎外された少年たちが築き上げる奇妙な連帯感。知的な抒情と劇的な展開に、監禁された状況下の人間存在という戦後的主題を鮮やかに定着させた長編。ノーベル賞を受賞した大江健
少女
湊 かなえ
少年・少女・ミステリー・死・自殺
親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら、死を悟ることが
万延元年のフットボール
大江 健三郎
人生・人間
友人の死に導かれ夜明けの穴にうずくまる僕。地獄を所有し、安保闘争で傷ついた鷹四。障害児を出産した菜採子。苦渋に満ちた登場人物たちが、四国の谷間の村をさして軽快に出発した。万延元年の村の一揆をなぞるよう
アイネクライネナハトムジーク
伊坂 幸太郎
人間・人生
虞美人草
夏目 漱石
人間・人生
漱石における悲劇の誕生というべき画期的な作品。「生か死か」という第一主義の道にこそ人間の真の生き方があるという漱石独自のセオリーは、以後の漱石文学の方向である。明治40年、40歳の漱石は一切の教職を辞
猫を抱いて象と泳ぐ
小川 洋子
ゲーム・人生・少年・少女
「大きくなること、それは悲劇である」──この警句を胸に11歳の身体のまま成長を止めた少年は、からくり人形を操りチェスを指す。その名もリトル・アリョーヒン。盤面の海に無限の可能性を見出す彼は、自分の姿を
オールド・テロリスト
村上 龍
社会・老人
バラカ
桐野 夏生
SF・サスペンス・社会
震災のため、原発四基がすべて爆発した! 警戒区域で発見された一人の少女「バラカ」。彼女がその後の世界を変えていく存在だったとは――。ありえたかもしれない日本で――世界で蠢く男と女、その愛と憎悪。想像を遥か
娼年
石田 衣良
恋愛・愛・社会
恋愛にも大学生活にも退屈し、うつろな毎日を過ごしていたリョウ、二十歳。だが、バイト先のバーにあらわれた、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香から誘われ、とまどいながらも「娼夫」の仕事をはじめる。やがて
希望の国のエクソダス
村上 龍
SF・社会
バブル崩壊の2年前、著者は『愛と幻想のファシズム』で、戦後日本が作りあげてきたシステムに拮抗する「狩猟社」を登場させ、世界経済と格闘させた。13年後、教育をテーマにした本書で、著者は再び経済と出あう。金融
この著者の他の本
車輪の下
村上 龍
少年・少女・人生・社会
誇りと喜びにあふれて首都の神学校に入学したハンスがそこで見出したものは、詰めこみ主義の教育と規則ずくめの寄宿舎生活であり、多感で反抗的な友人の放校であった。疲れ果てて父の家に戻った彼は機械工として再び
平均点ランキング