レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
車輪の下
ヘルマン・ヘッセ
新潮社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
『少年の日の思い出』『車輪の下』など青春を描いた作家として知られる文豪ヘッセが、生死病苦をテーマにエッセイ、詩を綴る最晩年の作品集。老いにたどりついた者だけが知ることのできる、秘かな悦びと人生の煌めきがここにある。
ウィキペディアであらすじを見る
amazonでの読者の感想
・世界を代表する文学作品の金字塔
・永遠に残したい素晴らしい作品
・つらいときこの本は支えになってくれた
・青年期の詰め込み教育を真っ向から反対している本
・自殺者に死ぬ前に読ませたい
・無理をしてつらかったりする人に読んでもらいたい
・若者よりも大人が読む方がグッとくる本
・人生は他人のためのじゃないことを感じさせてくれた
・涙が止まりませんでした
・思春期の子供たちへお勧めしたい
・世界を代表する文学作品の金字塔
・永遠に残したい素晴らしい作品
・つらいときこの本は支えになってくれた
・青年期の詰め込み教育を真っ向から反対している本
・自殺者に死ぬ前に読ませたい
・無理をしてつらかったりする人に読んでもらいたい
・若者よりも大人が読む方がグッとくる本
・人生は他人のためのじゃないことを感じさせてくれた
・涙が止まりませんでした
・思春期の子供たちへお勧めしたい
amazonでの読者の評価
良い
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
終点のあの子
柚木 麻子
青春・学校・少年・少女
オール讀物新人賞を受賞し、繊細な描写が各紙誌で絶賛された、注目の著者のデビュー作。「揺れ動く思春期の心理を見事に描いた秀作、というより力作だ」(篠田節子選考委員)と賞された受賞作「フォーゲットミー、ノ
猫を抱いて象と泳ぐ
小川 洋子
ゲーム・人生・少年・少女
「大きくなること、それは悲劇である」──この警句を胸に11歳の身体のまま成長を止めた少年は、からくり人形を操りチェスを指す。その名もリトル・アリョーヒン。盤面の海に無限の可能性を見出す彼は、自分の姿を
私を知らないで
白河 三兎
青春・少年・少女・ミステリー
中2の夏の終わり、転校生の「僕」は不思議な少女と出会った。誰よりも美しい彼女は、なぜか「キヨコ」と呼ばれてクラス中から無視されている。「僕」はキヨコの存在が気になり、あとを尾行するが……。少年時代のひ
あこがれ
川上 未映子
少年・少女・人生
みんな、いつか遠くへ行ってしまう。 本当の自分を知っているのにね。 生きること、いなくなること、強くなること ──人生のとても柔らかな場所をそっと照らしだす物語。 いちばん大切な人に贈りた
神様のカルテ
夏川 草介
医療・人生
2011年8月27日、全国東宝系にて映画公開!第十回 小学館 文庫小説賞受賞、2010年本屋大賞 第2位。神の手を持つ医者はいなくても、この病院では奇蹟が起きる。栗原一止(いちと)は信州にある「24時
スイングアウト・ブラザース
石田 衣良
人生・人間・恋愛・愛
大学卒業から11年、ほぼ同時に彼女に振られた同級生3人組。冴えない彼らは、大学時代のあこがれの先輩・河島美紗子がはじめた男性向けエステティックサロンの第1期特待生になった。腕利き講師たちが用意した数々
車輪の下
ヘルマン・ヘッセ
少年・少女・人生・社会
『少年の日の思い出』『車輪の下』など青春を描いた作家として知られる文豪ヘッセが、生死病苦をテーマにエッセイ、詩を綴る最晩年の作品集。老いにたどりついた者だけが知ることのできる、秘かな悦びと人生の煌めき
それぞれの終楽章
阿部 牧郎
人生・人間
自殺した同級生の葬儀に故郷秋田を訪れた作家がふりかえる自らの生の軌跡。友と聴いたクラシック、仲間と励んだ雪の中の野球……万引事件や生家の破産を越えて胸に迫るのは懐しい思い出の数々。人生の終楽章を迎えて
日の名残り
カズオ・イシグロ
歴史・時代・社会・海外・外国
短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々……。遠い思い出は輝きなが
なんとなく、クリスタル
田中 康夫
青春・社会
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。一九八〇年東京。大学
売国
真山 仁
社会・謀略
遠い国からの殺人者
笹倉 明
犯罪・社会
「男の人が倒れている」110番通報の女の声には妙ななまりがあった──。マンションで死んでいたのは大学を中退した無職の若い男。姿をくらましたのは同居していた外国人ストリップ・ダンサー。彼女の身に一体何が起こ
この著者の他の本
車輪の下
笹倉 明
少年・少女・人生・社会
『少年の日の思い出』『車輪の下』など青春を描いた作家として知られる文豪ヘッセが、生死病苦をテーマにエッセイ、詩を綴る最晩年の作品集。老いにたどりついた者だけが知ることのできる、秘かな悦びと人生の煌めき
平均点ランキング