レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
火星に住むつもりかい?
伊坂 幸太郎
光文社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
94
最高
94
最低
94
合計レビュー
1人
男性1人 平均94点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
94点
★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
29点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
18点 / 20点
表紙
5点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
ページをめくる手が止められない
独特な世界観
映画化希望
今回は超人が出てくるのではなく、不思議な物体。最初はだれがヒーロー(犯人)なのかちょっと推理っぽい要素もあって、最後はいつものようにブラフで巻いていたものが一気に繋がっていく得意のパターン。そこにどんでん返しの要素もあって、いつものように一気読み。ある意味現代社会を反映させていて、それを極端に設定しているが、作者らしくそこをシニカルに描いていて共感できました。これだけ作品を書いても楽しませてくれるとはやぱりこの作家は凄いです。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
アンダーグラウンド・マーケット
藤井 太洋
パニック・現代
正直
松浦 弥太郎
エッセイ・現代
スペードの3
朝井 リョウ
青春・現代
袋小路の男
絲山 秋子
恋愛・愛・現代
高校の先輩、小田切孝に出会ったその時から、大谷日向子の思いは募っていった。大学に進学して、社会人になっても、指さえ触れることもなく、ただ思い続けた12年。それでも日向子の気持ちが、離れることはなかった
ボッコちゃん
星 新一
SF・ファンタジー
スマートなユーモア、ユニークな着想、シャープな諷刺にあふれ、光り輝く小宇宙群! 日本SFのパイオニア星新一のショートショート集。表題作品をはじめ「おーい でてこーい」「殺し屋ですのよ」「月の光」「暑さ
日本アパッチ族
小松 左京
SF・ファンタジー
戦後大阪に出没した、「アパッチ」。屑鉄泥棒から鉄を食う怪物「食鉄人種」に変貌した彼らは、やがて大阪の街から飛び出して、日本全国に広がり仲間を増やし、やがて日本政治をゆさぶるまでになっていく――。小松左
淵の王
舞城 王太郎
ホラー・怪談・SF
紙の動物園
ケン・リュウ
SF・不思議
【又吉直樹氏がTVで推薦した話題作】〈ヒューゴー賞/ネビュラ賞/世界幻想文学大賞受賞〉ぼくの母さんは中国人だった。母さんがクリスマス・ギフトの包装紙をつかって作ってくれる折り紙の虎や水牛は、みな命を吹
この著者の他の本
仙台ぐらし
ケン・リュウ
エッセイ・人生
心配性の作家がつづる地方都市生活の魅力と希望。震災で都市機能がマヒしてしまった体験を持つ仙台。そこに暮らすちょっと心配性で、ちょっと自意識過剰な作家の、軽妙で味わい深いエッセイ。途方に暮れた後にたどり
晴れた日は謎を追って がまくら市事件
ケン・リュウ
不思議・事件
架空の都市を舞台に人気作家たちが贈る、不思議な街の道案内。不可能犯罪ばかりが起こる街、蝦蟇倉(がまくら)市。商店街や高校があり、市内電車も走っているこの街は、どこにでもありそうで、どこかおかしい。自殺
グラスホッパー
ケン・リュウ
人間・その他
「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナ
PK
ケン・リュウ
SF・ファンタジー
彼は信じている。時を超えて、勇気は伝染する、と――人は時折、勇気を試される。落下する子供を、間一髪で抱きとめた男。その姿に鼓舞された少年は、年月を経て、今度は自分が試される場面に立つ。勇気と臆病が連鎖
平均点ランキング