Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 火星に住むつもりかい? (伊坂 幸太郎)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
火星に住むつもりかい?
伊坂 幸太郎
光文社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
94
最高
94
最低
94
合計レビュー
1人
男性1人 平均94点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
94点
★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
29点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
18点 / 20点
表紙
5点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
ページをめくる手が止められない
独特な世界観
映画化希望
今回は超人が出てくるのではなく、不思議な物体。最初はだれがヒーロー(犯人)なのかちょっと推理っぽい要素もあって、最後はいつものようにブラフで巻いていたものが一気に繋がっていく得意のパターン。そこにどんでん返しの要素もあって、いつものように一気読み。ある意味現代社会を反映させていて、それを極端に設定しているが、作者らしくそこをシニカルに描いていて共感できました。これだけ作品を書いても楽しませてくれるとはやぱりこの作家は凄いです。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
正直
松浦 弥太郎
エッセイ・現代
銀翼のイカロス
池井戸 潤
現代・企業・会社
天空の蜂
東野 圭吾
サスペンス・現代
モダンタイムス
伊坂 幸太郎
現代・不思議
三日間の幸福
三秋 縋
SF・恋愛・愛・人生
どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。寿命の“査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。 未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になる
火星に住むつもりかい?
伊坂 幸太郎
現代・SF
エディプスの恋人
筒井 康隆
SF・不思議・超能力
ある日、少年の頭上でボールが割れた。音もなく、粉ごなになって。――それが異常の始まりだった。強い“意志”の力に守られた少年の周囲に次々と不思議が起こる。その謎を解明しようとした美しきテレパス七瀬は、い
プロセス・アイ
茂木 健一郎
SF・ファンタジー
上海の郊外の南翔に居を構える高田軍司はニューヨークからサミュエル・ブラザーズの客を待っていた。軍司との業務提携をねらってのことだったが、わざわざの挨拶を断ることもない。彼のスペラティブ理論は、あらたな
この著者の他の本
啼かない鳥は空に溺れる
茂木 健一郎
サスペンス・親子・恋愛・愛
母に愛してほしかった娘。母の愛が重かった娘。結婚を機に二組の「母娘」が向き合うとき、“歪んだ”関係は暴走していく。母と娘の“呪縛”と“依存”をサスペンスフルに描く長篇小説。
時をかける少女
茂木 健一郎
SF・不思議
放課後の誰もいない理科実験室でガラスの割れる音がした。壊れた試験管の液体からただようあまい香り。この匂いをわたしは知っている──そう感じたとき、芳山和子は不意に意識を失い床に倒れてしまった。そして……
廃墟に乞う
茂木 健一郎
警察・事件
梟の城
茂木 健一郎
歴史・時代・人生
平均点ランキング