Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 火星に住むつもりかい? (伊坂 幸太郎)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
火星に住むつもりかい?
伊坂 幸太郎
光文社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
94
最高
94
最低
94
合計レビュー
1人
男性1人 平均94点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
94点
★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
29点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
18点 / 20点
表紙
5点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
ページをめくる手が止められない
独特な世界観
映画化希望
今回は超人が出てくるのではなく、不思議な物体。最初はだれがヒーロー(犯人)なのかちょっと推理っぽい要素もあって、最後はいつものようにブラフで巻いていたものが一気に繋がっていく得意のパターン。そこにどんでん返しの要素もあって、いつものように一気読み。ある意味現代社会を反映させていて、それを極端に設定しているが、作者らしくそこをシニカルに描いていて共感できました。これだけ作品を書いても楽しませてくれるとはやぱりこの作家は凄いです。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
正直
松浦 弥太郎
エッセイ・現代
スペードの3
朝井 リョウ
青春・現代
火星に住むつもりかい?
伊坂 幸太郎
現代・SF
モダンタイムス
伊坂 幸太郎
現代・不思議
人間の顔は食べづらい
白井 智之
ミステリー・SF
安全な食料の確保のため、人間のクローンを食用に飼育するようになった日本。クローン人間の飼育施設で働く和志はある日、除去したはずの生首が商品ケースから発見される事件の容疑者にされ!? 第34回横溝正史ミ
青春ロボット
佐久本 庸介
SF・青春
中学生のなかに紛れ込んだ、人間そっくりの「ロボット」手崎零(てざき・れい)は人間を幸せにするために、常に最適な行動をとっていた。だが、ある出来事により自身がロボットだと周りに気づかれ、友人たちとの関係
新世界より(上)
貴志 祐介
SF・不思議
星を継ぐもの
ジェイムズ・P・ホーガン
SF・宇宙
ハードSFの巨星が一世を風靡した歴史的傑作。星雲賞受賞。月面調査隊が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。すぐさま地球の研究室で綿密な調査が行なわれた結果、驚くべき事実が明らかになった。死体はどの月面
この著者の他の本
吉原手引草
ジェイムズ・P・ホーガン
ミステリー・歴史・時代
今日もいち日、ぶじ日記
ジェイムズ・P・ホーガン
日記・エッセイ
今ここに射す光、雲の動き、体の調子、あの人の言葉、食卓の匂い。ケンカしたって、不安があったって、どんな日もかけがえのない私の一日だから――。こんな時代だからこそ、より大切で愛おしい〈生活〉のかけらを丁
椿山課長の七日間
ジェイムズ・P・ホーガン
幽霊・化け物・人生
海賊とよばれた男
ジェイムズ・P・ホーガン
戦争・企業・会社
平均点ランキング