レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
そして誰もいなくなった
アガサ・クリスティー
早川書房
ジャンル
あらすじ・内容紹介
その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく! 強烈なサスペンスに彩られた最高傑作! 新訳決定版!
ウィキペディアであらすじを見る
amazonでの読者の感想
・これぞミステリー。これぞエンターテイメント
・まさしくミステリーの原点、記念碑
・これ一作でも歴史に残る作家として君臨した
・やはり名作。文句なしに面白い
・いやはや参りました。こりゃー大傑作
・ミステリーの先駆者として本当に凄い作者
・至高のミステリー小説であることには違いない
・エンターテイメントとして完成されたミステリー
・面白い、恐ろしい、そして素晴らしい
・読めば読むほど、作品の面白さに虜になる
amazonでの読者の評価
良い
メディアミックス
映画化 ドラマ化
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
楽園のカンヴァス
原田 マハ
ミステリー・芸術・美術
ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとな
憎悪の化石 鬼貫警部事件簿4
鮎川 哲也
ミステリー・警察・推理
熱海の旅館で湯田真壁(ゆだまかべ)なる男が殺された。所持品から特定の人物を脅喝していた疑惑が浮上、湯田に恨みを持つ者を絞り込む捜査陣だが、疑いのある人物にはすべてアリバイが成立していた。捜査は行き詰ま
オーデュボンの祈り
伊坂 幸太郎
ミステリー・不思議
コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を
祈りの幕が下りる時
東野 圭吾
ミステリー・警察
悲劇なんかじゃないこれがわたしの人生。極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。数々の人生が絡み合う謎に、捜
春にして君を離れ
アガサ・クリスティー
サスペンス・家族
優しい夫、よき子供に恵まれ、女は理想の家庭を築き上げたことに満ち足りていた。が、娘の病気見舞いを終えてバクダードからイギリスへ帰る途中で出会った友人との会話から、それまでの親子関係、夫婦の愛情に疑問を
陽気なギャングは三つ数えろ
伊坂 幸太郎
コメディー・ユーモア・サスペンス
嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女―天才強盗4人組に、最悪のピンチ! 3、2、1、BANG!
太陽の坐る場所
辻村 深月
サスペンス・人間
高校卒業から10年。クラス会で再会した仲間たちの話題は、人気女優となったクラスメートの「キョウコ」のこと。彼女を次のクラス会に呼び出そうと目論む常連メンバーだが、彼女に近づこうと画策することで思春期の
怒り(上)
吉田 修一
ミステリー・サスペンス
白い兎が逃げる
有栖川 有栖
ミステリー・推理
ストーカー行為に悩む劇団の看板女優・清水伶奈。彼女を変質者から引き離す計画は成功したはずだった。ところが、ストーカーが兎小屋の裏で死体となって発見される。追いかけていたはずの彼が―。鉄道に絡むトリックを用
侵入者 自称小説家
折原 一
ミステリー・推理
北区十条で起きた一家四人殺害事件。半年以上経っても解決のめどが立たず、迷宮入りが囁かれる中、“自称小説家”の塚田慎也は遺族から奇妙な依頼を受ける。「この事件を調査してくれないか」――。以前、未解決の資産家
うちの執事が言うことには 4
高里 椎奈
推理・事件
烏丸花頴の若き当主ぶりも板につき、執事の衣更月とも息が合ってきた今日このごろ。前当主である、花頴の父・真一郎が屋敷に帰ってきた。賑やかになった烏丸家だが、そこに新たな事件が……。待望の新章突入!
黒猫の約束あるいは遡行未来
森 晶麿
ミステリー・推理
この著者の他の本
春にして君を離れ
森 晶麿
サスペンス・家族
優しい夫、よき子供に恵まれ、女は理想の家庭を築き上げたことに満ち足りていた。が、娘の病気見舞いを終えてバクダードからイギリスへ帰る途中で出会った友人との会話から、それまでの親子関係、夫婦の愛情に疑問を
そして誰もいなくなった
森 晶麿
ミステリー・サスペンス・推理
その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……そして無気味な童謡の歌
平均点ランキング