レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
禁断の魔術
東野 圭吾
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
ウィキペディアであらすじを見る
帯情報
ここに登場する湯川学は、「シリーズ最高のガリレオ」だと断言しておきます。
──東野圭吾
amazonでの読者の感想
・シリーズ最高のガリレオ
・読み終わった後満足感でいっぱい
・4時間くらいで一気に読んでしまった
・すごく爽やかな清々しい気分になった
・とても大切なことを教えてくれる
・我が身を振り返り考えさせられる
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
83
最高
83
最低
83
合計レビュー
1人
女性1人 平均83点
おすすめ
1
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
iアイ
西加奈子
81点
蛇行する月
桜木 紫乃
66点
これからの誕生日
穂高 明
67点
羊と鋼の森
宮下 奈都
77点
83点
★★★★★★★★★★
総合評価
20点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
23点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
16点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
先を読まずにいられない
ガリレオシリーズ。タイトルから想像していたストーリーとは、違ったが、さすが東野作品と思わせる面白さだった。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
究極の純愛小説を、君に
浦賀 和宏
不思議・ミステリー
富士樹海近くで合宿中の高校生文芸部員達が次々と殺されていく。いったい何故? 殺戮者の正体は? この理不尽かつ不条理な事態から、密かに思いを寄せる少女・美優を守る! 部員の八木剛は決意するも、純愛ゆえの
理由
宮部 みゆき
ミステリー・家族
猿丸幻視行
井沢 元彦
ミステリー・歴史・時代・推理
奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞くときぞ秋は悲しき――百人一首にも登場する伝説の歌人、猿丸大夫が詠んだ歌に秘められた謎。そして“いろは歌”に隠された1000年の暗号とは? 友人の不可解な死に遭遇した、後
首無の如き祟るもの
三津田 信三
ホラー・怪談・ミステリー
奥多摩の山村、媛首(ひめかみ)村。淡首(あおくび)様や首無(くびなし)の化物など、古くから怪異の伝承が色濃き地である。3つに分かれた旧家、秘守(ひがみ)一族、その一守(いちがみ)家の双児の十三夜参りの
容疑者Xの献身
東野 圭吾
ミステリー・推理
彼女が追ってくる
石持 浅海
ミステリー・推理
掟上今日子の備忘録
西尾 維新
ミステリー・推理
掟上今日子――またの名を、忘却探偵。すべてを一日で忘れてしまう彼女は、事件を(ほぼ)即日解決!あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介(かくしだてやくすけ)は今日も叫
黒猫の約束あるいは遡行未来
森 晶麿
ミステリー・推理
フランス滞在中の黒猫は、ラテスト教授からの思想継承のため、イタリアへある塔の調査に向かう。建築家が亡くなり、設計図すらないなかでなぜか建築が続いているという〈遡行する塔〉。だが塔が建つ屋敷の主ヒヌマは
この著者の他の本
禁断の魔術
森 晶麿
ミステリー・推理
天空の蜂
森 晶麿
サスペンス・現代
人魚の眠る家
森 晶麿
親子・子供・死・自殺
人魚の眠る家 [単行本] [Nov 18, 2015] 東野 圭吾
あの頃ぼくらはアホでした
森 晶麿
青春・エッセイ
平均点ランキング