レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
禁断の魔術
東野 圭吾
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
ウィキペディアであらすじを見る
帯情報
ここに登場する湯川学は、「シリーズ最高のガリレオ」だと断言しておきます。
──東野圭吾
amazonでの読者の感想
・シリーズ最高のガリレオ
・読み終わった後満足感でいっぱい
・4時間くらいで一気に読んでしまった
・すごく爽やかな清々しい気分になった
・とても大切なことを教えてくれる
・我が身を振り返り考えさせられる
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
83
最高
83
最低
83
合計レビュー
1人
女性1人 平均83点
おすすめ
1
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
83点
★★★★★★★★★★
総合評価
20点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
23点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
16点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
先を読まずにいられない
ガリレオシリーズ。タイトルから想像していたストーリーとは、違ったが、さすが東野作品と思わせる面白さだった。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
アルモニカ・ディアボリカ
皆川 博子
ミステリー・歴史・時代
第12回本格ミステリ大賞受賞、そして本の雑誌増刊《おすすめ文庫王国2014》国内ミステリー部門第1位に輝いた『開かせていただき光栄です』の待望の続篇、ついに刊行! 前作のラストから5年後の1775年英
悪いものが、来ませんように
芦沢 央
ミステリー・女性・家族
子供にめぐまれず悶々とした日々を送る紗英、子育て中の奈津子。誰よりも気の合う二人を襲った事件とは──。『罪の余白』で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞、気鋭の第2作!
子盗(と)り
海月 ルイ
ミステリー・女性
京都の旧家に嫁いだ榊原美津子は、子供に恵まれずに十数年。本家の跡取りの出産を期待される重圧に耐えかね、妊娠していると言ってしまった美津子は、産院から新生児を連れ去ろうとして看護師・潤子に見咎められる。
白い僧院の殺人
カーター・ディクスン
ミステリー・推理
あいるさん、これは経費ですか? 東京芸能会計事務所
山田 真哉
推理・ミステリー
モデルを目指し上京した竜ヶ水隼人は、ある勘違いから芸能人専門の“会計”事務所に就職、美人だが暴走する所長・天王洲あいるにこき使われる日々を過ごしている。毒舌タレントが突然税理士を変えた本当の理由は? 
死体を買う男
歌野 晶午
推理・事件
乱歩の未発表作品が発見された!? 「白骨記」というタイトルで雑誌に掲載されるや大反響を呼ぶ――南紀・白浜で女装の学生が首吊り自殺を遂げる。男は、毎夜月を見て泣いていたという。乱歩と詩人萩原朔太郎が事件
鍵の掛かった男
有栖川 有栖
ミステリー・推理
2015年、1月、大阪市中之島の古き良きプチホテル「銀星ホテル」で一人の男・梨田稔(69)が死んだ。警察は自殺による縊死(いし=首くくり)と断定。ところが、梨田が自殺したと納得できない一人の人間がいた
そして誰もいなくなった
アガサ・クリスティー
ミステリー・サスペンス・推理
その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……そして無気味な童謡の歌
この著者の他の本
容疑者Xの献身
アガサ・クリスティー
ミステリー・推理
虚ろな十字架
アガサ・クリスティー
ミステリー・犯罪
別れた妻が殺された。もし、あのとき離婚していなければ、私はまた遺族になるところだった。東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、深い思索に裏付けられた予想もつかない展開。私たちはまた、答えの出ない問いに立
歪笑小説
アガサ・クリスティー
本・読書・お仕事
歪笑小説 (集英社文庫) [文庫] [Jan 20, 2012] 東野 圭吾
禁断の魔術
アガサ・クリスティー
ミステリー・推理
平均点ランキング