レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
禁断の魔術
東野 圭吾
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
ウィキペディアであらすじを見る
帯情報
ここに登場する湯川学は、「シリーズ最高のガリレオ」だと断言しておきます。
──東野圭吾
amazonでの読者の感想
・シリーズ最高のガリレオ
・読み終わった後満足感でいっぱい
・4時間くらいで一気に読んでしまった
・すごく爽やかな清々しい気分になった
・とても大切なことを教えてくれる
・我が身を振り返り考えさせられる
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
83
最高
83
最低
83
合計レビュー
1人
女性1人 平均83点
おすすめ
1
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
iアイ
西加奈子
81点
蛇行する月
桜木 紫乃
66点
これからの誕生日
穂高 明
67点
羊と鋼の森
宮下 奈都
77点
83点
★★★★★★★★★★
総合評価
20点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
23点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
16点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
先を読まずにいられない
ガリレオシリーズ。タイトルから想像していたストーリーとは、違ったが、さすが東野作品と思わせる面白さだった。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
八月の獲物
森 純
ミステリー・パニック
黒い白鳥 鬼貫警部シリーズ
鮎川 哲也
ミステリー・推理・警察
第13回日本探偵作家クラブ賞受賞作6月2日早暁、久喜駅近くの線路沿いで男の射殺屍体が発見された。列車の屋根に乗ってそこまで運ばれた男は、労使抗争に揺れる東和紡績の西ノ幡豪輔社長と判明。敗色濃厚な組合側
裏切りの日日(百舌シリーズ)
逢坂 剛
警察・ハードボイルド・ミステリー
人質を楯に、身代金を奪った犯人は、厳重な包囲の中で、ビルの9階からエレベーターに乗り込んだが、1階についた時には消えていた! その頃、近くのマンションで、右翼の大物が何者かに射殺された。“2つの事件は
カラスの親指 by rule of CROW's thumb
道尾 秀介
ミステリー・ハードボイルド
人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を
名探偵に薔薇を
城平 京
ミステリー・推理
侵入者 自称小説家
折原 一
ミステリー・推理
北区十条で起きた一家四人殺害事件。半年以上経っても解決のめどが立たず、迷宮入りが囁かれる中、“自称小説家”の塚田慎也は遺族から奇妙な依頼を受ける。「この事件を調査してくれないか」――。以前、未解決の資
彼女が追ってくる
石持 浅海
ミステリー・推理
十角館の殺人
綾辻 行人
ミステリー・推理
十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読
この著者の他の本
卒業
綾辻 行人
ミステリー・推理
天空の蜂
綾辻 行人
サスペンス・現代
白夜行
綾辻 行人
犯罪・ミステリー
容疑者Xの献身
綾辻 行人
ミステリー・推理
平均点ランキング