Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 マイクロソフトでは出会えなかった天職 (ジョン・ウッド)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
マイクロソフトでは出会えなかった天職
ジョン・ウッド
ダイヤモンド社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
94
最高
94
最低
94
合計レビュー
1人
男性1人 平均94点
おすすめ
1
おすすめしない
0
94点
★★★★★★★★★
総合評価
25点 / 25点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
役立ち度
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
印象
20点 / 20点
読みやすさ
5点 ★★★★★
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
5点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
内容
18点 / 20点
考えさせられる度
5点 ★★★★★
即効性
4点 ★★★★
生き方への影響度
4点 ★★★★
結論の納得度
5点 ★★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
多くの人に読んでもらいたい
一生思い出に残る本
読む価値のある作品
マイクロソフトの幹部を辞めてNPO「ルーム・トゥ・リード」という発展途上国へ図書館や学校を作るボランティアを始めた人の本です。

マイクロソフトの幹部という地位を捨てて、無給の社会企業家になり、さらに世界中にこの組織を広げていく著者の行動力・熱意など「すごい!」だけではなく、読んでいて非常に影響を受けます。

この事業だけの話だけでもすごく面白いし勉強になるのですが、ときどきマイクロソフト時代の話が入ってきて、それがまた良い!

マイクロソフトといえばビル・ゲイツというイメージですが、ナンバー2のスティーブン・アンソニー・バルマーがまたいいキャラなんです。
マイクロソフトの裏側もちょっと覗けます。

社会企業に興味がある人ではなく、普通のビジネスマンに参考になることが書いてあります。

こんなすごい人がいるんだな!と驚嘆とともに、何かやる気がモリモリ湧いてくる本です。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
だから、ぼくは農家をスターにする 『食べる通信』の挑戦
高橋 博之
社会起業・社会起業家・食
全国に広がる“食べもの付き情報誌”が「つくる人」と「食べる人」の新しい関係を生みだす地域の優れた生産者と都市の消費者をつなぐ、史上初の食べもの付き月刊情報誌「食べる通信」は、いまや東北にとどまらず、全
マイクロソフトでは出会えなかった天職
ジョン・ウッド
社会起業・社会起業家・IT・WEB
中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?
NHK_PR1号
経営・ビジネス・IT・WEB
限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭
ジェレミー・リフキン
IT・WEB・経済・社会
ジョブズの料理人 寿司職人、スティーブ・ジョブズとシリコンバレーとの26年
日経BP社出版局(編集) ; 外村 仁(序文)
人物伝・自伝・伝記・料理・IT・WEB
■ひとりの寿司職人が見続けてきたスティーブ・ジョブズの素顔1985年の開店以来、26年にわたってシリコンバレーで寿司・会席料理店を続けてきた佐久間俊雄氏。佐久間氏が店を変えても、17年にわたって通い続
今、世界は日本を求めているか?
田村 耕太郎
グローバル・IT・WEB
この著者の他の本
幽霊たち
田村 耕太郎
人間・探偵
私立探偵ブルーは奇妙な依頼を受けた。変装した男ホワイトから、ブラックを見張るように、と。真向いの部屋から、ブルーは見張り続ける。だが、ブラックの日常に何の変化もない。彼は、ただ毎日何かを書き、読んでい
絶望ノート
田村 耕太郎
サスペンス・ミステリー・不思議
中2の太刀川照音は、いじめられる苦しみを「絶望ノート」と名づけた日記帳に書き連ねた。彼はある日、頭部大の石を見つけ、それを「神」とし、自らの血を捧げ、いじめグループの中心人物・是永の死を祈る。結果、是
サウスバウンド
田村 耕太郎
家族・親子
残り全部バケーション
田村 耕太郎
人間・人生・友情・友達
当たり屋、強請りはお手のもの。あくどい仕事で生計を立てる岡田と溝口。ある日、岡田が先輩の溝口に足を洗いたいと打ち明けたところ、条件として“適当な携帯電話の相手と友達になること”を提示される。デタラメな