レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
三日間の幸福
三秋 縋
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
ジャンル
あらすじ・内容紹介
どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。寿命の“査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。 未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になるが、何をやっても裏目に出る。空回りし続ける俺を醒めた目で見つめる、「監視員」のミヤギ。彼女の為に生きることこそが一番の幸せなのだと気付く頃には、俺の寿命は二か月を切っていた。 ウェブで大人気のエピソードがついに文庫化。 (原題:『寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。』)
帯情報
寿命を買い取ってもらった。
一年につき、一万円で。

ウェブで話題の、「げんふうけい」を描く作家、待望の新作!
amazonでの読者の感想
・いうなれば世界一穏やかな自殺
・少年の頃の夏を想うと不思議な幸福感に包まれる
・人生に迷ったことのある人に読んでもらいたい
・心があたたまる感動話
・一番好きな本
・ハッピーエンドが好きじゃない捻くれ者におすすめ
・この本にはビートルズのアルバムがとても似合う
・読後の感動が忘れられません
・いのち、人生の価値について考えさせられる
・感動すると同時にものすごく晴れやかな気分に
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
77
最高
77
最低
77
合計レビュー
1人
女性1人 平均77点
おすすめ
1
おすすめしない
0
77点
★★★★★★★★★★
総合評価
16点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
22点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
絶対に2回読みたくなる
どこが面白いのか説明できないけど、面白い
自分の寿命を売るという、現実にはなかなか考えられないストーリーだが、読んでいくうちにどんどん物語に引き込まれた。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
新世界より(上)
貴志 祐介
SF・不思議
1000年後の日本。豊かな自然に抱かれた集落、神栖(かみす)66町には純粋無垢な子どもたちの歓声が響く。周囲を注連縄(しめなわ)で囲まれたこの町には、外から穢れが侵入することはない。「神の力(念動力)
三日間の幸福
三秋 縋
SF・恋愛・愛・人生
どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。寿命の“査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。 未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になる
時をかける少女
筒井 康隆
SF・不思議
放課後の誰もいない理科実験室でガラスの割れる音がした。壊れた試験管の液体からただようあまい香り。この匂いをわたしは知っている──そう感じたとき、芳山和子は不意に意識を失い床に倒れてしまった。そして……
ドルフィン・ソングを救え!
樋口 毅宏
SF・不思議・事件
2019年。45歳、結婚経験なし、子どもなしのフリーター・トリコは、人生に絶望して、睡眠薬をまるごとひと瓶飲んで自殺をはかる...。意識を取り戻した先は、昭和の終わり、バブル期まっただ中の1989年の
箱入り息子の恋
市井 昌秀
恋愛・愛・結婚
天雫健太郎は、自宅と職場である市役所をただ行き来する生活を送っている35歳。息子の将来を案じた両親は、代理見合いに参加し、今井家の一人娘・奈穂子とお見合いするチャンスを掴む。奈穂子にひと目ぼれした健太
鳥たち
よしもとばなな
人生・恋愛・愛
それぞれの母親を自殺によって相次いで失った「まこ」と「嵯峨」。二家族が共同生活をしていたアリゾナから日本に帰国して、まこは学校へ通い、嵯峨はパンを作りながら、お互いの存在だけを支えに暮らしはじめる。ヒ
恋文
連城 三紀彦
恋愛・愛・人間
ドールハウス
姫野 カオルコ
親子・人生・恋愛・愛
常軌を逸した強権の父と、身を飾ることを狂気じみて嫌悪する母。一人娘の理加子は29歳になっても「不良になるから」と、髪をのばすことも、気ままに電話することも禁止されている。そんな理加子の前に、仲のよい家
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
村上 春樹
人間・人生
多崎つくる、鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。何の理由も告げられずに――。死の淵を一時さ
abさんご
黒田 夏子
家族・人生
「途方もないものを読ませていただいた」──蓮實重彦・東大元総長の絶賛を浴びて早稲田文学新人賞を受賞した本作は、75歳の著者デビュー作。昭和の知的な家庭に生まれたひとりの幼子が成長し、両親を見送るまでの美し
プラナリア
山本 文緒
女性・人生
「何もかもが面倒くさかった。生きていること自体が面倒くさかったが、自分で死ぬのも面倒くさかった。だったら、もう病院なんか行かずに、がん再発で死ねばいいんじゃないかなとも思うが、正直言ってそれが一番恐かった
青い種子は太陽のなかにある
寺山 修司
人生・事件
1963年夏、近代アパートの建築現場で足場が崩れ労働者が転落した。しかし現場の人間たちは遺体をそのままコンクリートの中に埋めてしまう。すべてを目撃してしまった青年・賢治は……。寺山20代、幻の戯曲! ※タ
この著者の他の本
三日間の幸福
寺山 修司
SF・恋愛・愛・人生
どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。寿命の“査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。 未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になる
平均点ランキング