レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
東慶寺花だより
井上 ひさし
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
井上ひさしが十年をかけて紡いだ、感動の遺作! 江戸時代、女たちが不幸な結婚から逃れるための「駆け込み寺」であった鎌倉の東慶寺。その門前に建つ御用宿の居候で、戯作者志望の青年の目を通し、救いを求めて寺に身を寄せる女たちの物語が描かれる。ただ虐げられるばかりではない。怒り、抵抗し、許し、受け入れる。名もなき人々の弱さと強さを優しい視線で見つめた井上文学の到達点とも言うべき、静かな感動に満ちた連作短篇集。著者自身による特別講義を巻末収録。
帯情報
井上ひさしが十年かけて紡いだ笑いと涙、愛と癒しの物語

縁切寺から女たちは再び歩み出す

傑作時代連作集
amazonでの読者の感想
・女性を観る眼と語る筆がやさしい
・史実を研究して作品にする作者の情熱に感銘
・タイムスリップしたかのようでそのまま余韻に浸りたい
・読み物としても当時の資料としても素晴らしい
・読み応えあって泣きました
・心が平和で穏やかな読書感
・ある種ミステリー的なところもあり非常に面白い作品
amazonでの読者の評価
最低
メディアミックス
映画化
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
土方歳三 上
富樫 倫太郎
歴史・時代・青春
恋忘れ草
北原 亞以子
歴史・時代・女性
落日燃ゆ
城山 三郎
歴史・時代・戦争
東京裁判で絞首刑を宣告された七人のA級戦犯のうち、ただ一人の文官であった元総理、外相広田弘毅。戦争防止に努めながら、その努力に水をさし続けた軍人たちと共に処刑されるという運命に直面させられた広田。そし
梟の城
司馬 遼太郎
歴史・時代・人生
織田信長によって一族を惨殺された怨念と、忍者としての生きがいをかけて豊臣秀吉暗殺をねらう伊賀者、葛籠重蔵。その相弟子で、忍者の道を捨てて仕官をし、伊賀を売り、重蔵を捕えることに出世の方途を求める風間五
エコノミカル・パレス
角田 光代
女性・お仕事・生活
34歳フリーター、「タマシイのない仕事はしたくない」と、年下の同棲相手は失業中。エアコンは壊れ、生活費の負担は増えていく。どんづまりの生活を変えたのは、はたちの男からかかってきた「テキ電」―私はちゃち
号泣する準備はできていた
江國 香織
女性・人間
 『きらきらひかる』や『落下する夕方』など多数の作品で、揺れる女性の内面と恋愛模様を描いてきた江國香織の短編小説集。淡く繊細な筆致でつづられた12編は、さらりとした読みごたえでありながらも、男と女の物
東慶寺花だより
井上 ひさし
歴史・時代・女性・人生
井上ひさしが十年をかけて紡いだ、感動の遺作! 江戸時代、女たちが不幸な結婚から逃れるための「駆け込み寺」であった鎌倉の東慶寺。その門前に建つ御用宿の居候で、戯作者志望の青年の目を通し、救いを求めて寺に
女子をこじらせて
雨宮 まみ
エッセイ・女性・自伝・私小説
「女子」という生きづらさに真っ向から向き合う半生記!ブログ「弟よ!」で人気の雨宮まみが全国のこじらせ系女子に捧ぐ!非モテからなぜか「職業・AVライター」になった…その曲がりくねった女子人生を描く怒濤の
キャッチャー・イン・ザ・ライ
J.D.サリンジャー
青春・学校・人生
さあ、ホールデンの声に耳を澄ませてください。 村上春樹の新しい訳でお届けする 新世代の『ライ麦畑でつかまえて』 J.D.サリンジャーの不朽の青春文学『ライ麦畑でつかまえて』が、村上春樹の新しい訳を得て、『
悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと
瀧森 古都
人生・人間
本書は「猫にまつわる感動体験」を通じて、登場人物が学び、成長していく全4話からなる小説です。「電車の中では読まないで下さい。ラスト30ページ、衝撃の結末に号泣しました」(34歳・女性)の読者コメント通りの
北斗 ある殺人者の回心
石田 衣良
人生・社会
【第8回中央公論文芸賞受賞作】両親から激しい虐待を受けて育った少年、北斗。誰にも愛されず、愛することも知らない彼は、高校生の時、父親の死をきっかけに里親の綾子に引き取られ、人生で初めて安らぎを得る。しかし
土の中の子供
中村 文則
人生・人間・親子
私は土の中で生まれた。親はいない。暴力だけがあった。ラジオでは戦争の情報が流れていた。第133回芥川賞受賞作。
この著者の他の本
東慶寺花だより
中村 文則
歴史・時代・女性・人生
井上ひさしが十年をかけて紡いだ、感動の遺作! 江戸時代、女たちが不幸な結婚から逃れるための「駆け込み寺」であった鎌倉の東慶寺。その門前に建つ御用宿の居候で、戯作者志望の青年の目を通し、救いを求めて寺に
平均点ランキング