レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
本能寺の変 431年目の真実
明智 憲三郎
文芸社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
名門・土岐明智氏の行く末に危機感を抱いていた光秀。信長の四国征伐がさらに彼を追いこんでゆく。ところが、絶望する光秀の前に、天才・信長自身が張りめぐらした策謀が、千載一遇のチャンスを与えた! なぜ光秀は信長を討ったのか。背後に隠された驚くべき状況と、すべてを操る男の存在とは!? 新事実をもとに日本史最大のクーデターの真実に迫る、壮大な歴史捜査ドキュメント!
帯情報
日本史最大のクーデターに迫る歴史捜査ドキュメント

大ヒット『光秀の定理』著者垣根涼介さん推薦

歴史は、常に勝者の都合によって捏造され、喧伝される。
事実は、その意図の裏にひっそりと息づいている。

天才・信長の「無防備」の裏に驚愕の陰謀が隠されていた!
日本史最大のクーデターがいま解明される!

光秀の末裔がついに明かす衝撃の真実
amazonでの読者の感想
・本能寺の真実が歴史捜査によって次々にあばかれる
・今までの歴史史観を一変させる
・歴史好きには堪らなく面白い
・定説が覆される痛快
・最も納得感のある「本能寺の変」説
・これが真の歴史的かも
・長年の謎が解けたような気がしました
・かなり真実に迫っていると私は思います
・確かにこの説しかないと思う
・ワクワクしながら読める内容
amazonでの読者の評価
最低
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
日本人の誇り
藤原 正彦
日本・歴史・思想・評論
「個より公、金より徳、競争より和」を重んじる日本国民の精神性は、世界に胸を張れるものだった。戦後日本は、祖国への自信をどうしてこんなにも失ったのか? 日本の歴史を学校の教科書できちんと教えられないのは
出雲大社の暗号
関 裕二
歴史・不思議・謎
「大きな神殿を建てればおとなしくしている。そうしないと暴れるよ」。神話の中で語られてきた大国主神の言葉は真実だったのか?ここ30年の研究の成果から、弥生時代後期、出雲や山陰地方に無視できない勢力が存在
天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災
磯田 道史
歴史・災害
世界の辺境とハードボイルド室町時代
高野 秀行
歴史・ノンフィクション・対談
人々の心の動きから法体系まで、こんなにも似ている社会が時空を超えて存在したとは!その驚きからノンフィクション作家と歴史家が世界の辺境と日本史を徹底比較。辺境を知れば日本史の謎が、日本史を知れば、辺境の
日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】
竹村 公太郎
地理・不思議・謎
荒俣宏氏、驚嘆! 「地形で読み解けば、全地球の文明・文化が理解できる。第2弾は古代エジプトの謎まで!」養老孟司氏、激賞! 「なぜ日本は世界一の長寿国になれたか──。その問いを解く鍵が『大正10年』にあ
出雲大社の暗号
関 裕二
歴史・不思議・謎
「大きな神殿を建てればおとなしくしている。そうしないと暴れるよ」。神話の中で語られてきた大国主神の言葉は真実だったのか?ここ30年の研究の成果から、弥生時代後期、出雲や山陰地方に無視できない勢力が存在
昭和史 七つの謎
保阪 正康
歴史・不思議・謎
いまだ過ぎ去ろうとしない「昭和」 緻密な実証、代替な推理!
本能寺の変 431年目の真実
明智 憲三郎
歴史・不思議・謎・研究
名門・土岐明智氏の行く末に危機感を抱いていた光秀。信長の四国征伐がさらに彼を追いこんでゆく。ところが、絶望する光秀の前に、天才・信長自身が張りめぐらした策謀が、千載一遇のチャンスを与えた! なぜ光秀は
昆虫はすごい
丸山 宗利
生き物・研究
人がやっている行動や、築いてきた社会・文明によって生じた物事は、ほとんど昆虫が先にやっている。狩猟採集、農業、牧畜、建築、そして戦争から奴隷制、共生まで、彼らはあらゆることを先取りしてきた。特に面白いのは
人工知能は人間を超えるか
松尾 豊
IT・WEB・研究・思想・評論
グーグルやフェイスブックが開発にしのぎを削る人工知能。日本トップクラスの研究者の一人である著者が、最新技術「ディープラーニング」とこれまでの知的格闘を解きほぐし、知能とは何か、人間とは何かを問い直す。
本能寺の変 431年目の真実
明智 憲三郎
歴史・不思議・謎・研究
名門・土岐明智氏の行く末に危機感を抱いていた光秀。信長の四国征伐がさらに彼を追いこんでゆく。ところが、絶望する光秀の前に、天才・信長自身が張りめぐらした策謀が、千載一遇のチャンスを与えた! なぜ光秀は信長
できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか
ポール.J・シルヴィア
how to・文章・研究
よい習慣は才能を超える 山中信弘さん推薦! 本書に書かれている「たくさん書く」ためのワザの数々を実際に使ってみたら、驚くなかれ、たった三週間でまる一冊が翻訳できてしまった。
この著者の他の本
本能寺の変 431年目の真実
ポール.J・シルヴィア
歴史・不思議・謎・研究
名門・土岐明智氏の行く末に危機感を抱いていた光秀。信長の四国征伐がさらに彼を追いこんでゆく。ところが、絶望する光秀の前に、天才・信長自身が張りめぐらした策謀が、千載一遇のチャンスを与えた! なぜ光秀は