レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
凍りのくじら
辻村 深月
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う1人の青年に出会う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。そして同じ頃に始まった不思議な警告。皆が愛する素敵な“道具”が私たちを照らすとき――。(講談社文庫)
ウィキペディアであらすじを見る
帯情報
クライマックスにおける藤子世界観との共鳴等々、細やかな愛情を持って構築された作品。

これは傑作だと思います。
──瀬名秀明

高校二年生・理帆子の“少し不思議”な物語がはじまる!
amazonでの読者の感想
・ミステリィとしても、ドラえもんファンの方も満足できる
・『ドラえもん』の道具が章タイトルにつけられている
・“ドラえもん”についても改めて考えさせられました
・儚い残酷さと感動を秘めた異色のミステリー
・怖くて二度目が読めない
・これまでにない世界観に圧倒された
・普遍的かつ永遠の愛、愛情を扱った作品が好きな方にお勧め
・ラストのカタルシスは強烈
・大事な人に「読んでみて」と薦めたい
・共感出来る人、暖かさを感じ取った人にとっては宝物
amazonでの読者の評価
最低
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ボッコちゃん
星 新一
SF・ファンタジー
スマートなユーモア、ユニークな着想、シャープな諷刺にあふれ、光り輝く小宇宙群! 日本SFのパイオニア星新一のショートショート集。表題作品をはじめ「おーい でてこーい」「殺し屋ですのよ」「月の光」「暑さ
ジャッジメント
小林由香
SF・犯罪・社会
大切な人を殺された者は言う。「犯罪者に復讐してやりたい」と。凶悪な事件が起きると人々は言う。「被害者と同じ目に遭わせてやりたい」と。20××年、凶悪な犯罪が増加する一方の日本で、新しい法律が生まれた。
火星年代記
レイ・ブラッドベリ
SF・宇宙
人類は火星へ火星へと寄せ波のように押し寄せ、やがて地球人の村ができ、町ができ、哀れな火星人たちは、その廃墟からしだいに姿を消していった……抒情と幻想の詩人が、オムニバス中・短篇によって紡ぎあげた、SF
アルジャーノンに花束を
ダニエル キイス
病気・人間・SF
32歳で幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイは、ある日、ネズミのアルジャーノンと同じ画期的な脳外科手術を受ければ頭がよくなると告げられる。手術を受けたチャーリイは、超天才に変貌していくが……人生の
クリーピー
前川 裕
事件・ミステリー
大学で犯罪心理学を教える高倉(たかくら)は、妻と二人、一戸建てに暮らす。ある日、刑事・野上(のがみ)から一家失踪事件の分析を依頼されたのを契機として、周囲で事件が頻発する。野上の失踪、学生同士のトラブ
水鏡推理
松岡 圭祐
ミステリー・推理・探偵
正義感を発揮するあまり組織の枠をはみ出してしまう文科省ヒラ一般職事務官・水鏡瑞希。役所は彼女をもてあまし、研究費の不正使用を調査する特別チームに配属する。税金目当てに悪事がうごめく臭いに敏感に気付く瑞
直線の死角
山田 宗樹
ミステリー・サスペンス
やり手弁護士・小早川に、交通事故で夫を亡くした女性から、保険金示談の依頼が来る。事故現場を見た小早川は、加害者の言い分と違う証拠を発見した。第18回横溝正史賞大賞受賞作。
誓約
薬丸 岳
ミステリー・家族
優雅で感傷的な日本野球
高橋 源一郎
スポーツ・不思議
ぼくは野球を知らなかった。ぼくの友だちもパパもママも先生さえも知らなかった。「野球を教わりたいんです」―“日本野球”創世の神髄が時空と国境を越えていま物語られる。一九八五年、阪神タイガースは本当に優勝した
冥途・旅順入城式
内田 百けん
ホラー・怪談・不思議
チルドレン
伊坂 幸太郎
不思議・人間
「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件の数々――。何気ない日常に起こった5つの物語が、一つになったと
エンジェルボール
飛騨 俊吾
スポーツ・不思議
この著者の他の本
オーダーメイド殺人クラブ
飛騨 俊吾
ミステリー・青春
クラスで上位の「リア充」女子グループに属する中学二年生の小林アン。死や猟奇的なものに惹かれる心を隠し、些細なことで激変する友達との関係に悩んでいる。家や教室に苛立ちと絶望を感じるアンは、冴えない「昆虫
スロウハイツの神様
飛騨 俊吾
人間・人生
人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだ――あの事件から10年。アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。夢を語り、物語を作る。好きなこと
クローバーナイト
飛騨 俊吾
光待つ場所へ
飛騨 俊吾
青春・人生・人間
大学二年の春。清水あやめには自信があった。世界を見るには感性という武器がいる。自分にはそれがある。最初の課題で描いた燃えるような桜並木も自分以上に表現できる学生はいないと思っていた。彼の作品を見るまで
平均点ランキング