Warning: file_get_contents(https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A4%E3%82%BA-%E7%94%BA%E7%94%B0-%E5%93%B2%E4%B9%9F-ebook/dp/B01625R310?SubscriptionId=AKIAIKDVKBSMBJUACPQQ&tag=s0368-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01625R310): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 セブン・デイズ (町田 哲也)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
セブン・デイズ
町田 哲也
光文社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
木下勇介の勤めるトマト証券が、業界大手の朝日証券に買収される。その記事が各新聞を賑わせた朝、勇介の第二子が誕生する。妻のいない一週間、長男の世話をしなければならない勇介の、想像を絶する苦闘の日々が始まった。所属する部には、暴力的で成果至上主義の野獣のような部長がやってきて、過酷なノルマの必達が課せられた。――猶予は一週間! 勇介と仲間たちは、この難題にどう立ち向かうのか?
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
81
最高
81
最低
81
合計レビュー
1人
女性1人 平均81点
おすすめ
1
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
81点
★★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
26点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
13点 / 20点
表紙
1点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
時間を忘れて一気読み
先を読まずにいられない
ストーリ展開にスピード感があり、一気に読める。登場人物もそれぞれキャラクターがしっかりと設定されており、納得がいく。読後に、おもしろかったと思える作品である。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
エコノミカル・パレス
角田 光代
女性・お仕事・生活
てんのじ村
難波 利三
お仕事・人生
大阪は通天閣の下に、漫才師、奇術師、浪曲師といった芸人たちがあつまり住む一郭“てんのじ村”があった。戦前、戦後、そして高度経済成長期と、大阪芸人の活躍の場が、寄席からラジオ、テレビへと移りゆくなか、時
何者
朝井 リョウ
学校・お仕事
秘伝
高橋 治
お仕事・動物
巨魚に挑む男たちを描いた直木賞受賞の大ロマン。長崎県西彼杵半島の西海岸を舞台に、二人の釣り名人と怪魚イシナギの死闘劇の幕は切って落とされた。まるで潜水艦のような黒い影が潜む海中に、特殊な工夫を施した必
オレたち花のバブル組
池井戸 潤
現代・企業・会社
絶好調ドラマ『半沢直樹』(堺雅人主演)原作本第2弾! 東京中央銀行のバブル入行組・半沢直樹に押しつけられた「頭取命令」――それは巨額損失を出した老舗ホテルの再建。銀行内部の見えざる暗躍、金融庁の「最強
セブン・デイズ
町田 哲也
お仕事・企業・会社
木下勇介の勤めるトマト証券が、業界大手の朝日証券に買収される。その記事が各新聞を賑わせた朝、勇介の第二子が誕生する。妻のいない一週間、長男の世話をしなければならない勇介の、想像を絶する苦闘の日々が始ま
七つの会議
池井戸 潤
現代・企業・会社
トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不
オロロ畑でつかまえて ユニバーサル広告社シリーズ
荻原 浩
企業・会社・コメディー・ユーモア
【第10回小説すばる新人賞受賞作】人口わずか三百人。主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ、オロロ豆。超過疎化にあえぐ日本の秘境・大牛郡牛穴村が、村の起死回生を賭けて立ち上がった! ところが手を組んだ相手
この著者の他の本
セブン・デイズ
荻原 浩
お仕事・企業・会社
木下勇介の勤めるトマト証券が、業界大手の朝日証券に買収される。その記事が各新聞を賑わせた朝、勇介の第二子が誕生する。妻のいない一週間、長男の世話をしなければならない勇介の、想像を絶する苦闘の日々が始ま
平均点ランキング