レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
日本人の誇り
藤原 正彦
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
「個より公、金より徳、競争より和」を重んじる日本国民の精神性は、世界に胸を張れるものだった。戦後日本は、祖国への自信をどうしてこんなにも失ったのか? 日本の歴史を学校の教科書できちんと教えられないのはなぜか? 幕末の開国から参戦、そして昭和の敗戦に至る歴史を、マイナス面からも目をそむけず徹底検証し、国難の時代を生きる日本人に誇りと自信を与える、ベストセラー。いまこそ日本人が「自立」と「誇り」を回復するための渾身の提言。
amazonでの読者の感想
・お子さんに本当の歴史を教えてあげてください
・「日本が悪かったんだー」と思い込んでいる人に読んでもらいたい
・小中学校、高校の社会科・国語科の先生は是非読むべき本
・世間ではどれだけ歴史が歪曲されてきたのか良く解った
・日本人の歴史観に衝撃を与える良書
・日本人みんなに読んでほしい
・日本史の授業の副読本にして欲しい
・日本人の誇りを取り戻せる本
・ナショナリズムの高まりに嫌気がさした人にこそ読んでほしい
・日本人の必読書
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
90
最高
90
最低
90
合計レビュー
1人
男性1人 平均90点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
90点
★★★★★★★★★★
総合評価
23点 / 25点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
役立ち度
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
印象
19点 / 20点
読みやすさ
5点 ★★★★★
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
内容
17点 / 20点
考えさせられる度
5点 ★★★★★
即効性
3点 ★★★★★
生き方への影響度
4点 ★★★★
結論の納得度
5点 ★★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
私の人生のバイブル
もっと早く出会いたかった
読む価値のある作品
戦後日本人が失たものがどれほど尊いか、また今こそ考えるべき部分が非常に共感できた。アメリカ型の排他的拝金主義がこの先の社会を良くするというイメージが描けない今こそ、実は自分たちが過去に持っていて失ったものを考えてみるべきだと思わされた。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
日本会議の研究
菅野 完
政治・社会・日本
新品 即日発送
さらば、資本主義
佐伯 啓思
経済・日本・社会
命を区切られたとき、人は何を思い、いかに生きるのか―。幽閉中の武士・戸田秋谷の気高く凄絶な覚悟と矜持を、九州豊後の穏やかな山間の風景の中に謳い上げる感涙の時代小説!平成23年度下半期・第146回直木賞
転換期の日本へ 「パックス・アメリカーナ」か「パックス・アジア」か
ジョン・W・ダワー
日本・政治・外国
世界的大家が見る、日本の過去・現在・未来領土紛争、沖縄と基地、憲法改正、集団的自衛権、核・原発、歴史認識問題など、未解決の課題が山積する中、東アジア情勢は一層その緊迫度を増している。日本の選択はどこに
国民なき経済成長 脱・アホノミクスのすすめ
浜 矩子
経済・日本
消費税増税、株価下落と一時期の勢いがなくなってきた日本経済。これから日本経済がどうなるのか、そしてあるべき日本経済の姿とは。「アホノミクス」の提唱者である著者が語る日本経済の未来像。
たのしいプロパガンダ
辻田 真佐憲
政治・歴史・戦争
戦中につくられた戦意高揚のための勇ましい軍歌や映画は枚挙に暇ない。しかし、最も効果的なプロパガンダは、官製の押しつけではない、大衆がこぞって消費したくなる「娯楽」にこそあった。本書ではそれらを「楽しい
野生めぐり: 列島神話の源流に触れる12の旅
石倉 敏明
地理・歴史・日本
未知の「日本」へ 日本列島に潜む無数の<他者>の記憶を辿る。 人類学者と写真家が旅した「現代の野生」
日本人の誇り
藤原 正彦
日本・歴史・思想・評論
「個より公、金より徳、競争より和」を重んじる日本国民の精神性は、世界に胸を張れるものだった。戦後日本は、祖国への自信をどうしてこんなにも失ったのか? 日本の歴史を学校の教科書できちんと教えられないのは
日本人はどんな大地震を経験してきたのか
寒川 旭
歴史・災害
世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え 世界の第一人者100人が100の質問に答える
ジェンマ・エルウィン・ハリス
質問・疑問・思想・評論・インタビュー
「数字は永遠につづく?」「どんなふうに恋に落ちるの?」「人はどうして永遠に生きていられないの?」…科学、哲学、社会、スポーツなど、子どもたちが投げかけた誰もが知りたい身近な疑問に、ドーキンス、チョムスキー
護憲派メディアの何が気持ち悪いのか
潮 匡人
マスコミ・メディア・報道・政治・思想・評論
安保法制を「戦争法案」と煽った左派マスコミや知識人。「徴兵制になる」などと事実無根の報道や主張を繰り返し、冷静な議論を行わず対案も出さない彼らに、えもいわれぬ「気持ち悪さ」を感じたのは著者だけではあるまい
(面白さ)の研究 世界観エンタメはなぜブームを生むのか
都留 泰作
社会・思想・評論
不死身の花: 夜の街を生き抜いた元ストリート・チルドレンの私
生島 マリカ
人物伝・自伝・伝記・思想・評論・ノンフィクション
13歳で浮浪児に。借金を抱えて14歳で北新地、16歳で銀座、そしてモデルに。結婚、離婚、癌、レイプ、再び...癌。あらゆる不幸で頁が埋め尽くされた驚愕の告白手記。
この著者の他の本
日本人の誇り
生島 マリカ
日本・歴史・思想・評論
「個より公、金より徳、競争より和」を重んじる日本国民の精神性は、世界に胸を張れるものだった。戦後日本は、祖国への自信をどうしてこんなにも失ったのか? 日本の歴史を学校の教科書できちんと教えられないのは
遥かなるケンブリッジ 一数学者のイギリス
生島 マリカ
エッセイ・海外・外国
学界発表、次男へのいじめ、奇怪な英国気質・・・ 大英帝国の威風に挑む男 藤原 大人の見識 おとなの時間 母親の愛情というのはいつもかなしい。