レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
日本人の誇り
藤原 正彦
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
「個より公、金より徳、競争より和」を重んじる日本国民の精神性は、世界に胸を張れるものだった。戦後日本は、祖国への自信をどうしてこんなにも失ったのか? 日本の歴史を学校の教科書できちんと教えられないのはなぜか? 幕末の開国から参戦、そして昭和の敗戦に至る歴史を、マイナス面からも目をそむけず徹底検証し、国難の時代を生きる日本人に誇りと自信を与える、ベストセラー。いまこそ日本人が「自立」と「誇り」を回復するための渾身の提言。
amazonでの読者の感想
・お子さんに本当の歴史を教えてあげてください
・「日本が悪かったんだー」と思い込んでいる人に読んでもらいたい
・小中学校、高校の社会科・国語科の先生は是非読むべき本
・世間ではどれだけ歴史が歪曲されてきたのか良く解った
・日本人の歴史観に衝撃を与える良書
・日本人みんなに読んでほしい
・日本史の授業の副読本にして欲しい
・日本人の誇りを取り戻せる本
・ナショナリズムの高まりに嫌気がさした人にこそ読んでほしい
・日本人の必読書
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
90
最高
90
最低
90
合計レビュー
1人
男性1人 平均90点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
90点
★★★★★★★★★★
総合評価
23点 / 25点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
役立ち度
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
印象
19点 / 20点
読みやすさ
5点 ★★★★★
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
内容
17点 / 20点
考えさせられる度
5点 ★★★★★
即効性
3点 ★★★★★
生き方への影響度
4点 ★★★★
結論の納得度
5点 ★★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
私の人生のバイブル
もっと早く出会いたかった
読む価値のある作品
戦後日本人が失たものがどれほど尊いか、また今こそ考えるべき部分が非常に共感できた。アメリカ型の排他的拝金主義がこの先の社会を良くするというイメージが描けない今こそ、実は自分たちが過去に持っていて失ったものを考えてみるべきだと思わされた。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
民主主義ってなんだ?
高橋 源一郎
政治・日本
集団的自衛権の行使容認、安保関連法案の強行採決…安倍政権の暴走に対して若者が立ち上がった。この国の未来を諦めないために。自由と民主主義を実現するための新たなマニフェスト。
資本主義の終焉と歴史の危機
水野 和夫
経済・日本
デービッド・アトキンソン 新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」
デービッド・アトキンソン
日本・経済
【「カンブリア宮殿」出演で話題沸騰!】本書は、21世紀の「所得倍増計画」の提言です。少子化が経済の足を引っ張る日本。出生率は、すぐには上がりません。移民政策は、なかなか受け入れられません。ならば、外国
山県有朋
半藤 一利
歴史・日本
昭和史 七つの謎
保阪 正康
歴史・不思議・謎
いまだ過ぎ去ろうとしない「昭和」 緻密な実証、代替な推理!
方丈記私記
堀田 善衛
思想・評論・歴史・社会
神聖ローマ帝国
菊池 良生
歴史・外国・国
中欧に存在した不思議な「帝国」の一千年史。ドイツはじめ中欧諸国の母胎となったこの帝国は、教皇や周辺諸国、諸候と合従連衡と抗争を繰り返しながら、中世史の一極をなし続けた。その実体を解き明かす。(講談社現
日本人の誇り
藤原 正彦
日本・歴史・思想・評論
「個より公、金より徳、競争より和」を重んじる日本国民の精神性は、世界に胸を張れるものだった。戦後日本は、祖国への自信をどうしてこんなにも失ったのか? 日本の歴史を学校の教科書できちんと教えられないのは
花咲く乙女たちのキンピラゴボウ
橋本 治
本・思想・評論・カルチャー
「読み返すたびに泣いてしまう。 読者の思いと考えを、これほど的確に言葉にしてくれた少女漫画評論は、ほかには知らない」 三浦しをん 少女マンガの歴史を変えた伝説の名著! 彼女たち
ぼくらの民主主義なんだぜ
高橋 源一郎
社会・思想・評論
日本人に民主主義はムリなのか? 絶望しないための48か条。「論壇時評」はくしくも3月11日の東日本大震災直後からはじまり、震災と原発はこの国の民主主義に潜んでいる重大な欠陥を炙り出した。若者の就活、ヘイト
護憲派メディアの何が気持ち悪いのか
潮 匡人
マスコミ・メディア・報道・政治・思想・評論
安保法制を「戦争法案」と煽った左派マスコミや知識人。「徴兵制になる」などと事実無根の報道や主張を繰り返し、冷静な議論を行わず対案も出さない彼らに、えもいわれぬ「気持ち悪さ」を感じたのは著者だけではあるまい
日本人の誇り
藤原 正彦
日本・歴史・思想・評論
「個より公、金より徳、競争より和」を重んじる日本国民の精神性は、世界に胸を張れるものだった。戦後日本は、祖国への自信をどうしてこんなにも失ったのか? 日本の歴史を学校の教科書できちんと教えられないのはなぜ
この著者の他の本
遥かなるケンブリッジ 一数学者のイギリス
藤原 正彦
エッセイ・海外・外国
学界発表、次男へのいじめ、奇怪な英国気質・・・ 大英帝国の威風に挑む男 藤原 大人の見識 おとなの時間 母親の愛情というのはいつもかなしい。
日本人の誇り
藤原 正彦
日本・歴史・思想・評論
「個より公、金より徳、競争より和」を重んじる日本国民の精神性は、世界に胸を張れるものだった。戦後日本は、祖国への自信をどうしてこんなにも失ったのか? 日本の歴史を学校の教科書できちんと教えられないのは