レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
日本人の誇り
藤原 正彦
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
「個より公、金より徳、競争より和」を重んじる日本国民の精神性は、世界に胸を張れるものだった。戦後日本は、祖国への自信をどうしてこんなにも失ったのか? 日本の歴史を学校の教科書できちんと教えられないのはなぜか? 幕末の開国から参戦、そして昭和の敗戦に至る歴史を、マイナス面からも目をそむけず徹底検証し、国難の時代を生きる日本人に誇りと自信を与える、ベストセラー。いまこそ日本人が「自立」と「誇り」を回復するための渾身の提言。
amazonでの読者の感想
・お子さんに本当の歴史を教えてあげてください
・「日本が悪かったんだー」と思い込んでいる人に読んでもらいたい
・小中学校、高校の社会科・国語科の先生は是非読むべき本
・世間ではどれだけ歴史が歪曲されてきたのか良く解った
・日本人の歴史観に衝撃を与える良書
・日本人みんなに読んでほしい
・日本史の授業の副読本にして欲しい
・日本人の誇りを取り戻せる本
・ナショナリズムの高まりに嫌気がさした人にこそ読んでほしい
・日本人の必読書
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
90
最高
90
最低
90
合計レビュー
1人
男性1人 平均90点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
90点
★★★★★★★★★★
総合評価
23点 / 25点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
役立ち度
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
印象
19点 / 20点
読みやすさ
5点 ★★★★★
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
内容
17点 / 20点
考えさせられる度
5点 ★★★★★
即効性
3点 ★★★★★
生き方への影響度
4点 ★★★★
結論の納得度
5点 ★★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
私の人生のバイブル
もっと早く出会いたかった
読む価値のある作品
戦後日本人が失たものがどれほど尊いか、また今こそ考えるべき部分が非常に共感できた。アメリカ型の排他的拝金主義がこの先の社会を良くするというイメージが描けない今こそ、実は自分たちが過去に持っていて失ったものを考えてみるべきだと思わされた。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
民主主義ってなんだ?
高橋 源一郎
政治・日本
集団的自衛権の行使容認、安保関連法案の強行採決…安倍政権の暴走に対して若者が立ち上がった。この国の未来を諦めないために。自由と民主主義を実現するための新たなマニフェスト。
仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か
魚川 祐司
宗教・日本
国民なき経済成長 脱・アホノミクスのすすめ
浜 矩子
経済・日本
消費税増税、株価下落と一時期の勢いがなくなってきた日本経済。これから日本経済がどうなるのか、そしてあるべき日本経済の姿とは。「アホノミクス」の提唱者である著者が語る日本経済の未来像。
菊と刀
ルース・ベネディクト
思想・評論・日本
満洲暴走 隠された構造 大豆・満鉄・総力戦
安冨 歩
歴史・戦争
混迷の中で建国され13年で崩壊した満洲国。一極集中の特異な社会、急拡大した満鉄、石原莞爾ら陸軍エリートの苦悩――成立と暴走の要因を「東大話法」で話題の著者が解明する。現代にも通ずる欺瞞の系譜が見える。
神聖ローマ帝国
菊池 良生
歴史・外国・国
中欧に存在した不思議な「帝国」の一千年史。ドイツはじめ中欧諸国の母胎となったこの帝国は、教皇や周辺諸国、諸候と合従連衡と抗争を繰り返しながら、中世史の一極をなし続けた。その実体を解き明かす。(講談社現
方丈記私記
堀田 善衛
思想・評論・歴史・社会
妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻
豊田 正義
歴史・戦争
「女が乗っているぞ!」その声が上空を旋回する11機の特攻機まで届くことはなかった。白いワンピース姿の女性を乗せた機体を操縦していたのは谷藤徹夫少尉(当時22歳)、女性は妻の朝子(当時24歳)だった。1
京都ぎらい
井上 章一
街・町・思想・評論
新書。中古です。概ね良好。商品カバーとイメージ画像とに相違がある場合がございます。稀に書き込み、傷み等がある場合がございますのでご了承下さい。過度に状態を気にされる方および中古品に神経質な方はご注文をお控
日本語が世界を平和にするこれだけの理由
金谷 武洋
言語・思想・評論
菊と刀
ルース・ベネディクト
思想・評論・日本
だから日本はズレている
古市 憲寿
社会・思想・評論
この著者の他の本
日本人の誇り
古市 憲寿
日本・歴史・思想・評論
「個より公、金より徳、競争より和」を重んじる日本国民の精神性は、世界に胸を張れるものだった。戦後日本は、祖国への自信をどうしてこんなにも失ったのか? 日本の歴史を学校の教科書できちんと教えられないのは
遥かなるケンブリッジ 一数学者のイギリス
古市 憲寿
エッセイ・海外・外国
学界発表、次男へのいじめ、奇怪な英国気質・・・ 大英帝国の威風に挑む男 藤原 大人の見識 おとなの時間 母親の愛情というのはいつもかなしい。