レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
さらば、資本主義
佐伯 啓思
新潮社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
命を区切られたとき、人は何を思い、いかに生きるのか―。幽閉中の武士・戸田秋谷の気高く凄絶な覚悟と矜持を、九州豊後の穏やかな山間の風景の中に謳い上げる感涙の時代小説!平成23年度下半期・第146回直木賞受賞作!2014年、待望の映画化!
帯情報
不幸の根源は経済成長と民主主義である。
amazonでの読者の感想
・「資本主義=正」だと無意識のうちに思っているそんな我々に衝撃を与えてくれる本
・資本主義の限界を説いた良書
・これだけダメ理由をハッキリ書いてある本は稀、一読の価値がある
・金儲けが幸せだという価値観に縛られて疑っていない人たちに読んでもらいたい
・価格破壊⇒雇用破壊⇒人間破壊という一節だけでも読むに値する貴重な一冊
・文句なしに素晴らしい分析です
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
92
最高
92
最低
92
合計レビュー
1人
男性1人 平均92点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
92点
★★★★★★★★★
総合評価
23点 / 25点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
役立ち度
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
印象
20点 / 20点
読みやすさ
5点 ★★★★★
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
5点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
内容
18点 / 20点
考えさせられる度
5点 ★★★★★
即効性
5点 ★★★★★
生き方への影響度
4点 ★★★★
結論の納得度
4点 ★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
4点 ★★★★
考えさせられる本
生き方のヒントになる
絶対読んだ方が良い
閉塞感だらけの最近の世の中、金融だけが元気で他は全く効果が実感できないアベノミクス。世の中の人の価値観が変わってきているのとともに社会システムのそろそろ限界があるのは何となく感じていたこと。ピケティは資本主義の問題点を提示しましたが、この本ではなぜ資本主義がこの先無理があるかというのが現状の閉塞感の解答として非常に共感させられた。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く
藻谷 浩介
地方・経済
「社会が高齢化するから日本は衰える」は誤っている! 原価0円からの経済再生、コミュニティ復活を果たし、安全保障と地域経済の自立をもたらす究極のバックアップシステムを、日本経済の新しい原理として示す!!
国民なき経済成長 脱・アホノミクスのすすめ
浜 矩子
経済・日本
消費税増税、株価下落と一時期の勢いがなくなってきた日本経済。これから日本経済がどうなるのか、そしてあるべき日本経済の姿とは。「アホノミクス」の提唱者である著者が語る日本経済の未来像。
しなやかな日本列島のつくりかた 藻谷浩介対話集
藻谷 浩介
経営・ビジネス・地方・経済
農業、医療、商店街、限界集落、観光、鉄道、まちづくり……地元から奇跡が始まっている! 地域再生の現場を知り尽くす著者を驚かせた7つの意外な“現場の智恵”とは? 「ゆるキャラ」「B級グルメ」路線とは正反
資本主義の終焉、その先の世界
水野 和夫
経済・社会・国
「より速く、より遠くに、より合理的に」という近代の行動原理で展開してきた資本主義がいま、限界を迎えている。グローバリゼーションの進展によりフロンティアは消失し、先進各国は低成長時代に入った。もはや資本
戦前昭和の社会 1926-1945
井上 寿一
社会・日本
「大学は出たけれど」、新興宗教ブーム、10銭均一売り場……「暗い時代」の明るい日常生活。「十銭均一売り場」に足を運ぶ消費者、女性の地位向上を推進するモダンガール、新興宗教ブーム、就職難にあえぐ学生──
日本人の誇り
藤原 正彦
日本・歴史・思想・評論
「個より公、金より徳、競争より和」を重んじる日本国民の精神性は、世界に胸を張れるものだった。戦後日本は、祖国への自信をどうしてこんなにも失ったのか? 日本の歴史を学校の教科書できちんと教えられないのは
仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か
魚川 祐司
宗教・日本
民主主義ってなんだ?
高橋 源一郎
政治・日本
集団的自衛権の行使容認、安保関連法案の強行採決…安倍政権の暴走に対して若者が立ち上がった。この国の未来を諦めないために。自由と民主主義を実現するための新たなマニフェスト。
フードバンクという挑戦  貧困と飽食のあいだで
大原 悦子
食・ボランティア・社会
余っている食べ物を困っている人へ 『もったいない!』 「完璧でない」からと捨てられる食べ物。 一方で、食べることに困っている人が大勢いる。 両者をつなぐ活動の最前線。 アメリカと日本
あの日
小保方晴子
社会・事件・マスコミ・メディア・報道
STAP騒動の真相、生命科学界の内幕、業火に焼かれる人間の内面を綴った衝撃の手記。1研究者への夢 2ボストンのポプラ並木 3スフェア細胞 4アニマル カルス 5思いとかけ離れていく研究 6論文著者間の衝突
おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?
池上 彰
社会・思想・評論
現代の教養とは「自分を知ること」です。あなたがいま、身につけるべき教養とは何か? 「宗教」「宇宙」「人類の旅路」「人間と病気」「経済学」「歴史」「日本と日本人」。この7科を貫くのは、「自分がどういう存在な
反知性主義: アメリカが生んだ「熱病」の正体
森本 あんり
社会・思想・評論
この著者の他の本
さらば、資本主義
森本 あんり
経済・日本・社会
命を区切られたとき、人は何を思い、いかに生きるのか―。幽閉中の武士・戸田秋谷の気高く凄絶な覚悟と矜持を、九州豊後の穏やかな山間の風景の中に謳い上げる感涙の時代小説!平成23年度下半期・第146回直木賞