レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
さらば、資本主義
佐伯 啓思
新潮社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
命を区切られたとき、人は何を思い、いかに生きるのか―。幽閉中の武士・戸田秋谷の気高く凄絶な覚悟と矜持を、九州豊後の穏やかな山間の風景の中に謳い上げる感涙の時代小説!平成23年度下半期・第146回直木賞受賞作!2014年、待望の映画化!
帯情報
不幸の根源は経済成長と民主主義である。
amazonでの読者の感想
・「資本主義=正」だと無意識のうちに思っているそんな我々に衝撃を与えてくれる本
・資本主義の限界を説いた良書
・これだけダメ理由をハッキリ書いてある本は稀、一読の価値がある
・金儲けが幸せだという価値観に縛られて疑っていない人たちに読んでもらいたい
・価格破壊⇒雇用破壊⇒人間破壊という一節だけでも読むに値する貴重な一冊
・文句なしに素晴らしい分析です
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
92
最高
92
最低
92
合計レビュー
1人
男性1人 平均92点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
92点
★★★★★★★★★
総合評価
23点 / 25点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
役立ち度
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
印象
20点 / 20点
読みやすさ
5点 ★★★★★
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
5点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
内容
18点 / 20点
考えさせられる度
5点 ★★★★★
即効性
5点 ★★★★★
生き方への影響度
4点 ★★★★
結論の納得度
4点 ★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
4点 ★★★★
考えさせられる本
生き方のヒントになる
絶対読んだ方が良い
閉塞感だらけの最近の世の中、金融だけが元気で他は全く効果が実感できないアベノミクス。世の中の人の価値観が変わってきているのとともに社会システムのそろそろ限界があるのは何となく感じていたこと。ピケティは資本主義の問題点を提示しましたが、この本ではなぜ資本主義がこの先無理があるかというのが現状の閉塞感の解答として非常に共感させられた。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
さらば、資本主義
佐伯 啓思
経済・日本・社会
命を区切られたとき、人は何を思い、いかに生きるのか―。幽閉中の武士・戸田秋谷の気高く凄絶な覚悟と矜持を、九州豊後の穏やかな山間の風景の中に謳い上げる感涙の時代小説!平成23年度下半期・第146回直木賞
しなやかな日本列島のつくりかた 藻谷浩介対話集
藻谷 浩介
経営・ビジネス・地方・経済
農業、医療、商店街、限界集落、観光、鉄道、まちづくり……地元から奇跡が始まっている! 地域再生の現場を知り尽くす著者を驚かせた7つの意外な“現場の智恵”とは? 「ゆるキャラ」「B級グルメ」路線とは正反
資本主義の終焉と歴史の危機
水野 和夫
経済・日本
限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭
ジェレミー・リフキン
IT・WEB・経済・社会
日本人の誇り
藤原 正彦
日本・歴史・思想・評論
「個より公、金より徳、競争より和」を重んじる日本国民の精神性は、世界に胸を張れるものだった。戦後日本は、祖国への自信をどうしてこんなにも失ったのか? 日本の歴史を学校の教科書できちんと教えられないのは
菊と刀
ルース・ベネディクト
思想・評論・日本
国民なき経済成長 脱・アホノミクスのすすめ
浜 矩子
経済・日本
日本会議の研究
菅野 完
政治・社会・日本
新品 即日発送
21世紀の自由論: 「優しいリアリズム」の時代へ (佐々木俊尚)
佐々木俊尚
生き方・社会
IT以後の世界を熟知する著者が挑む、新時代の自由論。日本にはリベラルや保守がそもそも存在するのか? ヨーロッパの普遍主義も終わりを迎えているのではないか? 未来への移行期に必須の「優しいリアリズム」とは何
実録・北の三叉路
安 宿緑
外国・社会・北朝鮮
謎の隣国・北朝鮮。報じられるのは金一家の独裁体制や核・拉致問題などの政治トピックばかりだが、かの国にも普通に生活する一般人がいる。北朝鮮出身の父親と在日韓国人2世の母親の間に生まれ、朝鮮総聯に勤務していた
そうだ難民しよう! はすみとしこの世界
はすみ としこ
思想・評論・社会
橘玲の中国私論
橘 玲
社会・グローバル
この著者の他の本
さらば、資本主義
橘 玲
経済・日本・社会
命を区切られたとき、人は何を思い、いかに生きるのか―。幽閉中の武士・戸田秋谷の気高く凄絶な覚悟と矜持を、九州豊後の穏やかな山間の風景の中に謳い上げる感涙の時代小説!平成23年度下半期・第146回直木賞