レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
不死身の花: 夜の街を生き抜いた元ストリート・チルドレンの私
生島 マリカ
新潮社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
13歳で浮浪児に。借金を抱えて14歳で北新地、16歳で銀座、そしてモデルに。結婚、離婚、癌、レイプ、再び...癌。あらゆる不幸で頁が埋め尽くされた驚愕の告白手記。
amazonでの読者の感想
・凄まじい人生を送られつつある女性の自伝
・絵や詩のように生島マリカのたたずまいを楽しめば良いのだ
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
78
最高
78
最低
78
合計レビュー
1人
女性1人 平均78点
おすすめ
0
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
78点
★★★★★★★★★★
総合評価
18点 / 25点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
役立ち度
2点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
印象
18点 / 20点
読みやすさ
5点 ★★★★★
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
内容
15点 / 20点
考えさせられる度
5点 ★★★★★
即効性
3点 ★★★★★
生き方への影響度
3点 ★★★★★
結論の納得度
4点 ★★★★
読後感
10点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
5点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
衝撃の一冊
考えさせられる本
彼女の生き方については、賛否両論あるかもしれないが、そこに「壮絶な人生」があることは、間違いない。同じ日本の同じ世代の同じ女性に
このような生を送ってきた人がいることにただただ驚いた。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
キャパの十字架
沢木 耕太郎
人物伝・自伝・伝記・ノンフィクション・写真
あの「崩れ落ちる兵士」は撃たれていなかった! 「世紀の戦争写真」は本当は、誰が、撮ったのか。 スリリングな追跡行
不死身の花: 夜の街を生き抜いた元ストリート・チルドレンの私
生島 マリカ
人物伝・自伝・伝記・思想・評論・ノンフィクション
13歳で浮浪児に。借金を抱えて14歳で北新地、16歳で銀座、そしてモデルに。結婚、離婚、癌、レイプ、再び...癌。あらゆる不幸で頁が埋め尽くされた驚愕の告白手記。
任天堂ノスタルジー 横井軍平とその時代
牧野 武文
人物伝・自伝・伝記・企業・会社
カリスマ経営者・山内博の右腕として、「ゲーム&ウオッチ」「ゲームボーイ」など黎明期の任天堂のほとんどのヒット作を生み出した伝説の天才開発者・横井軍平の生涯を描く。斬新な発想の陰にあった苦悩とは?※本書
学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
坪田 信貴
学習・勉強・人物伝・自伝・伝記
一人の教師との出会いが、金髪ギャルとその家族の運命を変えた――投稿サイトSTORYS.JPで60万人が感動した、笑いと涙の実話を全面書き下ろしで、完全版として書籍化。子どもや部下を伸ばしたい親御さんや
いま生きる「資本論」
佐藤 優
経済・思想・評論
私たちの社会はどんなカラクリで動いているのか。自分の立っている場所はどこなのか。それさえ分れば、無駄な努力をせず楽しい人生を送ることも可能だ。アベノミクス、ビットコイン、佐村河内騒動、など現在のトピッ
フランス現代思想史 - 構造主義からデリダ以後へ
岡本 裕一朗
思想・評論・外国
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
社会・日本・思想・評論
成長社会に戻ることのないいま、私たちは、そろそろ価値観を転換しなければならないのではないか。あたらしい「この国のかたち」を模索し、私たち日本人のあり方を考察した、これからの日本論!/絶賛の声、続々! 
私の幸福論
福田 恒存
思想・評論・生き方
三陸海岸大津波
吉村 昭
災害・ノンフィクション
その時、沖合から不気味な大轟音が鳴り響いた──「ヨダだ!」大海嘯ともヨダとも呼ばれる大津波は、明治29年、昭和8年、昭和35年の3度にわたって三陸沿岸を襲った。平成23年、東日本大震災で東北を襲った巨大津
不死身の花: 夜の街を生き抜いた元ストリート・チルドレンの私
生島 マリカ
人物伝・自伝・伝記・思想・評論・ノンフィクション
13歳で浮浪児に。借金を抱えて14歳で北新地、16歳で銀座、そしてモデルに。結婚、離婚、癌、レイプ、再び...癌。あらゆる不幸で頁が埋め尽くされた驚愕の告白手記。
キャパの十字架
沢木 耕太郎
人物伝・自伝・伝記・ノンフィクション・写真
あの「崩れ落ちる兵士」は撃たれていなかった! 「世紀の戦争写真」は本当は、誰が、撮ったのか。 スリリングな追跡行
空白の天気図
柳田 邦男
災害・ノンフィクション
昭和20年9月17日。敗戦直後に日本を襲った枕崎台風は、死者不明者3000人超の被害をもたらしたが、そのうち2000人強は広島県だった――。なぜ、広島で被害が膨らんだのか。原爆によって通信も組織も壊滅した
この著者の他の本
不死身の花: 夜の街を生き抜いた元ストリート・チルドレンの私
柳田 邦男
人物伝・自伝・伝記・思想・評論・ノンフィクション
13歳で浮浪児に。借金を抱えて14歳で北新地、16歳で銀座、そしてモデルに。結婚、離婚、癌、レイプ、再び...癌。あらゆる不幸で頁が埋め尽くされた驚愕の告白手記。