レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
六番目の小夜子
恩田 陸
新潮社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
津村沙世子――とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友情、恋愛。やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。
ウィキペディアであらすじを見る
amazonでの読者の感想
・学園青春ミステリとはひと括りにできない、ブラックホールのような作品
・ホラーじゃない、ホラーじゃなくて良かった・・・そう思える
・まるで高校の教室にいるかのような感覚が私の頭の中に戻ってきました
・小学生高学年、中学生、高校生は読んでください。思い出の一冊になる
・謎とともに、話の筋と文章でゾーと来る恐怖
・人を惹きつける魔力のある本だと思います。印象に残る言葉も多い
・恩田陸の原点ここにあり!という感じ
・これを読んでハラハラドキドキしない人はいないであろうと言い切れる
・恩田陸をこれから読もうという人は絶対にコレから!
・期待を裏切らない不気味さ、謎が謎を呼び最後まで緊迫が続きます
amazonでの読者の評価
普通
メディアミックス
ドラマ化
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
のぞきめ
三津田 信三
ミステリー・ホラー・怪談
禁じられた廃村に紛れ込み恐怖の体験をしたあげく、次々怪異に襲われる若者たち。そこは「弔い村」の異名をもち「のぞきめ」という化物の伝承が残る、曰くつきの村だった──。ミステリとホラーの絶妙な融合!
ストロベリーナイト 警部補 姫川玲子
誉田 哲也
警察・ミステリー
悪の教典(上)
貴志 祐介
ホラー・怪談・ミステリー
晨光(しんこう)学院町田高校の英語教師、蓮実聖司はルックスの良さと爽やかな弁舌で、生徒はもちろん、同僚やPTAをも虜にしていた。しかし彼は、邪魔者は躊躇なく排除する共感性欠如の殺人鬼だった。学校という
八月の魔法使い
石持 浅海
ミステリー・お仕事
洗剤メーカー・オニセンの役員会議で、報告されていない「工場事故報告書」が提示され、役員同士が熾烈(しれつ)な争いを始めた。同じころ経営管理部員の小林拓真(こばやしたくま)は、総務部の万年係長が部長に同
六番目の小夜子
恩田 陸
ミステリー・学校・青春
津村沙世子――とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今
少年アリス
長野 まゆみ
ファンタジー・不思議・学校
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。東京生まれ。女子
サクラ咲く
辻村 深月
青春・学校・少年・少女
塚原(つかはら)マチは本好きで気弱な中学一年生。ある日、図書館で本をめくっていると一枚の便せんが落ちた。そこには『サクラチル』という文字が。一体誰がこれを? やがて始まった顔の見えない相手との便せん越
ナラタージュ
島本 理生
恋愛・愛・学校
4TEEN
石田 衣良
青春・友情・友達
鹿男あをによし
万城目 学
青春・ファンタジー
テレビドラマ化もされた大ベストセラー、ついに電子化。 「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令とは? 「並みの天
さらばモスクワ愚連隊
五木 寛之
音楽・青春
社会主義体制下のはみだし者、スチャリーガの少年たちとジャズの結びつきを「裏側の歴史」として、鋭い時代感覚、リズミックな文体と見事な構成で描き切る。絶賛と注目をあびた、作家の鮮やかなデビュー作。他に「GIブ
そのときは彼によろしく
市川 拓司
恋愛・愛・青春
この著者の他の本
三月は深き紅の淵を
市川 拓司
ミステリー・本・読書
鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に2泊3日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、10年以上探しても見つからない稀覯本(きこうぼん)
六番目の小夜子
市川 拓司
ミステリー・学校・青春
津村沙世子――とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今
象と耳鳴り
市川 拓司
ミステリー・推理
「あたくし、象を見ると耳鳴りがするんです」退職判事関根多佳雄が博物館の帰りに立ち寄った喫茶店。カウンターで見知らぬ上品な老婦人が語り始めたのは、少女時代に英国で遭遇した、象による奇怪な殺人事件だった。
ネバーランド
市川 拓司
青春・学校
平均点ランキング