レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
リテラリーゴシック・イン・ジャパン: 文学的ゴシック作品選
高原 英理
筑摩書房
ジャンル
あらすじ・内容紹介
世界の本質的な残酷さ。いやおうなく人間の暗黒面へと向かう言葉。鮮烈なレトリックによって描かれる不穏な名作の数々を「文学的ゴシック」の名のもとに集める。白秋、鏡花から乱歩、三島、澁澤を経て現在第一線で活躍する作家までを招き、新たなジャンルの創成を宣言する一冊。
帯情報
残酷で、崇高。
野蛮で、哀切。
──今見出される不隠の文学。
amazonでの読者の感想
・日本におけるゴシック文学を再定義した一冊
・斬新な文学的発見に満ちた一冊
・近年稀に見る好アンソロジー!
・怪奇幻想文学のマニアから若い文学ファンまで幅広く薦めたい
・文句のつけようがないくらい出来がいいので、正直驚いてしまった
・ゴシックを日本文学における受容と発展に絞って具現化したアンソロジー
amazonでの読者の評価
良い
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ほんほん本の旅あるき
南陀楼 綾繁
本・読書・旅行
はてしない物語
ミヒャエル・エンデ
ファンタジー・冒険・本・読書
函あり。線引き・書き込み・ページの折れなどありません。しかし、外観に少し経年劣化が見られます。本のコンディションガイドライン良いの状態です。
三月は深き紅の淵を
恩田 陸
ミステリー・本・読書
鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に2泊3日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、10年以上探しても見つからない稀覯本(きこうぼん)
リテラリーゴシック・イン・ジャパン: 文学的ゴシック作品選
高原 英理
本・読書・文学・古典
世界の本質的な残酷さ。いやおうなく人間の暗黒面へと向かう言葉。鮮烈なレトリックによって描かれる不穏な名作の数々を「文学的ゴシック」の名のもとに集める。白秋、鏡花から乱歩、三島、澁澤を経て現在第一線で活
リテラリーゴシック・イン・ジャパン: 文学的ゴシック作品選
高原 英理
本・読書・文学・古典
世界の本質的な残酷さ。いやおうなく人間の暗黒面へと向かう言葉。鮮烈なレトリックによって描かれる不穏な名作の数々を「文学的ゴシック」の名のもとに集める。白秋、鏡花から乱歩、三島、澁澤を経て現在第一線で活
新釈 走れメロス 他四篇
森見 登美彦
コメディー・ユーモア・文学・古典
あの名作が京都の街によみがえる!?「真の友情」を示すため、古都を全力で「逃走」する21世紀の大学生メロス(「走れメロス」)。恋人の助言で書いた小説で一躍人気作家となった男の悲哀(「桜の森の満開の下」)
この著者の他の本
リテラリーゴシック・イン・ジャパン: 文学的ゴシック作品選
森見 登美彦
本・読書・文学・古典
世界の本質的な残酷さ。いやおうなく人間の暗黒面へと向かう言葉。鮮烈なレトリックによって描かれる不穏な名作の数々を「文学的ゴシック」の名のもとに集める。白秋、鏡花から乱歩、三島、澁澤を経て現在第一線で活
平均点ランキング